羽生結弦選手 絶賛応援ブログ 花になろうよ!

類稀な才能に溢れ、何よりスケートを愛する羽生結弦選手を神格化・偶像化なしで心から真剣に応援し、素晴らしさに注目します!!

2020-2021シーズンの、羽生選手が出場予定の試合スケジュールとチケット情報

2020-10-25 | 羽生選手の試合&ショーのチケット情報

 10月25日:アメリカのネイサン選手が、こちらでインタビューに答え、羽生選手への想いを語りました。(←ぜひ全部お読みください。事情を色々語っています!) 羽生選手のグランプリシリーズ欠場ヘは「責任ある行動」とし、さらに 「彼はこの競技のレジェンドです。彼は人々のフィギュアスケートに対する見方やフィギュアスケートのあるべき姿への期待値に革命をもたらしました。男子フィギュアスケートにおいて確実に大いなる先駆者です。もちろん彼以前にも同じようなことを達成したレジェンドはいましたが、彼は僕たちの競技において先駆者として大きな前進を成し遂げたと思います。 2大会連続でオリンピック・チャンピオンになることは至難の業です。彼がそれをどう成し遂げたかということは極めて素晴らしいことです。彼のような大きな存在のスポーツ選手に憧れた子どもとして、彼のいい演技、素晴らしい演技、そしてときにはそこまでよくない演技を見ながら、彼も同じ人間で失敗もするけれど、肝心なところで彼はいいパフォーマンスができるということを見ることができて最高でした。 彼はまるで神のような大きな存在ですけど、そんな彼ですら今でも調子の悪い日があり、それを乗り越え、懸命に練習をして、目標を達成しているんだということを子どもながらに知って感銘を受けました。僕の成長過程でそんな彼の姿を見られたことは僕にとってとても大きな意味を持ちます。そんな彼と試合で競い合える機会があることをいつも光栄に思っています。」 技術妨害衣装や異常行為を見抜けないようなネイサン選手ではありませんので、有難いですね!

10月25日:「オンライン羽生結弦展2019‐2020」収益から2780万4540円を、読売新聞社が「全国コロナ医療福祉支援基金」に寄付を決定

全日本選手権2020:12月23日(水)~27日(日) 会場:長野ビッグハット

12月25日(金)12:30~ 男子ショート 26日(土)17:04~ 男子フリー 表彰式は21:45頃終了予定  観客を上限50%以内で検討中。状況で変更有。チケット発売は11月12日~ 電子のみで抽選 ご注意:※出場者の最終確定はもっと先です

グランプリシリーズは、カナダ・フランス大会が中止。ファイナルも事実上無意味に。(2月にテスト大会の計画があるも、未定。)4大陸選手権2021も中止に。

10月19日:ランビエールさんが、宇野選手と島田選手と共に「素晴らしい1週間になりますように!サポート感謝!」とメッセージ。羽生選手は、宇野選手や島田選手たちをも守るために、本気で頑張ってきたのです。これが紛れもない真実!羽生選手が、虚偽流布・怪我誘発技術妨害の究極の汚さと陰湿犯罪との闘いの果てに、全日本2019とそのEXで見せた涙は、これからも多くの花を生かし、咲かす、「命の水」に神様が変えていって下さるでしょう!一連の羽生選手の本当の闘いには、私は誰よりも誇りをもってます…♪  だからこそ、今でも踏みにじる汚い人には断固NO!

人間は誰かの都合の良いおもちゃになる必要はない。それは神の御心ではない。犯罪者と(意思に反して)関わらせる組織や人があれば、それは、犯罪の共犯者です。

10月18日: 真実も事情も分かっていない人たちは、無責任に好き勝手を言い好き勝手をやる。最も傷つけてはいけない人たちを傷つけて、プログラムを破壊して、何になるのか。あの衣装は、最も傷つけてはいけない人たちを傷つけた。そのような衣装なのだから仕方ない。しかし、それは羽生選手の意思とは正反対。技術妨害&悪魔要素だけでなく、それは羽生選手をも深く傷つける。偽計業務妨害罪がどれほど重いのか、真剣に、よく考えて下さい。他人の人生は、誰かのおもちゃじゃない。 

「いいね!」などを操作、クリック代行ビジネスの驚きの実態を特集したNHKの番組。まだ見られます! 

