れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

フタリシズカ(二人静)

2020-05-11 05:11:24 | 野の花日記

フタリシズカ(二人静)
<センリョウ科チャラン属>

静御前の亡霊が出てくる能の「二人静」が名の由来。
変った形の雄しべで、上を向き、ポケット状になって
雌しべを包み、上は3つに分かれ雄しべの葯は内側についている。


山野の林の中に生え、ヒトリシズカより少し遅く咲き始める。

葉は光沢が無く2~3対つき、鋸歯がある。
草丈は30~60センチ。

花序は二本のものが多いが、1本や3~5本つくものもある。

花弁や萼の無い地味な花で、短い花糸が雌しべを包んでいる。
花が終わった後、閉鎖花の枝をつける事がある。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« トウバナ(塔花) | トップ | ギンラン(銀蘭) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

野の花日記」カテゴリの最新記事