浄心庵 長尾弘先生垂訓

八正道と作善止悪

「御垂訓」

2018-04-18 00:28:39 | 浄心庵 長尾弘先生垂訓

     恩師のご著書「思いの中に生きる」より


        「先祖供養」について(その1)

先の続き・・・

      「戒名」について

今日はお坊さんはお見えになっておられませんね。
お坊さんの営業妨害になったら叱られますので。
夕べですが、「戒名」についてテレビで言っていましたね。
お寺さんが戒名いくら、お布施いくらと決めるのは、
宗教上ちょっとおかしい。
だから、宗教法人への税金を考えないといかんということが
ニュースに出ていましたね。
まるで商売。
或る方は言われました。
お寺さんに行きますとメニューみなたいに、「この戒名やったらいくら、
これやったらいくら、どれにしますか」言うて、見せてくれはるそうですね。
「戒名のメニュー」です。

しかし、いくらいい戒名をつけても、
それは亡くなった方には何の関係もないそうです。
わからないからです。
その証拠に、あの世の霊の方と数え切れないほどお会いさせてもらって
お救いさせていただきましたが、
そういう方は皆、戒名は何にもならんとおっしゃいます。
そして、呼び出す場合に戒名を呼んだら出てきません。
自分のこととわからないんですね。
俗名を呼んだらすぐに出てきます。
「おい、はっつぁん」と言ったらすぐ出てきます。
「おい、熊さん」と呼んだらすぐ出てきます。
常に一番親しい自分の呼び名を覚えているんですね。
だから、戒名なんか呼んでも出てこられません。
そのようになっております。


             ~ 感謝・合掌 ~

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「御垂訓」 | トップ | 「御垂訓」 »
最近の画像もっと見る

浄心庵 長尾弘先生垂訓」カテゴリの最新記事