羽生選手はもちろん、選手たちはいつ引退しようとも、完全に自由です…♪

羽生選手と同世代ではフィギュアスケート界一の「超マッチョ」で羽生選手と同じくプルシェンコさんを尊敬してきたハビエル・フェルナンデスさん(引退)が羽生選手にメッセージ!こちらをどうぞ ←写真は過去のアイスショー:(羽生選手は、虚偽情報バラマキ常習者の偽羽生ファンブロガーに散々苦しめられましたし、今もです。羽生選手に、難しいハビエル選手との関係の在り方等を、彼のベースでもあるキリスト教の観点からアドバイスしてきたのは私です。五芒星を散々宣伝し、犯罪者デザイナーを異常に持ち上げてきた人たちや一部マスコミが、どのくらい羽生選手を苦しめてきたかもよくお考え下さい。)

アスリートへの性的画像・悪用問題、陸上競技からの告発でついにIOCが動き出しました。こちら 意思に反して、わざとこういうのを仕掛ける、メンタルに大問題を抱えた衣装担当者も大いに問題です…!

表で裏で、選手への猥褻妄想や、呪い殺し妄想するデザイナーほど、選手にとって気持ちの悪いものはありません。羽生選手は、衣装について、下品なもの、品格を落とすような意味や、侮辱的な意味になるものは避ける方針で一貫していますので、よくご承知おきください!

鍵山選手は、四大陸選手権で目の前で、あの「有り得ない」「蛍光色の袖」を目撃して、さぞかしショックだったことでしょう。でもあれこそが真実であり、羽生選手が本当に闘ってきたものです。実際に目撃した皆様と一緒に、ぜひよく覚えておいてほしいと思います!佐藤駿選手に、スポンサーがついて良かったですね!

著作権侵害と偽計業務妨害・技術妨害衣装を仕掛ける犯罪者はどこまでいってもやはりすさまじく図々しいことが、ご本人がアピールしているものを見れば、よくわかります。伊藤聡美は、「何度も修正を要求する人はお断り」などと、自分が散々仕掛けた異常犯罪の数々や侮辱、試合中に衣装が「ブチっと切れたこと」等、その他の精神異常行為も、すべて棚に上げて、エラそうに書いて自分の陰湿犯罪を正当化しています。どうぞ2度と羽生選手に粘着もせず、一切関わらないで下さいね…♪

平昌五輪までの舞台裏は必ずいつか公開しますが、都合よく利用されたり悪用されないために、当分公開はいたしません。羽生選手を、「本当に神様に仕える」大勢のプロが、無償で支えたのですから。犯罪者の嘘ばかり信じてきた人たちは、本当は羽生ファンではないのです。あれほど露骨で陰湿な異常行為とイジメを堂々としてきた人を羽生選手の言動より信じる人って、本当は何が好きな人ですか? 羽生選手も私も、皆様への警告の責任は果たしました。

仙台城跡(青葉城址)で、季節外れのしだれ桜が咲いたそうです…♪こちら

南船橋フィギュアスケートアカデミー、2021年春開校予定!こちらから リンク減少問題の中、朗報です♪ 江戸川区スポーツランドスケートリンク2021年5月末まで 

人生焦る必要もないけど、残された時間が少ない人たちも必ずいる。羽生選手が真剣にやってきたことが、届くべき人たちに届きますように。選手たちの貴重な時間を無駄にさせ、虚偽証言を続ける悪質で陰湿な衣装デザイナーは、有害でしかありません。問題をあまりにも甘く見過ぎている関係者が多くて残念。日本スケート連盟は、今後は資金の流れを公に明確にして下さい。←よほど危険な一言だったんでしょうか!普通のことですが。

資金の流れの透明性確保が必要。フィギュアスケートの「必要な」ところに投じて下さい。競技の意図的な破壊者や妨害者をファミリーとは決して呼びませんし、本当にスケートに愛ある人は絶対にそういうことはしない。今もわざとらしいことばかりの犯罪者を、私は決して信用しません。問題には対策を本気で。神様の適正な判断と裁きが絶えず徹底してありますように祈ります!

