花餅屋廼徒然書附帖

歌舞伎の世界に魅入られた男の、余りにも刺激的でグダグダ過ぎる日々…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

當る丑歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎…行って来ました。帰って来ました。

2008年12月14日 23時57分28秒 | 徒然とお出かけ…
時は平成廿年、十二月は十四日…。
京は四條大橋の東詰め…南座にてぇ…顔見世興行をぉ。

今年最後の歌舞伎…見納めです。
あくまでも…生で観る分ですよ…(汗)
で、以って…先程帰って来ました。
今年は夜の部のみの観劇でした…。
チト…いささか、上方勢の出番が少なかったかなぁ…とか思ったりも。

まぁ…取り敢えず、取り敢えず。

討入の日ですが…本所松坂町吉良屋敷ではなく、四條南座での大歌舞伎…存分に楽しませて頂きましたよ…たぶん。

詳しき内容は…またの機会のお楽しみ(汗)
今年中にアップできるか?(涙)
Comments (2)   この記事についてブログを書く
« どっちがボケ?(違) | TOP | 今年は素の『吉例顔見世興行... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
忠臣蔵^^ (相衛門)
2008-12-15 22:55:12
大夫元殿^^
討ち入りの日に歌舞伎観劇ですかぁ(笑)
と言う事は当然演目は・・・・・
仮名手本忠臣蔵ですか?(笑)
んな、訳ないかぁ~(^_-)-☆
おしいっ! (太夫元)
2008-12-16 01:36:09
相衛門殿、こんばんは。

>討ち入りの日に歌舞伎観劇ですかぁ(笑)
ハイ、南座に討入ではなく、内入って参りました。

>と言う事は当然演目は・・・・・
>仮名手本忠臣蔵ですか?(笑)
>んな、訳ないかぁ~(^_-)-☆
ハハハ…近からず遠からじってことでして…(汗)
新歌舞伎の『元禄忠臣蔵』と言う狂言の最終段の『大石最後の一日』が上演されましたよ。
中村吉右衛門さんの大石内蔵助でした。
余り、歌舞伎歌舞伎って感じのお話ではないのですが…楽しめましたよ♪

post a comment

Recent Entries | 徒然とお出かけ…