花餅屋廼徒然書附帖

歌舞伎の世界に魅入られた男の、余りにも刺激的でグダグダ過ぎる日々…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

建碑法要&納骨式…あぁ、月忌法要も…大変よ。

2009年03月09日 23時16分35秒 | 徒然なる日々…
流石に疲れて…其の日の夜は10時に成らぬ内に寝入ってしまった…。
心身ともにと言うよりも…ホンマ精神的に、疲れましたよ(滝汗)
………と、言うことで…おさらいですよ(違)

やっとのことで…墓石を建てることになりましたよ。
ナカナカ…難しいものです。
そう簡単に、ハイハイと簡単に出来るお話ではないものです…。

で…其の日は、父の命日に当たりまして…ホンマ、祥月命日です…。
マル五年になりますよ…来年になると、七回忌になりますし…余り、法事と一緒にしないほうがイイと聞きますし…。
で…もう、今年しかないと…頑張りましたよ…(汗)

肝心のお骨ですが…咽喉仏さんは、家の仏壇の中に置いていますが…道骨はお寺さんに預かって頂いております…。
お寺の、本堂の御内陣に置いてもらっているのです…まぁ、此処だと、毎日お経さん上げてもらえるのではないか…とか思ってたりして…(汗)
で…お寺さんと打ち合わせ致しまして…11時半にお寺にて…と、決めました。
………………………。
で…当日になりまして…うぅぅぅん。
いつもの日曜のようにゆっくりと寝てられへんよ…(苦笑)
でも、やはり…少しはゆっくりとしたいとか…で、九時頃に起きる(汗)
毎度のように…店に行って、自販機をみる…点検に補充…お仕事、お仕事…。
ゴソゴソと…して、其の流れで例の店をも覘いて…商品の納品も…毎度ありっ♪
準備万端か…?
で、以って…九時半過ぎに兄貴一家が遣って来る…。
まぁ…無難な時間帯ですよ…。
田舎からの親戚が遣って来るので、『10時頃までには来といてな…』と言ってましたから。
やはり、お客さんが来た後に、家の者が来るようだと…シメシが附かないものですから…。

10時になると…まんじゅう屋さんが遣って来て、注文しておいたお供え用の紅白のお餅と、引き出物に使う赤飯、紅白の薯蕷饅頭に…茶菓子と。
続いて、石材屋さんが来て…先にお供え物を墓地に持って行ってくれた…。
勿論、花も持って行ってもらいまして…まぁ、順序が反対でなくてよかったよ…。

其の内に…ぞろぞろと…お越しですよ…田舎から。
取り敢えず…の準備が一段落したので…私は部屋に戻って、着替えです。
何がいいのか…流石に…建碑法要って言う奴はお祝いだから、喪服ってわけにはいかないよなぁ…。
で、無難にスーツに…余り派手目でない系統のポールちゃんです。
ネクタイも…渋めにして…お祝いですが、派手にはならないように…(苦笑)

さて…今回、誰を呼ぼうかと言った話になって…余り派手にしたくないし、たいそうなのは面倒だしぃ(汗)
当初では、父方と母方の双方の実家の当主のみを呼ぶつもりだった…。
此れで、まぁ…双方共に顔が立つというか…他の兄弟にも、話が附け易いし…。
ところが…やはり、父の一番下の弟も呼ぼうと…と言うか、一番近くだし…独立するまでは、叔父さんもうちの店にいたから…何やかんや言っても、八尾に住んでいる一番近い親戚だよ。
で、母方の方は…おばあちゃんに話したら、『行きたいッ!』と言い出して…。
さて…どうしたものか?
本人は行く気満々ですが…誰が連れて来るの?となって…厳しいでしょうし…九十歳を越した老人を連れて来るのは…???
其の上、母方の跡取りの叔父さん…寿司屋さんですが、法事の料理の注文が入っているようで、来れないと来たもんだ…っ!
じゃぁ…どうしよう?どうしよう?
じゃぁ、兄弟で一番上の姫路の伯母さんが代表して来ることになるのか…?
しかし…92歳の老人が行きたいと言っているのを…無碍にするのも…でも、なぁ…(涙)
で、兄弟間で彼是と相談…どないするねん?
結果…母の一番下の叔父さんが車で皆連れて来るといった話に…やれやれ。
母の実家の跡取りの家が来れないので…其の代役と言うか…他の兄弟揃って、おばあちゃんの介護がてら皆で来ると…言った、お話…。
オオゴトダヨ…やっぱりか(苦笑)
姫路の伯母さんと網干の叔母さん…と、おとんぼでカイロをしている叔父さんとで、おばあちゃんを連れて来る…あぁ、運転手には叔父さん家の従兄弟が…一番年下の従兄弟です…。
………………………………。
取り敢えず…上に上がってもらうことに…そうこうしている内に、八尾の叔父さんが夫婦揃って遣って来た…聞けば…花餅屋本家の伯父さんも一緒だとか?
昨晩の内に姫路より大阪入りしていて、叔父さんの家に一番泊まっていたそうだ…まぁ、無難と言うか…(汗)
叔母さん曰く…昨日に突然、電話で泊まらせてくれとの連絡が入って…じゃぁ、『できるだけ遅くに来てやっ!』って…言うよ、ホンマ…まぁ、この人だから言えたものか…(苦笑)