羽生選手は今季グランプリシリーズは欠場です。羽生選手に、かえって大きな祝福がありますように…♪主イエス=キリストの御名で祈ります、アーメン。

ISUは、北京五輪のプレ大会の、グランプリ・ファイナル2020を、延期か中止にすると発表。(こちらの記事より)延期の場合は2月が検討中。

↑アイスリンク仙台内の、羽生選手専用の掲示板です。何年もずっと、巨大十字架が胸に輝く「ノートルダム・ド・パリ」と「花になれ」の写真「だけを」あえて掲示し続けて、後輩たちが騙されないように意思表示。羽生選手、ずっとどうもありがとうございます…!

2年目のOrigin衣装について、羽生選手が本当に込めたかった想い・願いは、こちらです。流布された嘘と、羽生選手の本当の想いがどのくらい違うかを、しっかりとご確認下さい。(クリック)(羽生選手の同意と希望で公表中!)

ANA公式ツイッター「前向きなエピソード」募集の締め切り後の、羽生選手からのメッセージ! 「たくさんのメッセージをありがとうございました!!私もたくさんの元気をいただきました。今は大変な時ですが、またリンクでお目にかかれる日を楽しみにしております。羽生結弦」

シチズン中国公式で、羽生選手とのコラボ時計が宣伝開始。こちら 12月7日に徹底的にこだわった羽生選手、限定1207個販売。詳細は別ページで。こちらが本物。中国限定。

ネイサン選手が、羽生選手を「フィギュアスケートに革命を起こした」「彼と同じ試合に出られるのはいつでも光栄」と評価♪見ただけで状況が理解できる賢い人は有難いです!ネイサン選手には、あんな衣装を4回転アクセルを狙っている羽生選手が望むわけもないと、すぐにわかりますから。日本で羽生選手に仕掛けられている異常性を見て、さぞかし気分が悪かったことでしょうけど、だからこそ、羽生選手をきちんと評価して下さって有難いことです。

9月20日  :ANAから空の日の、羽生選手メッセージ入り動画です!是非最後までどうぞ!悪魔だ魔王だやられて一番迷惑なのは、羽生選手本人はもちろん、世界規模の人身取引問題阻止に協力しようとしている、航空会社です。人身取引問題に取り組むANA についての記事はこちら。(日経新聞)羽生ファンは、無料部分だけでもぜひお読み下さい。ものすごく大事な内容です!

今まで誰に何をされてきたのか、一番良くわかっているのは羽生選手です!ANA の人権侵害問題への方針はこちら。本当の和は、個を大事にした先に初めてあります。

田村岳斗コーチが、羽生選手についてこちらの記事で次のように評価して下さっています。 「羽生選手は…(中略)…僕の中では、ジョーダン、タイソン、ロナウド、イチローさんと同じ並びの中に羽生選手がいます。何年もトップの座にいて、そこから上を目指して自分で目標を見つけて、努力をできるからこそ、今回の最優秀選手というのも納得です。」

「あなたにゆだねられているものを守り、俗悪な無駄話と、不当にも知識と呼ばれている反対論とを避けなさい。」(第一テモテ6:20  新訳聖書)

「神の不動の礎は堅く置かれていて、それに次のような銘が刻まれています。『主はご自分に属する者を知っておられる。』また、『主の御名を呼ぶ者は、だれでも不義を離れよ。』」(第二テモテ2:19  新訳聖書)

国際スケート連盟(ISU)または日本スケート連盟は、現役の所属選手に対し、技術妨害やプログラムを破壊する衣装の強要、自殺等のほのめかし等で事実上の脅迫や強制、メンタル攻撃を仕掛けるような異常なデザイナー等には、契約締結を完全に禁止するルールを作って、毅然と対応して下さい。

氷の上のフィギュアスケートは、他競技と比べても危険性の高いスポーツ。だからこそ、絶対にやってはいけない、認めてはいけない、放置してはいけないことというのがある。怪我で苦しんでいる選手をあざ笑うのも貶めるのも、人間として最低行為だと私は思いますが、怪我を仕掛けたり、プログラムを意図的に破壊するのはこれ以上ないほどの最低行為。刑法犯罪を放置する人たちに、愛などないです。民事の損害賠償の対象でもあります。

