花咲爺やの気まぐれ通信

日々の出来事を き・ま・ぐ・れ・に発信

時季外れの花が、身近な所で最近咲いている姿が見られる様に成って・・・

2018年10月14日 | 日々の出来事


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像10枚)・・・


大気中に含まれる二酸化炭素等の温室効果ガスには、海や陸等地球の表面から
地球の外に向かう熱を大気に蓄積し、再び地球の表面に戻す性質(温室効果)が有って
18世紀半ばの産業革命の開始以降、人間の活動に依る化石燃料の使用や森林の減少等により
大気中の温室効果ガスの濃度は急激に増加し、この急激に増加した温室効果ガスにより
大気の温室効果が強まった事が、地球温暖化の原因と考えられていて
地球温暖化による影響としては、南極や北極地方の氷が溶けて海面が上昇したり
異常気象が発生して自然生態系の変化や生活環境が変わってしまう事等が考えられ
日本でも今年は、今迄なかった様な人間の体温を超える様な最高気温を記録したり
局地的なゲリラ豪雨による大規模な土砂災害や河川の氾濫・決壊・水害の発生
年々勢力を増大して、巨大勢力を保ったまま日本列島を直撃する台風が発生して
地球温暖化は、私達の生活基盤に様々な影響を及ぼす様に成って来ていていますが
爺やは10月に入ってから、今年2度目となる「紫陽花」の花が咲いて居たり
花の咲く時期が夏の季節である「チョウマメ」や「アカバナユウゲショウ」
「朝顔」等の花が、まるで夏の季節かと思わせる様に今朝も花を咲かせていて
今年の夏に、自宅の芝桜が1株だけ花を沢山咲かせている姿も見ましたので
地球温暖化の影響は、植物達の生育環境をも変えている様に思われました



・・・地球温暖化の記述に付きましては、「気象庁」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 池田町のソバ畑を訪れると、... | トップ | 夕方メールを確認すると、以... »
最近の画像もっと見る

日々の出来事」カテゴリの最新記事