歴史とドラマをめぐる冒険

大河ドラマ・歴史小説・歴史の本などを中心に、色々書きます。
ただの歴史ファンです。

大河ドラマ「麒麟がくる」・第四回「尾張潜入指令」以降の流れを考える あらすじ予想

2020-02-06 | 麒麟がくる
何かの資料に基づいて予想するわけではありません。当然ネタバレがあります。

まず「尾張潜入指令」ですが「今川との戦いで瀕死の重傷を負った織田信秀のもとに、利政(道三)がマチャアキさん(東庵)を送るようです。その際、駒が人質にとられるようです。駒と道三が対面する?すると大きな手の武士は道三じゃないのかな。で目付として光秀と菊丸が東庵に付き添います。情報は聞き出すものの、予告編をみる限り、光秀は襲われ、誰かに助けられるようです。誰が助けるのだろう。菊丸の手の者だろうか。なお、光秀は尾張で幼い徳川家康と出会います」

四回でもう家康と光秀が会うのは意味深です。だって誰が考えても「史実的には」麒麟は家康とその仲間が呼ぶからです。平和は家康、仁政は保科正之あたり。光秀と家康が深く交流すれば、光秀も「その仲間」となることが可能です。ただ私の個人的意見では「麒麟は光秀が呼ぶ」となると思います。光秀の善政イズムが秀吉、家康に継承されるという設定でしょう。たとえ死んだとしても。なお、正親町天皇(王)が麒麟を呼ぶという設定をとるとしたら、それはちょっとやり過ぎで「ついていけない」と個人的には思います。

で、こっからがこれ以降の多少長いスパンの流れの予想

美濃編は意外と長く続くようです。夏ごろに桶狭間?でもこれは「確かな情報」ではありません。「麒麟がくる」は池端俊策等の執筆陣のオリジナル作品とされていますが、原案はもちろん「国盗り物語」です。そうすると「道三編」は長いということになります。国盗り物語では半分が「道三編」でした。道三編とは「麒麟がくる」の「美濃編」です。

第四回ですら「信長はまだ登場しない」と思われます。すると「美濃編」はやはり長いのかも。「早く信長見せろよ」「桶狭間見せろよ」ということになるかも知れません。

その前に「帰蝶と信長の結婚生活」「信長と道三の対面」が描かれるのでしょう。定番だと嫁にいく帰蝶に道三が小刀を渡す。「いざとなれば信長を刺せ」、帰蝶は応じます「この刀は父上様を刺す刃になるかもしれません」、道三は泣きながら笑い「それでこそわが娘じゃ」、、、でも今回の道三はそんなに甘くはないかも?

帰蝶と信長の関係は完全にオリジナルとなるでしょう。ただし「信長協奏曲を意識した感じ」になるかも知れません。根拠ありません。

さて光秀ですが、帰蝶と信長の生活に関与するでしょうね。しばらく尾張に逗留とか。また「道三と信長の対面」でも、間を取り持つとか、大活躍をするでしょう。予想ですよ。

この「対面」は「ご存じの名シーン」ですから割愛はされないでしょうが、独自の解釈のものとなるでしょうね。

最後に斎藤高政(義龍)のこと

史実では、この後、道三と戦って父を殺します。戦国時代といえど父殺しはそんなに多くはない。義龍は結構苦しんだようです。外聞もありますしね。斎藤から姓を一色に変えたりしています。

ですが、結構うまく美濃をまとめるのです。信長の侵攻も退けます。しかし短命で急死します。あとは龍興が継ぎます。

定番だと(たぶん史実としても)この過程で明智家は道三と共に滅びます。が、第三回で光秀は高政の誘いに「しかと承った」と答えているわけです。

物語の定番だと光秀は越前に流れるのですが、この越前での光秀は「絵にならない」のですね。しかも「確実に越前に流れた」という証拠もない。ないことないけど、信頼性は足りない。

さらにそもそも、光秀が美濃の明智家だったという確実な資料もないし、当然、光秀が道三側について戦ったなんていう確実な資料もあるわけないのです。義龍と戦ったら、敵前逃亡でもしない限り、光秀は死んでしまいますからね。国盗り物語総集編でも、戦場に光秀はいません(どこにいたことになっていたのか)。つまり義龍と光秀は「時代考証的には」戦う必要が全くないのです。

「じゃあしばらくは美濃にとどめて、高政とともに美濃を治めてもいいんじゃないか。龍興の代になってから越前に行ってもいいんじゃないか」となるかもしれません。

やり方は簡単です。最期を悟った道三が、光秀に「将軍のもとに行って調停を頼んでくれ」とかいう口実をつけて、強制的に光秀を逃がす。光秀が帰ってくると、もう道三は死んでいて、明智家は滅び、母は存命していて、義龍は父殺しで苦悩している。それを「ほっておけない」クラスメイトの光秀は義龍を補佐することにする。

時代考証の小和田さんがそれを許すかだけど、許さない理由は特にないと思います。「絶対にすぐに越前に行った」なんて史料はないからです。

つまりとりあえず光秀は高政と共に「美濃を麒麟がくる国」にしようとし、尾張の侵攻も抑えて、ある程度そのことに成功するのではないか。そして義龍が死んで、美濃編が終わるのではないか。

私はそう予想します。あたる確率は30パーセントぐらいでしょう。以上です。

コメント   この記事についてブログを書く
« 大河ドラマ「麒麟がくる」・... | トップ | 麒麟がくる・放送されない後... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

麒麟がくる」カテゴリの最新記事