こちらのスポーツ安全指導推進機構というサイトで、岩熊弁護士さんという方が語っていらっしゃる言葉を、ここにご紹介しておきたいと思います。

「私は日々の弁護士業務において、スポーツ中の事故によりけがや重篤な後遺障害を負ったり、場合によっては命を落としたりしたケースを扱っています。しかし、依頼者や遺族が真に望むものは、お金ではありません。元の体に戻してほしい、元気だった頃の姿に戻してほしいというものです。スポーツ中の事故には避けられるものと避けられないものがあります。しかし、そのほとんどは避けられるものであったといえます。また、仮に事故が起きたとしても、救えたはずの命や、重篤化を避けられたケガも少なくありません。」 

こちらの記事は、日本のスポーツ界の人権問題。なぜ日本だけ121人もの命を失ってきたのか。

「Continues with Wings」(平昌五輪後の、羽生選手主催の凱旋アイスショー)放送終了。今見ても、プルシェンコさんの存在感と安心感、安定感はさすがでした。「スケーターになれて、本当に良かった…!」「何一つとして無駄なことってなくて、全てが人生に影響しているんだなって思います。それがこのショーで表現したかったことだし、もしこのショーが皆さんの人生にとって、素敵な思い出だったり、ちょっとした笑顔になれる記憶だったり、そういったものになっていればなと、継承できていればなと思っています。」すべてを先にお見通しで、様々なことを通し、人の本音を明らかにして下さる神様に感謝いたします♪羽生選手は、粘着している妨害者に何の遠慮もなく、自分の信じる道・幸せの道を突き進めばよいと思います…♪ファイト♪

「愚かな者の口は自分の滅びとなり、その唇(くちびる)は自分の魂の罠(わな)となる。」(旧約聖書 箴言18章7節)

伊藤聡美は、衣装による妨害だけでなく、全日本選手権2019当日にわざと講座を開いてファンに嘘を流布し、羽生選手をフリー当日まで精神的に追い詰め、羽生選手が2位になった途端、嬉々として、いとうやまねと共にさらに嘘を流布してプログラムを侮辱・貶め、羽生選手を徹底的に苦しめました。

羽生選手に極度の嫌がらせを繰り返しながら羽生ファンから搾取、伊藤聡美のやってきたことは紛れもない犯罪で、羽生選手を苦しめて本気で喜んできた、精神に問題を抱えた競技破壊者です。羽生選手も私も、稚拙な演技に騙されるほど愚かではありません。世界に通用するものになるように、SEIMEIその他について羽生選手に細かくアドバイスしてきたのは私です。自分の功績ではないものを自分の功績にして、人を貶めて信用毀損と人間関係の破壊を仕掛けた犯罪を助長させる人たちも同罪。羽生選手を使って自分の名前を売る一方で、肝心な選手の意思を無視、自分の欲のために破壊をしかける者はスタッフとは呼べないし、フィギュアスケートに2度と関わらせてはなりません。

9月3日:  新型コロナウイルス感染症対策の、連盟から判断基準のガイドラインが発表。こちらをどうぞ

9月1日:   アメリカで行方不明の子供達が39人発見されたニュース。「目的」とその膨大な被害者数にご注目を。深刻過ぎる現実。日々立ち向かって闘っている人たちが、世界には大勢います。こちらをクリック

精神に問題を抱えている犯罪者デザイナー伊藤聡美が、今も露骨な嫌がらせ、裏では演技で矛盾だらけの妄想ストーカーを、表の公式アカウントでは自分で悪霊怨霊怨念大好きな本音をわざと証明して羽生選手を脅迫していますので、連盟とスポンサー各社はどうぞしっかりとご確認下さい。(リンク先の異常な内容「恋しい男を追って焼き殺す」等を、8月25日にわざと「私好み」とアピールした異常性をご確認下さい。その8月25日は、シチズン中国の宣伝で、羽生選手がある言葉を言うのを拒否し、代わりに「特別な愛は、特別なあなたに」という羽生選手の言葉が公開された日でした。そのタイミングでわざとああいうことをする人です。今までも自殺ほのめかし等で事実上の脅迫と強要、表に陰に、羽生選手に対して何をやってきたのか、その深刻さと陰湿さと犯罪性をきちんとご理解ください。)

