中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

日経新聞短期連載「半歩遅れの読書術」

2018年09月04日 | 
 日経新聞に短期連載(9月の土曜日5回)を始めております。

 毎週土曜日の読書欄にある「半歩遅れの読書術」という長めのコラム(4段)です。

 新刊を紹介するのではなく、また書評でもなく、過去に手に取って忘れがたかった本について、それを「どう読んだか」というエッセーです。

 わりと皆さん、硬派の書籍を選んでいるようなので、私はエンタメに特化することにしました。第一回は9月1日に載りました。「ジャッカルの日」です。電子版でも読めますよ~

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO34830830R30C18A8MY6000/

 思えば引越しの度に本を処分してきましたが、それでもどんどんたまってゆき、時々呆然としますね。こんなに読んだわりには、さっぱり頭に入っていないのはどういうわけなんだろう、って。。。

 とはいえコンピューター並みに全て記憶していたら、苦しくてきっと死にたくなるでしょうね。


☆☆今後の講演会

・9月12日(水)近畿ツーリスト主催 1時~2時半 リーガロイヤルホテル東京(関係者のみのご参加です)

・10月25日(木) 『絵画で旅する ~ルーベンス編~』(「ルーベンス展」主催TBS+JTBの共催) 2時~3時半 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11階)
http://www.asahiryoko.com/enjoy/news/2018bunkakouen/

・12月15日(土)2時~3時半 文藝春秋西館地下ホール
「17世紀オランダ美術とフェルメール」(文春トークライブ「私のフェルメール」3回連続講演の第3回目)
http://www.bunshun.co.jp/info/talklive/index05.html


☆☆月刊「文藝春秋」連載「中野京子の名画が語る西洋史」のオンライン化
http://bunshun.jp/articles/-/4976

☆最新刊「名画の謎 対決篇」(文春文庫)
target="_blank"> style="border: none;" />

☆「美貌のひと」(PHP新書) 7刷になりました🎵
name="amazletlink" target="_blank"> alt="美貌のひと 歴史に名を刻んだ顔 (PHP新書)" style="border: none;" />

☆「名画の謎 陰謀の歴史篇」(文春文庫) 2刷になりました🎵
name="amazletlink" target="_blank"> alt="名画の謎 陰謀の歴史篇 (文春文庫 な)" style="border: none;" />


☆アートギャラリー ヌード~かぐわしき夢」(集英社)
name="amazletlink" target="_blank"> alt="ART GALLERY テーマで見る世界の名画 5 ヌード かぐわしき夢 (ART GALLERYテーマで見る世界の名画 5)" style="border: none;" />

☆「別冊NHK100分de名著 読書の学校 中野京子 特別授業 『シンデレラ』 (教養・文化シリーズ) 2刷になりました🎵  「ジュニアエラ」で紹介しました→https://dot.asahi.com/dot/2018011700013.html?page=1

name="amazletlink" target="_blank"> alt="別冊NHK100分de名著 読書の学校 中野京子 特別授業 『シンデレラ』 (教養・文化シリーズ)" style="border:
none;" />


☆「名画で読み解く イギリス王家12の物語」(光文社新書)4刷になりました🎵
  name="amazletlink" target="_blank"> alt="名画で読み解く イギリス王家12の物語 (光文社新書)" style="border: none;" />

☆『怖い絵のひみつ』(KADOKAWA) 4刷になりました🎵
name="amazletlink" target="_blank"> alt="怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブック" style="border: none;" />


☆『中野京子と読み解く運命の絵」(文藝春秋) 2刷になりました🎵
name="amazletlink" target="_blank"> alt="中野京子と読み解く 運命の絵" style="border: none;" />

☆「新 怖い絵」(角川書店) 10刷になりました🎵
target="_blank">

☆「名画と読むイエス・キリストの物語」(文春文庫)2刷になりました🎵

時代小説作家の千野隆司氏がHPで紹介してくださいました♪

http://blog.livedoor.jp/chino17jidai/archives/52067341.html#comments

☆「美術品でたどる マリー・アントワネットの生涯」(NHK新書)
美術品でたどる マリー・アントワネットの生涯 (NHK出版新書 497)

☆「名画の謎 旧約・新約聖書篇」(文春文庫)2刷になりました🎵

名画の謎 旧約・新約聖書篇 (文春文庫 な)
  『弐代目 青い日記帳』さんがさっそく紹介してくださいました♪ 3月6日のページです。
http://bluediary2.jugem.jp/


☆「残酷な王と悲しみの王妃 2」(集英社)

