豪徳寺続き

豪徳寺と言えばもうひとつ気になっていたのが
招き猫の最中。
「豪徳寺の商店街の和菓子屋さんにある…」と聞いていたので豪徳寺のすぐそば?と思っていたらこれまた百聞は一見パターンで豪徳寺とは世田谷線で一駅となりで歩くと15分くらい離れたお寺とは別物のものでした。

落ち着いた雰囲気の和菓子屋のお店「東肥軒」さんに猫のお菓子はありました。


「お手付き最中まねきねこ」粒餡とこしあんがありました。



左から「千代香猫(ちよこにゃん)」「黄味招猫(きみにゃん)」 「お饅頭(正しい名前を忘れました(_ _)」

「千代香猫(ちよこにゃん)」の中身はこんな感じ。

白餡に刻んだチョコがはいって不思議な味でした。

花猫和菓子の最中のライバル!?と勝手に思って気になっていたお店にやっといけて満足な散策日和でした。

これは花猫の「猫の顔のかたちの最中」。
どうぞヨロシク!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 豪徳寺 かわいい履物 »
 
コメント
 
 
 
招き猫もなか (まやー)
2007-01-12 04:03:04
はじめまして。
以前、梨白珈琲店で猫の顔最中を出していらした頃、時々そちらにお邪魔しておりました。
東肥軒にいらしたのですね。
東肥軒の招き猫ゆかりのお菓子もかわいらしく、おいしくて好きですが、経堂と三軒茶屋に店舗を構える亀屋の招福もなかは招き猫型の最中で、私こちらも好きです。
私がお邪魔するのは三茶のお店の方ですが、ご主人ものんびりしていらして、それもまた良しです。機会がありましたら、こちらにも足を向けてみてください。
 
 
 
情報ありがとうございます! (花猫)
2007-01-12 09:47:31
こんにちは。
猫菓子情報ありがとうございます!
経堂と三軒茶屋ですね。
「亀屋の招福もなか」メモしました!

なんと豪徳寺に行ったこの日は
経堂→豪徳寺→下高井戸
と歩いた日だったのです。
経堂を通っていたのに知らないと通り過ぎてしまうものですね。
今度はぜひ立ち寄ります。
(“まやー”さんは沖縄の方言の“猫”からですか?!私は沖縄にご縁があるのでなんだかうれしくなりました)
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。