偽計業務妨害罪・侮辱罪・名誉毀損罪・信用棄損罪の犯罪者を2度と宣伝でも使わないで下さい。1年目Origin衣装も、羽生選手が激怒してわざわざショーの演技で手袋を叩きつける表現をせざるを得ないほどのことがあったのです。羽生選手の意に反すると知りながら、わざと妨害衣装を煽り続けた自称ファンブロガー、犯罪者・伊藤の言い分だけを信じている人は羽生ファンではない。

プログラム破壊&妨害、信用棄損罪・偽計業務妨害罪を、私は甘くみるつもりはありませんし、信用は2度とありません。被害も被害者もひたすら広がります。他選手の皆様もご注意下さい。

闇を暴かれた主に感謝し、羽生選手が今後も主の絶大な力で守られ、「羽生選手にとっての」大きな祝福と幸せがありますように、闇の力が砕かれて裁きが下りますように、主イエス=キリストの御名でお祈りします♪アーメン!羽生選手、ファイト♪

8月28日:羽生選手は、今季のグランプリシリーズの欠場表明。こちらより

「新型コロナウイルスと気管支喘息の関係性については、まだ確証となるものはなく、情報も十分ではないので判断が難しいところですが、呼吸器系基礎疾患を有する者が新型コロナウイルスに罹患した場合、重症化し易いとの情報もあるので、可能な限り慎重に行動したいと考えています。また、気管支喘息に関係なく、一部の選手が新型コロナウイルスに罹患した後、後遺症によって選手活動が困難になってしまっている点からも、慎重に行動を検討する必要性があると思っております。現段階で、カナダ在住のオーサーコーチが日本での試合に帯同するために来日することが困難であることが予想されます。一方、私が日本からカナダの試合に出場する場合は、カナダ入国後2週間の自己隔離が必要となります。その期間、練習など一切のスケートの活動ができないため、選手にとって万全の状態で試合に臨むことができません。このコロナ禍の中、私が動くことによって、多くの人が移動し集まる可能性があり、その結果として感染リスクが高まる可能性もあります。世界での感染者数の増加ペースが衰えておらず、その感染拡大のきっかけになってはいけないと考え、私が自粛し、感染拡大の予防に努めるとなれば、感染拡大防止の活動の一つになりえると考えております。大変残念ではありますが、以上の理由から、今シーズンのISUグランプリシリーズを欠場することを決心いたしました。一日も早く新型コロナウイルスが収束することを願っております。」

8月23日:ストックホルム世界選手権2021は、チケット販売の延期を決定。(政府の新規則決定を待つため。)次のチケット情報は10月頃の予定。

 
 
交通事故では、わざとでなくても、相手に損害・怪我を負わせたら数百万から数千万円の民事損害賠償金が発生、「過失」でもそうなのに、「意図的な」人間の罪が、それよりも甘くなることは決してない。 
「Origin」はやはりとんでもないプログラムでした。「誰を」「何を」信じるのかは何よりも大事ですこの1年の羽生選手のとんでもない闘いが、今後の羽生選手にとって、絶大なる恵みとなって必ず還元されますように、妨害し続ける人には適切な裁きが徹底して下りますように、そして本当に必要な人たちこそを助ける力となりますように、主イエス=キリストの御名でお祈りします!アーメン。

妄想ストーカーの恐怖は、体験した人でないとわからない。一般人でも、たった一人でもそういう人がいたら、日常がすごい恐怖とストレスになりますが、有名人で人数がすごくなったら、本当に大変。人気という名のもとに、大小様々なものに黙って耐えなければならないとしたら、大変な苦痛になることは想像できるでしょう。まして、様々な計算や思惑による、意図的な害を及ぼす異常な粘着者が、ファン以外に、デザイナーを名乗る中にもいたりしたら、なおのこと精神被害は甚大です。思い込みや妄想で、嘘の噂や真実と正反対のことを絶えず流す行為は、人間関係や信用を破壊する犯罪です。まして、競技の根幹や本人の信念に関わる部分でそれをやられると、大変な被害になるということは、ご理解いただけるかと思います。