残酷な王と悲しみの王妃2
担当者さんが紹介してくれました♪


http://renzaburo.jp/shinkan_list/temaemiso/151023_book01.html


☆『「絶筆」で人間を読む - 画家は最後に何を描いたか』(NHK出版新書)
 3刷になりました♪

「絶筆」で人間を読む―画家は最後に何を描いたか (NHK出版新書 469)

☆「中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇」(文藝春秋)3刷になりました🎵
<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163903089/hanatumuhiton-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇
「青い日記帳」さんが紹介してくださいました。素敵な紹介で嬉しいです♪
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4050

☆文藝春秋WEBサイトでは、短いですけどわたしのインタビュー記事も載りました。お読みくださいね!→http://hon.bunshun.jp/articles/-/3935


☆「名画の謎 ギリシャ神話篇」(文春文庫) 3刷になりました🎵

名画の謎 ギリシャ神話篇 (文春文庫)


☆「愛と裏切りの作曲家たち 」(光文社知恵の森文庫)

愛と裏切りの作曲家たち


☆「マンガ西洋美術史03」(美術出版)

マンガ西洋美術史03 「市民社会」を描いた画家」 ブリューゲル、フェルメール、ホガース、ミレー、ゴッホ



☆「マンガ西洋美術史02」(美術出版社)
マンガ西洋美術史02「宗教・神話」を描いた画家  ボッティチェリ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルーベンス


☆「危険な世界史 運命の女篇」(角川文庫) 7刷になりました。

危険な世界史 運命の女篇 (角川文庫)

☆「マンガ西洋美術史01」監修(美術出版社)
マンガ西洋美術史01 「宮廷」を描いた画家 ベラスケス、ヴァン・ダイク、ゴヤ、ダヴィッド、ヴィジェ=ルブラン


☆「ヴァレンヌ逃亡」(文春文庫)
ヴァレンヌ逃亡 マリー・アントワネット 運命の24時間 (文春文庫 な 58-2)


☆「名画で読み解く ロマノフ家12の物語」(光文社新書)6刷になりました♪

名画で読み解く ロマノフ家 12の物語 (光文社新書)   

☆「印象派のすべて」(宝島社別冊ムック)
印象派のすべて (別冊宝島 2200)

☆「名画に見る 男のファッション」(角川書店)
名画に見る男のファッション (単行本)

☆「橋をめぐる物語」(河出書房)
中野京子が語る 橋をめぐる物語

☆「中野京子と読み解く 名画の謎 陰謀の歴史篇」(文藝春秋) 3刷になりました♪
中野京子と読み解く 名画の謎 陰謀の歴史篇

☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社文庫)4刷になりました♪
残酷な王と悲しみの王妃 (集英社文庫)

☆「怖い絵」(角川文庫) 単行本に新しく書き下ろし2作を加え、全22作品です。15刷になりました🎵 怖い絵  (角川文庫)

☆「はじめてのルーヴル」(集英社)2刷になりました🎵 はじめてのルーヴル (集英社文芸単行本)

☆「名画の謎 旧約・新約聖書篇」(文藝春秋) 5刷になりました🎵
中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇

☆「怖い絵 死と乙女篇」(角川文庫) 12刷になりました🎵 怖い絵  死と乙女篇 (角川文庫)

☆最新刊「名画と読む/イエス・キリストの物語」(大和書房) 3刷になりました🎵
名画と読むイエス・キリストの物語

☆「危険な世界史 運命の女篇」(角川書店) 2刷になりました🎵
危険な世界史 運命の女篇

☆「危険な世界史 血族結婚篇」(角川文庫)13刷になりました🎵
危険な世界史 血族結婚篇 (角川文庫)

☆「怖い絵 泣く女篇」(角川文庫)~「怖い絵2」の文庫化~ 17刷になりました🎵
怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)

☆『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋) 7刷になりました🎵
中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇


☆「印象派で「近代」を読む ~光のモネからゴッホの闇へ~」(NHK新書)6刷になりました♪
印象派で「近代」を読む―光のモネから、ゴッホの闇へ (NHK出版新書 350)

☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 16刷になりました🎵
「怖い絵」で人間を読む 生活人新書


☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」10刷になりました♪
名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書)

☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書) 24刷になりました🎵 名画で読み解く ロマノフ家 12の物語 (光文社新書)

☆「芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)
芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)

☆「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫) 3刷になりました🎵 おとなのための「オペラ」入門 (講談社+α文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版。 4刷になりました。
歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

^^^^^^^^^^^^^^^^
☆以下の単行本は絶版としました。文庫本をお求めくださいまし~

☆「怖い絵」16刷中。怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。 怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。 怖い絵3

