花咲爺やの気まぐれ通信

日々の出来事を き・ま・ぐ・れ・に発信

日本国内でも珍しい、中空重量式コンクリートダムの中を見学する事に成り・・・

2017年11月17日 | 日々の出来事


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像12枚)・・・


晴れの天候に恵まれました11月15日は、爺やが所属していますPCサークルのOFF会で
前以て予約して有った、日本国内でも珍しい中空重量式コンクリートダム内を
歩く事が出来る横山ダムの見学の日で、メンバーが住んでいる地区毎に集まり
其々の地区毎の車に分乗し、午前10時に現地の横山ダムに集合して
全員が揃ったところで、横山ダムの管理支所で受付を済ませ
案内を受ける前に横山ダムの説明や注意事項の説明が有った後に
全員がヘルメットをかぶり、管理支所の職員の案内で見学が始まり
最初に、ダム湖の貯水量の管理や流入量を制御する為に
ダムゲートの開閉操作等が行われているダム放流設備制御管理室を
窓越しに見ながら説明を聞いた後に、ダムのエレベーターに乗り
ダムの最深場所迄行き、横山ダムは昭和26年から調査が始まって
本格的な工事は昭和34年から始まり、東京オリンピックの開催や
東海道新幹線が開業した高度成長時代の昭和39年に完成しましたが
横山ダムは、コンクリート等の材料を節約する為にダムの内部に空洞が作られ
日本では大井川の井川ダム等、13箇所しか無い珍しいダムで有り
爺やは横山ダムの空洞の中に入って、そのスケールの大きさに驚き
「ファンタジーホール」と名付けられた、一番大きな空洞の中で
壁に掲げられたパネルを見ながら、横山ダムの特徴や役割等の説明を受けてから
エレベーターに再び乗り、ダムの地上部へと出て来てダムの見学は1時間位で終わり
見学が終わって帰る時に、職員から横山ダムのダムカードを各自1枚づつ頂き
再び車に便乗して近くの道の駅へ行って、美味しい昼食を食べたり
お土産を買ったりした後に、東海地方では紅葉の名所として知られています
横蔵寺へ行き、見頃を迎えて赤く染まった綺麗なモミジ等を見ながら
境内を1時間位散策してから、今回のOFF会は現地解散と成りましたので
爺や達は地区毎の待合場所迄戻り、午後3時頃に自宅へ無事に帰って来ました



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空いた時間を利用して、コツ... | トップ | 10月13日から始まったScratch... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の出来事」カテゴリの最新記事