世の中には、人が苦しむのを見て喜ぶ、非常に問題ある精神の持ち主がいます。わざと仕掛けて悦に入る、こういった精神に大問題を抱えている人たちは、極度の嫉妬や屈折した感情以上に、幼少期に虐待された人に多いと言われていて、重症なものでは、一人の中に何重もの人格がある場合があり、ただひたすら演じているだけの場合もありますし、表向きだけではわからず、狙われた人以外には全くわからない場合もあります。どこかのドラマの世界ではなく、現実にこういう方々はいるのです。生い立ちを思えば気の毒でも、ターゲットにされて狙われる側はたまったものではありませんし、関わらざるを得ない立場に置かれると、大変な苦痛となります。しかし、誰であれ、このような異常行為や被害・本来なら不要な精神攻撃を仕掛けられて、甘んじなければならない理由も強要されなければならない理由も、何一つありません。しっかりとご確認の上、そのような被害を防ぐ責任ある立場の人は、責任をもって対処して下さい。それが結局、加害者のためにもなっていくのです。

羽生ファンの皆様は、現在の中国が、くまのプーさんを事実上禁止していると知っておいて下さい。こちらの過去記事を必ず読んでおいて下さい。

4大陸選手権後のCBCスポーツのインタビュー。羽生選手が話した内容。SEIMEIとOriginの「音楽」の舞台裏について。真実は真実であり、神様が起こしてきた多数の真実の奇跡や軌跡は、何も変わらないし、誰にも変えることはできません。

スポーツ庁が、北京五輪重点支援競技に、「スケート」を特別ランクのSに指定。こちらの公式発表より 平昌五輪の実績を考慮したそうなので、羽生選手の貢献は、何よりも非常に大きいことでしょう!

※日本スケート連盟は、羽生選手の功績で収入が激増したはずなので、虚偽と技術妨害を繰り返し、怪我を誘発するような犯罪を仕掛ける衣装デザイナーの問題は、責任をもって対応して下さい。必ず他選手たちにも、未来にも大きく影響・及んでいく問題です。羽生選手に粘着する、精神に問題を抱えたデザイナーを宣伝して売り込むと、犯罪を増長させるだけで、競技を破壊します。

7月15日:「スポーツ根性論、精神論の限界」というこちらの良記事。医学的・科学的視点を軽視し過ぎて、選手たちの健康や未来をつぶしてきた日本のスポーツ界の問題点が指摘されています。

*********************************

羽生選手が、日本スケート連盟のツイッターに登場し、皆様に感謝のメッセージを。こちらからどうぞ。

羽生選手が、ISUのSkatingAwardで、「Most Valuable Skater」(最も価値のあるスケーター)(最優秀選手賞)を受賞!本当におめでとうございます…!

羽生選手は、決してこのような賞を狙ってここまで猛烈に頑張ったわけではありません。本当に真摯に、真実に、真理に忠実にあろうと本気で頑張り続けたこと、神様が全てご存知です。でも、少しでも真意と本音が多くの人に伝わることは、羽生選手には幸せなこと。試合期間はもちろん、このアワードをめぐっても、羽生選手には絶えない心労も多々あったと思いますが、本当にお疲れさまでした。どうぞ心身大事に…♪ 

7月15日追記:羽生選手のコメント、英語動画から翻訳しなおしたものを載せておきます。真意が伝わると幸いです。ずっと一貫している羽生選手の想いは、期待に応え、理想を追求し、それをさらにその期待や理想をも「超えていく」ことです。

受賞者発表前の羽生選手コメント: 「このアワードにノミネートされたことを喜んでいます。質問に答えますと、私個人の感覚では、ファンからの、全ての人々の目や声というのは、私にはプレッシャーです。私はいつも、彼らの期待やプレッシャーを感じています。たとえそれがただの練習であったとしても、です。

正直に言うと、それは時にはとても大変で、何かに閉じこもるような気分にもなりますが、だけどこのプレッシャーこそが、自分を実際に強くしていると思いますし、誰も期待してくれなかったら、その方が怖いです。なぜなら、この期待のレベルを私は本当に達成したいと思っていますし、さらにそれをも超えていきたいからです。

もちろん、いつも100%を出すことはできませんが、だけど私がいつもしようとしていることは、その期待に「120%のレベルで応える」ことです。だから、それが上手くいかなかったときには、失望感はとても大きく、それが成功した時には、達成感は驚くほど素晴らしいもので、とても言葉には表せません。」

