中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

切り裂きジャック事件の容疑者

2011年10月11日 | 朝日ベルばらkidsぷらざ
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載の「世界史レッスン<映画篇>」第70回の今日は「ファイティング・ホームズ」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2011/10/post-43ac.html#more
 ホームズにロバート・ダウニーJr.、ワトソンにジュード・ロウというまさかの(しかしそう悪くもなかった)キャスティングの「シャーロック・ホームズ」について書きました。

 ベースにある切り裂きジャックについてですが、犠牲者は全て売春婦。4人は40代、最後の5人目だけが20代の美女だったといいます。そして彼女の肉体がもっともひどく損壊されていました。

 有力容疑者は、外科医数人、弁護士、画家、宮廷侍医、教師、店員。

 女性(産婆)説もあれば、映画のように黒魔術団の儀式説もあり、有名なのではヴィクトリア女王の孫説もあります。厳重な警戒網の中、堂々と犯行に及んで逮捕されなかったため、有力者だった可能性は確かに無きにしも非ず。

 あの皮肉屋のバーナード・ショーは「犯人は社会改革者」と言っています。売春婦ばかりが狙われたからではありません。こういうショッキングな事件でもない限り、ロンドンの貧民たちの悲惨な状況に誰も関心を向けないからというのです。いかにも彼らしい説ですね!

 さて、先週のクイズの答えですが、「ヒットマンズ・レクイエム」。
 これはヴェネツィアそのものではなく、「北方のヴェネツィア」の異名をもつブリュージュ(「怖い絵」の「見捨てられた町」ですね♪)を舞台にした作品であり、「赤い影」へのオマージュなのです。2本いっしょに見ると面白いですよ。ただしヘンテコ映画なので、好き嫌いははっきり分かれるでしょうけれど。

☆「美の巨人たち」に出演します

放映日10月15日夜10時から(「イカロスの墜落の風景」)

☆10月の講演

10月24日(月)19時~20時半
「公開講座 Theミソ帳倶楽部」(会員以外でも大丈夫です)
(シナリオセンター 3階ホール)
⇒ http://www.scenario.co.jp/miso/top.html#中野


☆「怖い絵 泣く女篇」(角川文庫)~「怖い絵2」の文庫化~
3刷になりました♪
     怖い絵 泣く女篇
(画像をクリックするとアマゾンへいきます)

☆「芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)
オッターヴァの清水清さんがHPで紹介してくれています
⇒ http://blog.ottava.jp/ottava_moderato/2011/07/post-7f75.html

芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫 な 53-1)


☆『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋) 2刷になりました♪

 中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇
(画像をクリックするとアマゾンへゆきます)
文春「本の話」から、「自著を語る」(「謎が解けたら、絵画は最高のエンターテインメントになる」)はこちら

http://www.bunshun.co.jp/jicho/1104nakano/index.htm

☆「印象派で「近代」を読む ~光のモネからゴッホの闇へ~」(NHK新書)2刷になりました♪

印象派で「近代」を読む―光のモネから、ゴッホの闇へ (NHK出版新書 350)


☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社) 2刷中。
 レンザブローで本書についてインタビューが載っています。お読みくださいね!⇒ http://renzaburo.jp/(「特設サイト」をクリックしてください)

残酷な王と悲しみの王妃

 
☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 7刷中。

「怖い絵」で人間を読む (生活人新書)

☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書)
14刷中。NHKBSに出演番組がユーチュブで見られます♪⇒ http://www.youtube.com/watch?v=SX6wndSD6fA

名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)


☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」3刷中。

名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書 463) 


☆「怖い絵」16刷中。

怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。

怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。

怖い絵3


☆「危険な世界史」(角川書店) 5刷中。
危険な世界史


「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫)
おとなのための「オペラ」入門 (講談社プラスアルファ文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
 
 恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版です。

歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

sai
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 「ベニスに死す」ニュープリ... | トップ | バッハ・ファンは出世タイプ? »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Kou)
2011-10-12 00:16:19
切り裂きジャック事件は今だ真相が分かっていないのが本当に不思議ですよね!

