中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

新作「マリー・アントワネット 運命の24時間」

2012年02月14日 | 
 新しい本が出ました♪
 今週末に書店に並びます。

 「マリー・アントワネット 運命の24時間
    ~知られざるフランス革命ーヴァレンヌ逃亡」 
       (朝日新聞出版社)

マリー・アントワネット 運命の24時間 知られざるフランス革命ヴァレンヌ逃亡
 (クリックするとアマゾンへゆきます)

 担当編集さんと一昨年から話を煮詰めてゆき、書き始めて丸一年。連載の合い間の書き下ろしはものすごく大変で(何しろ調子が出てくると、連載の締め切りがやってくるので中断、というくり返し)、ようやく完成したため喜びもひとしおです。

 アントワネットといえば、ツヴァイクの伝記が金字塔としてすでに存在していますから、何を今さらわたしが、と思わぬでもなかったのですけど、でもヴァレンヌ逃亡にフォーカスしたら面白いものになるのでは、と。

 案外この逃亡劇は知られていないのです。バスティーユ陥落がフランス革命そのもののようについ思ってしまうのですが、それは実はきっかけにすぎない。なぜならこの日以降も驚くほど国王一家の日常は変わらなかったからです。十六世は狩猟狂い、アントワネットはプチ・トリアノン遊び。

 しかし怒った民衆にパリ強制送還され(コッポラ監督の映画はここで終わっていました)、チュイルリー暮らしが始まります。そこで2年、監視下にありながら贅沢な暮らしは続いていました。

 とはいえ王権の制限に十六世は逃亡の意志を固めます。フェルゼンに導かれての逃亡劇の始まりです。王宮をまんまと逃げおおせ、ルートの後半には数百人の兵士を待機させ、ふつうに逃げれば絶対に逃げられたはずなのに、なぜ国境の僻村ヴァレンヌで捕まったのか?全く不思議としか言いようがない。

 馬車が贅沢すぎて派手で目立った、というのがこれまでの説でしたが、最近の研究ではそうではないことがわかっています。ですので、それを書きたかった。

 まえがきにも触れましたが、旧約聖書のロトの妻のエピソードがとても象徴的に思えます。彼女はソドムの町を逃げるとき、決して振り返るなと神から命じられたにもかかわらず、振り返って塩の柱になってしまった。過去に捉われていたからです。過去に捉われたものは過去に結晶せざるを得ない。逃げるには、過去をふり捨てねばならないのです。新しい自分へ向かって逃げなければならない。国王一家の逃亡劇は、まさにロトの妻そのものだったと思います。

 わたしなりのアントワネット像、どうぞ楽しんでいただけますように!


☆レンザブロー「はじめてのルーヴル」更新しました。レンブラントの「バテシバ」♪

http://renzaburo.jp/louvre/index.html


☆3月24日、名古屋の朝日カルチャーセンターで絵画と歴史をからめた講演を行ないます。

http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=148394&userflg=0


☆最新刊「危険な世界史 運命の女篇」(角川書店) 2刷になりました♪
危険な世界史 運命の女篇

☆「危険な世界史 血族結婚篇」(角川文庫)
危険な世界史 血族結婚篇 (角川文庫)

☆「怖い絵 泣く女篇」(角川文庫)~「怖い絵2」の文庫化~
3刷中。
     怖い絵 泣く女篇

☆『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋) 3刷中。
 中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇
(画像をクリックするとアマゾンへゆきます)
文春「本の話」から、「自著を語る」(「謎が解けたら、絵画は最高のエンターテインメントになる」)はこちら

http://www.bunshun.co.jp/jicho/1104nakano/index.htm

☆「印象派で「近代」を読む ~光のモネからゴッホの闇へ~」(NHK新書)2刷中。
印象派で「近代」を読む―光のモネから、ゴッホの闇へ (NHK出版新書 350)

☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 8刷中。

「怖い絵」で人間を読む (生活人新書)

☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書)
15刷中。
名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)

☆「芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)
芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫 な 53-1)
「週刊朝日」書評⇒ http://book.asahi.com/reviews/column/2011100300004.html


☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社) 2刷中。
 レンザブローで本書についてインタビューが載っています。お読みくださいね!⇒ http://renzaburo.jp/(「特設サイト」をクリックしてください)

残酷な王と悲しみの王妃


☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」4刷中。

名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書 463) 


☆「怖い絵」16刷中。

怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。

怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。

怖い絵3


☆「危険な世界史」(角川書店) 5刷中。
危険な世界史


「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫)
おとなのための「オペラ」入門 (講談社プラスアルファ文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
 
 恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版です。

歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

sai

 











