ハナスキの散歩で見た花

みんなの花図鑑から移転して来ました。散歩道で出会う四季折々の花を撮っています。

オシロイバナ

2019-09-18 00:15:26 | みんなの花図鑑
いつもハナスキの夕方の散歩に合わせてくれるかのように咲いてくれる花。
シベをピンと伸ばした姿が美しい。
もう少し待てば、雄蕊の葯が開いて粒々の数の子のような花粉が現れます。
花の色によって葯の色も違い、その組み合わせも面白い。



真っ白の花の雄蕊の葯は黄色ですが、少しピンクが混じっても黄色。
もう少しピンクが混じると赤に変わるようです。



















根や種子に窒素化合物のトリゴネリンを含み、
誤食すると嘔吐、腹痛、激しい下痢を起こす(ウイキペディア)そうです。
まさか口にする事はないでしょうが、知っておいた方がよさそうです。



夕方4時頃咲くオシロイバナの英名は、そのまま "Four o'clock flower" と呼ばれるそうです。



オシロイバナの花言葉は
『臆病』『内気』『恋を疑う』
オシロイバナの花は、夕方に咲き、
翌朝にはしぼんでしまうという性質をもっています。
この様子が人目を忍んでいるようであることから、
「臆病」「内気」という花言葉がつきました。

コメント   この記事についてブログを書く
« マルバチシャノキ(丸葉萵苣... | トップ | 最近散歩で見た花(ルリヤナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事