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 「西洋怪奇譚」連載開始 | トップ | 体外離脱 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしいです! (たまうさ)
2018-09-04 13:09:14
『ジャッカルの日』、私も昔ワクワクしながら読みました。最後に暗殺は失敗するとは分かっていても、余りにも緻密な段取りに「これは絶対に成功するう~」と殆ど確信に近い錯覚を抱いてしまう作者の腕に感嘆したものです。あくまで正体不明のジャッカルも、埋葬されたのは実は替え玉だったんじゃないかと思ったりしました(笑)。もちろん、映画もみましたが、エドワード・フォックスが原作のイメージピッタリだったので、後にカズオ・イシグロの『日の名残り』が映画化された時に主人公が仕えた伯爵役で出たときは勝手に違和感を覚えてしまいました(^o^)
日経さん読みました (大和田繭)
2018-09-04 20:46:47
中野先生、ごぶさたしております。

今年の夏は、なんだか、あっという間で、それでも、色々な本屋さんには行ったのですが、なぜか、角川さんフェアが小規模なところばかりで、先生のお気に入りのゴッホが書かれている本は見つかっていません。いつか見つけるので、引き続き楽しみにしています。

日経さんの、お昼休みに読みました。先生の好きなタイプの本がわかって、うれしいです。毎週必ず読むことにしました。

よく本屋さんで思うのは、この世に存在する本を生きてるうちに全部読むことができる人っているのかしら?と、考えます。あれだけ並んでるなかで手にとる本って、ご縁だと思うので、本との出会いも大事と思います。

私は先生の本と出会えて、昔より確実に賢くなった気がしています。よい出会いだったのですね。あんなに世界史を毛嫌いしていたのに、実際いまだ中国の歴史はワケわからんですけども、ブルボン王朝とかプロイセン帝国は先生のおかげで教科書に載っていない裏話までバッチリでございます。来年、受験したいくらいです。
Unknown (たまうささん&大和田繭さん(kyoko))
2018-09-05 21:05:04
たまうささん
 ジャッカルもルベルもぴったりの配役でしたね! ルベルを演じた役者さんは、「ミュンヘン」や「薔薇の名前」に出ていて、E・フォックスと違う意味でおお!となりました♪

大和田繭さん
 新聞、読んでくださってありがと~♪
 一生のうちで読める本も見られる映画も知り合う人も愛し合える人も、ほんとにほんとにちょっぴりですよね。そう思うと大切にしなくちゃと思ってしまいます。
本は処分するべきか否か (ぽち)
2018-09-07 17:04:23
小学生の時お小遣いで買った”怪盗ルパン”に始まり、どんどん買って増え続ける本。、何回も読んだ本、一度も開いていない(いつか読むはずの本)、小説:漫画本:雑誌の他に美術展で購入する図録(これがまた楽しい)。処分がどうしてもできません。売却及び廃棄または焼却などなどいろんな方法がありますが..そもそも処分する気がないのです(病気か)...世の中、断斜離ブームでミニマリストなる人々もいらっしゃるようです。本:CD(レコードも含む):美術展の入場チケット:映画のチケットの半券。絵画のレプリ。地震が来たら私は確実に下敷きになりますな。ちなみに先生がなさったほんの処分の仕方を教えて頂けると嬉しいです。
Unknown (ぽちさん(kyoko))
2018-09-09 12:38:32
 私もわりと捨てられないタイプですが、そうも言ってられず。。。。真っ先に処分するのは雑誌(必要なページは破ってファイル)、もう二度と読まないのが確実な現代小説やエッセー、明らかに翻訳が古すぎて読みにくかったもの、といったところかな。それだけでもずいぶん減りますよ♪
ありがとうございます (ぽち)
2018-09-09 13:19:42
お忙しい中、つまらない質問にお答えくださってありがとうございます。おっしゃる通りまず雑誌ですね。大事なページだけファイル。パソコンにデータファイル。下敷きになる前にさっそく始めます。もちろん中野先生のご本は永久保存ですけど。また書き込みさせていただきます。ありがとうございました。お身体気をつけてくださいませ。
わかります〜! (紫木蓮)
2018-09-09 18:52:44
お小遣いで、悩んで悩んで選んだ本は記憶に残っているんですよね。自分で自由にお金が使えると、何故か内容が覚えていないという…。本好きは、変わっていないんですが。溜まると大変ですが、本の手触りやインクの匂いが好きなんです。
Unknown (紫木蓮さん (kyoko))
2018-09-11 09:57:25
 ほんとですね!紫木蓮さんのコメントで遠い記憶が蘇りました。限られたお小遣いでは高すぎて買えない本を、学校の帰りに数日かけて書店で全部立ち読みしたことがあります。そして翌月のお小遣いを手に結局その本を買って家でもう一度読み直しました。その本はぼろぼろになってまだ持っています🎵

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事