羽生選手が受賞決定後のコメント:「(質問内容に対して)ちょっと訂正させてください。この競技を支えているのは、私だけではありません。フィギュアスケートはスポーツであり、確かにショーもありますが、私たちはアスリートであり、競い合う者たちなのです。たった一人で競争することはできません。

大勢のアマチュアスケーターがいて、競い合っているのです。このようにして、フィギュアスケートや他のスポーツは、成り立っています。毎日のほとんどの時間、私はフィギュアスケートのことを絶えず考えています。いつも私は、より良く、より強くなりたいと願っています。毎日を、昨日まで出来なかった何かが出来るようになるために費やしています。

アマチュアスケーターとして一生懸命努力して、自分が強く望んでいるものや、家族、コーチ、ファンが私に期待しているものを試合で出せるようにしたいのです。」

若きスケーターたちにアドバイスは?:

「スケーター一人一人には、それぞれその人独自のスタイルがあります。表現したいものや、何が出来るようになりたいかというのは、それぞれ、とても異なっているのです。だから、私はアドバイスが出来る立場ではありません。私はただ、世界中のトップスケーターたちの、最高のフィギュアスケートの演技を楽しみたいと思っているだけです。」

最後に日本語で:「ここまで見てくださり、ありがとうございました。皆さんのおかげで、こうやってスケートができていること、そして自分が追い求めるスケートができていることが本当に幸せです。いつも応援ありがとうございます。そしてこれからも一生懸命、自分の理想のスケートを追い求めて頑張っていきます。どうか応援よろしくお願いします」

ISUスケーティングアワードのYou Tube 動画はこちら

***************************

新シーズンの羽生選手のコメント。「一生懸命、全力でがんばります!」(日本スケート連盟公式HP 特別強化選手プロフィールより) 

On Ice Perspectiveさんが、昨年スケートカナダEX「パリの散歩道」を練習中の羽生選手の「最後の映像」を公開。羽生選手の想いや心がよくわかるので是非ご覧下さい!ツイッター動画 インスタグラム動画 観客なしの客席、スタッフがまばらな会場に向かって心を込めてお辞儀をしていく羽生選手。とても素敵な笑顔ですね…♪

昨シーズンに発言のあった、羽生選手とネイサン選手の互いへの言葉をあらためてご紹介! こちらのNHK 記事より。 

ネイサン選手「羽生選手のこれまでの偉業には自分は到底追いつけません。彼は一生追いかけ続ける憧れ。自分を奮い立たせてくれる存在です。」 

羽生選手「隣にいるネイサンが素晴らしい演技をしなければ、学ぶことが出来なかったと思いますし、強くなろうと思うこともなかったと思います。なので彼にすごく感謝しています。」

(私は、さいたま世界選手権後に(自分が衣装で何を仕掛けられていたかを知っていた上で)ネイサン選手を「カッコいい!」と素直に褒めていた羽生選手の素直さが、大好きです♪ ずっと憧れだったプルシェンコさんを筆頭に、羽生選手は本当にカッコイイ姿勢の人が好きですね!)

昨年9月に、ネイサン・チェン選手のコーチのアルトゥニアン氏が羽生選手について語った言葉もご紹介しておきます。
 「彼に対しては尊敬の念しかありません。ネイサンも、羽生をものすごく尊敬しています。彼が2度オリンピックの金メダルを取ったというのは、もちろんすごい。でもそれだけではなく、彼は男子のフィギュアスケートを牽引して全体のレベルを上げてきました。彼がこのスポーツへ与えてきた貢献は、はかり知れません」こちらの記事より 

あれほどの「衣装での嫌がらせ」「衣装による羽生選手への犯罪」を仕掛けられ強要された、陰湿すぎる連続の試練を乗り越えた上での、ついに「スーパースラム達成」、本当におめでとう…♪

全ての上に徹底的に神様のご意思がなっていきますよう、主の栄光が現れますよう、主イエス=キリストの御名で心よりお祈りしております!アーメン。

 

今年の1月にオーストラリアのラジオ番組でトレイシーコーチが出演した回に、羽生選手の基本的な姿勢や想いとしてご紹介された、ご本人の言葉もご紹介しておきます。(詳細は別ページに掲載中)

