中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

今後の講演会について

2012年02月28日 | 音楽&美術
 今年前半の講演会が5つ入っています。

☆3月24日(土)2時~3時半 朝日カルチャーセンター名古屋教室
「中野京子と読み解くスリリングな名画の見方」

 http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=148394&userflg=0

☆4月19日(木)1時~2時半 朝日カルチャーセンター新宿教室
「マリー・アントワネット 運命の24時間」出版記念講座

 http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=eeb47d977cca6ee1ab51a20a0c52140f

☆6月26日(火)1時~3時 千葉県立中央博物館
 「タイトル未定」
 千葉県高等学校教育研究会 歴史部会 

☆7月5日(木)2時~4時半 東芝本社会議室
「視点を変えて西洋美術を見る」
東芝リベラルアーツ研修なので一般参加不可

 もう一つは美術展での講演ですが、まだ日程など詳細は未定。決まり次第、お知らせいたしますね!

 「ベルばらkids」で漫画家のなとみさんが、わたしの新刊についてご紹介くださっています♪

 http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2012/02/post-e3cd.html

☆最新刊「マリー・アントワネット 運命の24時間
    ~知られざるフランス革命ーヴァレンヌ逃亡」(朝日新聞出版社) 
       
マリー・アントワネット 運命の24時間 知られざるフランス革命ヴァレンヌ逃亡

☆「危険な世界史 運命の女篇」(角川書店) 2刷になりました♪
危険な世界史 運命の女篇

☆「危険な世界史 血族結婚篇」(角川文庫)
危険な世界史 血族結婚篇 (角川文庫)

☆「怖い絵 泣く女篇」(角川文庫)~「怖い絵2」の文庫化~
3刷中。
     怖い絵 泣く女篇

☆『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋) 3刷中。
 中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇
(画像をクリックするとアマゾンへゆきます)
文春「本の話」から、「自著を語る」(「謎が解けたら、絵画は最高のエンターテインメントになる」)はこちら

http://www.bunshun.co.jp/jicho/1104nakano/index.htm

☆「印象派で「近代」を読む ~光のモネからゴッホの闇へ~」(NHK新書)2刷中。
印象派で「近代」を読む―光のモネから、ゴッホの闇へ (NHK出版新書 350)

☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 8刷中。

「怖い絵」で人間を読む (生活人新書)

☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書)
15刷中。
名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)

☆「芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)
芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫 な 53-1)
「週刊朝日」書評⇒ http://book.asahi.com/reviews/column/2011100300004.html


☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社) 2刷中。
 レンザブローで本書についてインタビューが載っています。お読みくださいね!⇒ http://renzaburo.jp/(「特設サイト」をクリックしてください)

残酷な王と悲しみの王妃


☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」4刷中。

名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書 463) 


☆「怖い絵」16刷中。

怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。

怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。

怖い絵3


☆「危険な世界史」(角川書店) 5刷中。
危険な世界史


「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫)
おとなのための「オペラ」入門 (講談社プラスアルファ文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
 
 恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版です。

歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

sai
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アントワネットのアナグラム | トップ | DVD映画はカットされている? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うさこママ)
2012-03-05 14:46:52
「マリー・アントワネット運命の24時間」、現代の常識では理解しがたい当時の歴史的背景や具体的な状況、登場人物の性格、心情も分かり、とても興味深く読みました。よく知らなかった農民達の搾取され虐げられた暮らしも肌で感じられ、王侯貴族の娯楽の狩猟の為に、農民達は獣に殺され、森の恐怖も現実感があり、フランス語人口の少なさも意外でしたし、逃亡の1日からだけでも多くを知る事が出来ました。特に印象的だったのはフェルゼンの最期で、非常に衝撃的で、大昔に読んだ「ベルサイユのばら」を30数年ぶりに読み返しているところです。
Unknown (うさこママさん(kyoko))
2012-03-06 10:12:44
 読了ありがとうございました♪
 当時の各階級が置かれていた状況を、できるだけ詳しく書こうと思いました。それによって重層的に見えてくるものがあるのではないか、と。

コメントを投稿

音楽&美術」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事