まさかヴィクトリア女王の孫が犯人だという説があるとは知りませんでした。
医学に精通した犯人像が上げられている中、女王の孫が犯人と考えられているのは医学に詳しかったからなのか・・・

気になります。

イギリスはヴィクトリア女王の作り上げた繁栄の光と、貧富の差の影が交差しているので孫の犯人説が真実であれば王室は影に呑まれることになります。
悪質な噂話から王室と女王を守るためには貴族などの、有力な人物が事件を揉み消す必要があったようにも考えられますね。
Unknown (Kouさんへ(kyoko))
2011-10-13 18:47:11
 ヴィクトリア女王の孫クラレンス公は、脳梅毒で精神に異常をきたして犯行に及んだと新聞に書かれました。その後、王家は彼のアリバイを公表して反論した由。
 ついでながらクラレンス公のゲイの相手とされる弁護士も容疑者として浮上しました。いずれにせよふたりとも1892年のほぼ同時期に亡くなっています。
 もう何が何だか。。。
解説ありがとうございます (Kou)
2011-10-13 22:55:42
そうだったんですね!ありがとうございます。疑問が晴れました!!
後々調べてみると、多くの人が被害に合っていたり犯人にされていたりしていたようですね。

当時の有力な説だと、おそらく労働者階級のモンタギュー・ジャン・ドルイットの犯人説が浮上していたとか・・・

第一、第二事件の後にアリバイがなかったり女性狂いで精神疾患があったとか。

臓器が持ち去られたり、体内を荒らされたりしているため先生の仰るように、犯人は黒魔術関係者でフリーメイソンだとか考えられていた説もあるようですね。

でもフリーメイソンが魔術で使うために人肉を用いることはあまりないと思いますし・・・
臓器を用いる儀式は近代では数少なくなっていたように思います。

やっぱり「謎」としか言い切れない事件ですね

今も研究してる方が新しい説を発表してほしいです。
初めまして (ナックル・ボーラー)
2011-10-15 12:27:08
中野さん、初めまして。

私は、HNをナックル・ボーラーという、「関西人のおっちゃん」です。
中野さんの本を読んで、「西洋絵画」に興味を持つようになりました。
HPを持っておられると知り、今回お邪魔させて頂きました。これから、コメントを書かせて頂きますので、よろしくお願い致します。

※ちなみに「怖い絵」と聞いて、私が思い浮かぶのが、“我が子を喰らうサトゥルヌス”と“狂女ファナ”です。
Unknown (うさこママ)
2011-10-16 21:55:53
ジョニーデップ主演「フロム・ヘル」を映画館で見ましたが、怖すぎて、終わったら、体がガチガチ、疲労困憊したのを思い出しました。
昨日の<美の巨人たち>、「イカロスの墜落」は「怖い絵3」「名画の謎」両方で取り上げられたので、なじみがありましたが、映像で見られるのはうれしく、特に美術館の概観や展示風景が出ると、未見の絵画は、(いつか観に行きたい!)と思い、既に観た作品は懐かしさを覚えます。
デジタル放送になって、画質の鮮明さは驚異的で、実物を拡大鏡で見たとしても決して分からない細部までTVで気軽に見れるのは、今の時代に生きる特権ですね。
Unknown (みなさま(kyoko))
2011-10-18 09:05:42
Kouさん
 切り裂きジャックほど多様な犯人説の出た犯罪はないですね!数年おきに世界中で本が出ているといってもいいのではないでしょうか?そういえば、警官説、画家説もありました。

ナックル・ボーラーさん
 ご訪問、ありがとうございます♪
 拙著がきっかけで西洋美術に興味を持つようになったとのこと、嬉しいです!
 「我が子を喰らうサトゥルヌス」は今回のゴヤ展では来日せず、残念。劣化が懸念されて貸し出しはもう無さそう。。。

うさこママさん
 ほんとに小さなところまでずいぶんクリアに見えるものなんですね~ わたしは時々オペラグラスを持って美術館へ行きますけど、あそこまでは見えません。凄いものです。

コメントを投稿

朝日ベルばらkidsぷらざ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事