れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

ザクロ(石榴)の実とアズマヤマアザミ(東山薊)とアオマツムシとオオスカシバの幼虫

2021-10-17 06:57:01 | 野の花と昆虫

ザクロ(石榴)の実
<ザクロ科ザクロ属>
今、緑道を行くとザクロの実がパッカリ、口を開けている。
下から見上げながら、落ちてこないかなぁ~などと思いながら
羨まし気に見上げている。


落葉小高木。
よく分岐する。若枝は4稜があり、短い枝の先は刺となる。


葉は長さ2~5センチの長楕円形。
6月頃、直径5センチの朱赤色の花を開く。
花弁は6個で、薄くてしわがある。萼は6浅裂する。

果実は球形で先端に萼片が残る。
花皮は厚く、熟すと不規則に裂け、
淡紅色の種子が現れる。

種子は甘くて美味しい。


下はアズマヤマアザミ

アズマヤマアザミ(東山薊)
<キク科アザミ属>
東日本に咲く薊と言う事が名前の由来。
茎は直立し、草丈は高く、細長い茎葉は深く羽状中裂し先端が鋭く尖り、
裂片には刺がある。葉は互生する。


葉腋に薄紅色の細長い管状花が集合した頭花を1~3個咲かせる。
総苞は、細い筒状で少し粘りがある毛が生え、
総苞片の先にある棘は短く反り返らない。
風媒花で痩果の先端につく種子はふわふわした冠毛があり、
風で飛ばされ、その地で発芽する。(八王子、小宮公園にて)

             休憩
  

     浅川(小宮公園の近くを流れる川)

★昨日は買い物の途中で、三六通りに寄った。

結構、よく探せば昆虫に出会う。

今、木の上で鳴いているアオマツムシ
低木を探すと、うまくすると見つけられる。
これは、♀かな。

ここに一番いるのは、オオスカシバの幼虫!
ムニュムニュしていて可愛い!
嫌いな人は要注意だけれど・・私は育て上げたことがあるので
可愛くて仕方ない。
3匹も見つけて、持ち帰りたいくらいだったが、
蛹が、もし冬を越すようなら・難しいと思ってやめた。
また、会いに来ようと思う。
オオスカシバの幼虫
だいぶ、大きく育ったね(#^.^#)

愛嬌があるよね(#^.^#)

木の枝に隠れても私は見つけるよ(#^.^#)

上はお尻だからね。
この角が何の役目なの?
副脚6個が超可愛いね♪元気に育ちなさ~い。

★たぶん・・22スポットのテントウムシ
ヨーロッパ原産の一般的な2~5ミリのテントウムシ。
鞘翅は、黄色で22個の黒い斑点があり低木の中にいて、
セリ科や低成長の低木の黴を食べている。

   俳句は季語石榴で、前にも書いたことがあるが
   私の大好きな西東三鬼に句なのでもう一度。

   露人ワシコフ叫びて柘榴打ち落とす 西東 三鬼

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« オヤマボクチ(雄山火口)と... | トップ | ヤマボウシ(山法師)の実と... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オオスカシバの幼虫・・・美しいなぁ~!💓 (himesijimi)
2021-10-17 21:16:26
こんばんは・・・
ザクロって、とっても栄養価が高いのだそうですね!(*^^)v、ジュースがあるのでそうですが、お飲みに成ったことがおありですか!?私は無いのよ😢、ジュースの色が綺麗でね~~~( ´∀` )(ああ、飲んでみたいなぁ~)と、想いながらも高価なので手が出ない・・・( ´∀` )
一度ね、娘が小学校帰りに道で拾ったザクロを嬉しそうに持って帰ったことがあるの。「食べてもイイ?」って聞いたのに、私は、そんな娘を叱ってしまったの😢、だって、その頃、置いてあった青酸入りジュースを飲んでお亡くなりになった方のニュースで持ち切りだったんですもの・・・
「拾ったものなど捨てなさい!」って・・・
(酷いことを言ってしまったわ😢)
・・・フフッ(笑)・・・
このように、この頃、昔のことばかり思い出すの。
(エッ?死期が近いんじゃないのかって?)
私ね、いつも想うのよ・・・
「死ぬまでは精一杯生きるつもり。でも、いざ、その時が来たら、(ああ、これでやっと死ぬことが出来るんだわ)って、ホッとするだろうな・・・と」
「生きるって辛い。」
私は、つくずくそう想う・・・
あっ・・・いけない。オオスカシバの美しい幼虫観て元気出さなくっちゃ!( ´∀` )・・・(*^^)v
幼虫を・・・排他的な思考なくお載せに成る(れんげ様)に敬意を表して・・・おやすみなさいm(__)m( ´∀` )(*^^)v
石榴の果実酒 (れんげ)
2021-10-17 21:52:02
今日子ちゃん
今、今日子ちゃんのお部屋に行ってきたところよ。
石榴の中の実だけを採って、果実酒と氷砂糖
を入れて漬け込むの。私はリンゴ酢と、氷砂糖で漬け込んだことがあって、それは奇麗な赤い色に染まったわ。それも、お花の事なら何でも答えてくれた方から戴いたたくさんの石榴。大好きなご近所の方でしたが、数年前にガンで亡くなりました。
ご主人とご一緒に、精子の研究をなさってる方でした。でも、その方の家の前を通るといつでも、あのチャーミングな独特のしゃべり方をなさる彼女が今にも出てきてくれそうな気がしています。
今日子ちゃんも、私の心の中にポッと灯った明かりのような人だなと思っています。
深く、私の心に刻まれています。
幼い頃、我が家の前が歯医者さんでした。
角に大きな柘榴の木があり、落ちてこないかなぁ~といつも思って見上げていました。
今日子ちゃんと私は似てるところがあるわね。
「ああ・これでやっと死ねる・・」と思う気持ちは一緒だなって。でも・そうね力は無いけれど・
生きてる間は精一杯、花や虫と一緒に過ごせるような生き方がしたいわね。
今日子ちゃん、おやすみなさい。

コメントを投稿

野の花と昆虫」カテゴリの最新記事