ジャンル:
ウェブログ
コメント (23)   この記事についてブログを書く
« 「歪笑小説」オオウケ! | トップ | アントワネットのアナグラム »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
予約 (mimi)
2012-02-14 10:43:54
先日amazonからご案内を頂き、早速予約致しました。ヴィジェ・ルブランの表紙。。ジャケ買い?いえいえ、本当に待ってました!ツヴァイクの伝記も読みましたが、運命の24時間。。期待し、届くのを待っています。(ホントamazon使えるわぁ)
Unknown (mimiさんへ(kyoko))
2012-02-14 17:06:22
 わあ、さっそく予約していただき、ありがとうございました♪ 面白いと思っていただけたら嬉しいです!
 アマゾンは一度購入した著者の新作情報を送ってくるシステムなんですね。その自動化はすごいけれど、何だかちょっぴり怖いような。。。
楽しみですっ♪ (ヴィオ☆)
2012-02-15 00:27:29
先生の解説(?)を拝読しただけで、ワクワクが止まりませんっ!!
早速、書店で予約せねばー♪
ツヴァイクの伝記を未読の私、アントワネットに関する知識は、中野先生から頂戴したものが殆どになります・・♪
ありがとうございます・・!
ご出版おめでとうございます (vivid)
2012-02-15 11:44:33
Amazonにそのようなサービスがあるとは存じませんでした。

携帯だともらえないのでしょうか。後で試みてみます。

案内が来ないと、Amazonは比較的ギリギリまで予告が出ないので、私は中野先生だけは楽天やセブンネットも検索して新刊情報を得ています。

お正月に入院してしまい、まだタブレットが買えていないのですが、超楽しみなご本の登場にワクワクしておりました。

私の業界にはベルばらでその後の人生が変わった人が大勢おりまして、そういう友人にも是非すすめたいです!
わくわく(σ≧▽≦)σ (山岸浅葱)
2012-02-15 15:26:58
先生のブログを読みながら、胸がドキドキわくわくして興奮している私が居ました。
楽しみです( 〃▽〃)
Unknown (ナックル・ボーラー)
2012-02-16 12:05:49
『ロトの妻』ですか?
『言い得て妙』の喩ですね。
「捨てないといけない時に、きっぱり捨てる」のが、非常時での生き残る為の原則かと。
ハプスブルグ家関連の本は・・・・・ (田舎の自称歴女)
2012-02-16 15:11:58
中野先生、Amazonにて注文させて頂きます。一昨年でしたか、あの6月20日はフェルゼン没後200周年でしたし、アントワネット関連では話題に事欠かないですね。

それにしても、ハプスブルグ家関連本は、通年で断続的に出版されているようですね。日本人著者・海外著者、そのどちらとも。

つい先日、買い物に行った某モール内の書店でも、アントワネット付きのドレス製作者のローズ・ベルタン嬢の伝記が白水社から出版されているのを発見致しました。

人気は
ハプスブルグ家>ウィンザー家
でしょうか?
お楽しみは続く・・・ (トクちゃん)
2012-02-16 19:06:02
週末の本の発売がとても楽しみです~♪
サッカー好きの妹と息子の3人で思い立ってスペインへ行ってきました。バルセロナでガウディに酔い、マドリードでサッカー観戦と・・・私の1番のお楽しみのプラド美術館を満喫~♪
駅を降りて、プラドを目指して・・・方向音痴でも好きな気持ちがあれば迷いません?・・・もちろん文庫本『怖い絵 泣く女篇』持参で♪
関西に来なかったゴヤも堪能できました♪
Unknown (みなさま(kyoko))
2012-02-19 11:50:51
ヴィオ☆さん
 大きな書店以外にもちゃんと並んでいますように!

vividさん
 携帯へは来ないというのは知りませんでした。。。というか、今どき!わたしは携帯もっていないのです~ 学生にこれを言うと「ギャー」という反応がかえります。携帯のない人生なんて、と思うみたい。

山岸浅葱さん
 予告編?でのわくわくが、本編でも伝わりますように!楽しい読書になってくれると嬉しいです。

ナックル・ボーラーさん
 あのあたりには塩の柱がいっぱい立っているので、ロトの妻のエピソードも生まれたのだろうなと思います。

田舎の自称歴女さん
 ハプスブルクは何と言っても王朝史が長いのと、各国へまたがっているというのが強みでしょうね。

トクちゃんさん
 プラドへいらしたんですね!あそこは他の美術館に比べて圧倒的に個性がありますよね!
 
読みました! (かおり)
2012-02-20 03:40:11
運命の24時間を読みました。

おもしろかったです。

もう200年も前の出来事、しかも結果も知っているのに、ハラハラいらいらドキドキしながら読みました。

とても楽しみました!



コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事