「僕は心からスケートで滑ることが出来ます。時々、『言葉を使って』話すことでは、説明できないようなこともありますが、でも、スケートをすることで、僕は(世界中の)全ての言語を使うことが出来るんです。それは僕にとって、本当にとても特別なことです。」    ご注意:Origin衣装は、羽生選手が却下した衣装です。

 

 

 

「Origin」は、羽生選手がシーズン最初から語っていたように、「ニジンスキー」は全く関係なく、プルシェンコさんへの感謝と敬意を込めつつ、羽生選手独自の想いが込められています。(複数の別ページに掲載中)「Origin」衣装は、たとえ世界中にたった一人でも、悪魔的だと思う人が出たらアウトなプログラムでした!

この「新設アワード」の衣装賞を狙って、悪質デザイナーが自分の売名と羽生選手の貶めを同時に狙っていることがわかったので、途中でプログラムの変更までして衣装を拒否して却下。プログラムに込めていた本来の想いと全く違うものが、韓国やアメリカ、その他の国々に、間違って伝わらないためです。これが、シーズン途中でのプログラム変更の、本当の理由の一つです。

羽生選手は4大陸選手権の時、「今シーズン、ちょっとつらいことがあった。だから今は自分のフィギュアスケートをやりたい。」とインタビューで素直に回答。辛いこととは何かといえば、このことです。

羽生選手が、2年目のOrigin衣装に本当は羽生選手が込めたかった想い、紫の意味するところは、こちらの記事を参考にどうぞ。 さらに上の記事に関連する、もう一つのこちらの記事も参考にどうぞ。 

本当に、伊藤聡美のやったことは、恐ろしいまでの犯罪です。「SEIMEI」の袖に蛍光色をしかけれた、とんでもない事実の証拠をどうぞ ↓ 

 ↑ 袖と襟の違いをよくご確認ください。トレイシーコーチがわざわざこの写真を撮って、あえてインスタにUPしました。お怒りだからこそ、ですよ。衣装デザイナーにこんなことをやられて喜ぶ選手もコーチ陣も、どこにもいません!

羽生選手の衣装は2つとも非常に露骨な技術妨害衣装。トップ選手たちの衣装を見てきた人なら一発で異常性に気付く、あまりにも酷い妨害目的の襟。オータムクラシックで、ショートは妊婦のようなおなかの出た模様にされたのは皆様が目撃の通り。

4大陸選手権で、やっと自分らしいスピンやステップを揃えられたのはもちろん、酷い技術妨害衣装をやめたからこそ、です。↓

4大陸インタ動画 ※壮絶なプログラム破壊・嫌がらせ衣装でこれほど苦悩した羽生選手。構成を落とさなければならなくなるような技術妨害衣装は、論外です。

2019グランプリ・ファイナル直後の羽生選手の未公開インタビューはこちらから。ショート・フリー共に、どれほど羽生選手の本当の意思に反したものだったのか、羽生選手は聴く人、見る人に伝わるように答えています。NHK杯後の「静香の部屋」のインタビュー映像を持っている方はご確認をどうぞ。

こういう問題は放置すると、結局、他選手や社会にまで広がっていきます!

「Origin」にも「SEIMEI」にも込めた想い、重要な精神は、「後に続く人たちに、決して同じ目にあわせない」「これ以上被害者を増やさない」でした。

*********************************

全ての上に、主の御心とご計画がなっていきますように、羽生選手の上に、絶大なる主の守りが徹底してありますように、心より主イエス=キリストの御名でお祈りいたします!アーメン。

今の世の中、意図的な嘘の情報も非常に多いので、そういったものにはことごとく裁きが下り、本当に正しい情報・真実な情報こそが出てきますように…!

特に、羽生選手についての虚偽をわざと流布するような妨害者たちには、徹底的に主が報復して下さいますよう、何があっても、今後の羽生選手にとってベストの道だけが開かれていきますよう、それ以外の道は塞がれますよう、心より、主イエス=キリストの御名によってお祈りいたします!アーメン。


コメント   この記事についてブログを書く
« 羽生選手の練習風景と背後の... | トップ | 第2回・日本人が知っておきた... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

羽生選手の試合&ショーのチケット情報」カテゴリの最新記事