中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

「芸術新潮6月号」とワシントン・ナショナル・ギャラリー展

2011年05月31日 | 朝日ベルばらkidsぷらざ
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第63回の今日は、「究極の香水ができるまで」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2011/05/post-e514.html#more 世界的大ベストセラー「香水」の映画化作品について書きました。

 芳香や悪臭を映像で表現しようとするので、どうしてもグロテスクな描写になってしまうのですが、それもやむをえないなあ、という感じ。だからといって、映画館でほんものの匂いも出そうという動きには賛成できません。嗅覚の強烈さを思うと怖くなる。。。

 さて、ナショナルギャラリーといえば、ロンドン、と思う方が多いでしょうけれど、ワシントンにもあるんですよ!しかも印象派の宝庫です。

 月刊「芸術新潮」6月号の特集は、いよいよ始まるワシントン・ナショナルギャラリー展(6月から国立新美術館、9月から京都市立美術館)についてです。見どころの作品について、わたしが語りおろしましたのでどうぞお読みくださいね!⇒ http://www.shinchosha.co.jp/geishin/newest/

 この仕事の取材で去年11月にワシントンへ同行するお話があったのですが、講演が二つも入っていたので行けませんでした。でも幸い、3,4年前に行ってきたばかり。その後まもなく月刊「ダ・ヴィンチ」でのワシントン特集にも登場しました。いま思えば、ワシントンに縁があったのね。

 よく映画の舞台にもなるワシントン。特にナショナル・ギャラリーのあるスミソニアンは、美術館や博物館がアメリカ的スケールで並んで圧巻です。特にお勧めは航空博物館。年間来場者800万人というのも納得の面白さです。一日中いても飽きません♪

 「芸術新潮」へもどりますと、156ページに拙著「名画の謎」(↓)のプレゼントもありますので、ふるってご応募くださいませ!

☆最新刊『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋) 2刷になりました♪

 中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇
(画像をクリックするとアマゾンへゆきます)
文春「本の話」から、「自著を語る」(「謎が解けたら、絵画は最高のエンターテインメントになる」)はこちら

http://www.bunshun.co.jp/jicho/1104nakano/index.htm


☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社) 2刷中。
 レンザブローで本書についてインタビューが載っています。お読みくださいね!⇒ http://renzaburo.jp/(「特設サイト」をクリックしてください)

残酷な王と悲しみの王妃

 
☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 7刷中。

「怖い絵」で人間を読む (生活人新書)

☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書)
14刷中。NHKBSに出演番組がユーチュブで見られます♪⇒ http://www.youtube.com/watch?v=SX6wndSD6fA

名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)


☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」3刷中。

名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書 463) 


☆「怖い絵」16刷中。

怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。

怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。

怖い絵3


☆「危険な世界史」(角川書店) 5刷中。
危険な世界史


「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫)
おとなのための「オペラ」入門 (講談社プラスアルファ文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
 
 恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版です。

歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

sai
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 観光することも「ボランティア」 | トップ | 新刊「印象派で「近代」を読... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
香水の街グラース (うさこママ)
2011-05-31 21:36:14
香水の街グラースに行って来たばかりです!明るい日差しがあふれて、坂道の多い美しい街中にはバラが咲き乱れて、夢の中にいるよう、ヨーロッパ中から貴族やお金持ちが集まってきた避寒地を実感しました。香水美術館では、香りの体験が出来たのですが、時間切れで、タップリ時間を取っておけばよかったです。その後、ルーブルでは「香水」の表紙になったヴァットーの絵にも遭遇し、小説が素晴らしく刺激的で面白かったので、パリとグラースを思い返しながら、読み直そうと思っていたところでした。映画は未見で、音と映像で嗅覚を刺激される…とあっては、ぜひ見たいです。
臭う映画 (mimi)
2011-06-01 00:26:42
パフューム・・なんとも言えない映画でした。18世紀のパリはあんなにもグチャグチャな街だったのですか?視覚嗅覚想像力全開にさせてくれました。ストーリー最後もまたグチャグチャの圧巻(笑)
臭いの映画といえば、パイレーツ~を見ても私は臭いを感じるのです。。息苦しさと共に。。
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展、震災の影響などで中止にならずなによりでした。
芸術新潮の特集参考にさせていただきます。
Unknown (うさこママさん&mimiさん(kyoko))
2011-06-02 21:27:06
うさこママさん
 楽しい旅でしたか?ちょうど入れ替わりのように、担当編集者さんがパリへ出かけたところです。実はわたしも行きたかったのですが、仕事が詰まり。。。(涙)
 グラースは香水のメッカですよね。薔薇の季節でさぞかしステキだったことでしょう♪

mimiさん
 ほんと、あのラストがなんともかとも。。。
 美術展、今年は10展ほど中止になったと聞いています。開催遅れもありますし、そんな中、ワシントンナショナルギャラリーをはじめ、ヴェネチア展もゴヤ展も無事開かれるようでほっとしています。
Unknown (うさこママ)
2011-06-05 22:45:26
今年はマチスを巡る旅で、ニース・ヴァンス・パリも歩きましたが、ニースからヴァンスやグラースへバスに1時間半も乗って、片道がたった1ユーロ。マチス美術館も無料で、食べ物も美味しいし、高級リゾート地というイメージと違って、暮しやすい土地と感じました。
TGVに眼鏡を忘れたのに気づき、その直後、TVでアイスランドで火山が噴火し、スコットランドも空港が閉鎖されたとの報道。フランスでは数日後に影響が及ぶとのニュースに、その日が帰国便なので、去年の悪夢が蘇り、泣きたくましたが、幸い、予報は外れて、無事に帰国しました。
今回は「名画で読み解くブルボン王朝12の物語」を携えてルーブルを歩き、「マリー・ド・メディシスの生涯」もじっくり見ました。去年は疲れて、途中撤退したので、今度は見たい部門を厳選、動線を極力減らして、今まで見過ごしていたロベール「廃墟となった……」も、ブルボン朝代々の王達のキャラクターも確かめながら、たっぷりと楽しめました。
旅に関連本を持参して、実物や実際の場所を前にして読むのが旅の醍醐味で、荷物が増えて辛いものの、この楽しみは格別で、ルーブルでも至福の時を過ごせました。
Unknown (うさこママさん(kyoko))
2011-06-07 09:34:43
 今回は火山の影響がなくて良かったですね!
 1時間半のバスの行程で1ユーロとは驚きの安さです。思い返せば、わたしはアメリカ以外でバスに乗ったことはないなあ。。。今度乗ってみよう!
 楽しく、充実した旅の様子、こちらも嬉しいです♪

コメントを投稿

朝日ベルばらkidsぷらざ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事