あと…長年の付き合いの問屋のエライさんも遣って来て…この人は、親戚以上に親しく付き合っている人で…言わば、父の葬式の折も実質の葬儀委員長をしてくれたような人だった…母が、電話して今回も来て貰ったのだ…。

此れで…皆揃ったことになるので…お寺に向かおうか…で、どうする?
歩いて行くのは…我々だけならば、ドウってこと無いのですが…村のお寺ですので…ゆっくりと歩いて行っても、10分も掛からないでしょう…。
でも、92歳のおばあちゃんを筆頭に…姫路の伯母さんは病み上がり…キツイよなぁ。
で…車で行くことに…村の中ですから、道幅は狭い…私たちは店の軽ワゴンに乗って行くので、いいが…姫路から来た車は…大きいよなぁ…。
色々とルートを考えて、少し遠廻りとなるが…廻り道をして無難なルートでお寺に向かうことに…。
勿論、私の車が先頭で先導します…当たり前か?
続いて八尾の叔父さんの車に…数人乗って…殿に姫路から来たワンボックスカーに…狭い道は…田舎も道は狭いですが…また違うよ。
無難に、お寺に到着す。
11時半の予定でしたが、11時10分頃には到着す…。
前日に、私がお寺に念押しに頼みに行っていたので…勿論、今日のお布施なども一緒に持っていってますよ…お寺の門の扉も開いていて、本堂も開扉して準備が出来ています…。
でも、まぁ…子供二人を入れて、16人ですよ…結構な人数です。
前以て、頼んでいたからこそ、お寺も準備していて下さったのでしょうし…本堂に椅子とテーブルが置かれていて…チャンと教本も一人ずつ置かれていましたよ。
…持って来るのを忘れていたので、助かったよ(汗)…

先ずは、この場で祥月命日の月忌法要を勤めるとのこと…。
で…?はい…『仏説阿弥陀経』を皆さんご一緒に上げましょうって…?
あれは…長いが…まぁ、すごいよ…で、ゆっくりと上げるので、一緒に附いて来て下さいって…はぁ。
で…教本が置かれていたのですね…はいはい。
お経が…読経が始まる。
読経が始まれば、順次、焼香をして下さいと…。

ハイ…お寺での読経も無事終わって…引き続いて墓地にて、建碑式と納骨です。
墓石の開眼供養とか言うものですが、浄土真宗は建碑法要と言うらしい…。
どちらにしても、お墓を建てるということは、お目出度い事になります。

お寺から…車三台連なって…村の集合墓地に向かう…。
此処は、以前に分譲で売り出ししていた時に購入していたのだ。
偶々、得意先の方が墓地管理委員会の役をされていて、分譲売出しがあることを教えてくれたのだ…。
其れには色々と条件があったが、この地区に住まいして30年以上経つものだとか…其れは、そうでしょうね…地域の公営墓地になりますから…。
応募多数となって、抽選になった…。
其れを引き当てたのが、今となっては故人となった父でした。
まぁ…運の強い方で…倍率の高い抽選で、見事【当たり】を引き当てたのでしたよ…。
で…まぁ…其れから数年…父が亡くなってからでも…今年で、早5年…。
やっとですよ…此処まで漕ぎ着けました。

さてっと…墓地まで皆を誘導して来て…流石に車の置き場所が無いのが困る…。
で…私と妹は一旦家に戻って車を置く事にする。
トイレにも入りたかったのですが…(汗)

お寺さんは…装束を改めて、後から追いかけて来るといったことなので…少し高を括っていました…其れが間違いでした(涙)
車を家の駐車場にとめて、自転車で墓地へと向う…。
墓地に到着すると…だっ?
もう皆でお経さんを上げている…シマッタッ!遅れを取ったか(泣)
お寺さんも、金綺羅金の一張羅の装束に着替えておられて…。
袈裟は五條の袈裟ですが…一張羅ですか?
いやはや…(汗)

石碑に巻かれていた白い晒しの布は取り除かれていて…もう、納骨も済ませたようだ…。
で、皆で何か…経文を上げている…母から、教本を受け取って、一緒にお経を上げます…。
続いて、正信偈を上げます…で…順次、焼香を済ませて下さいと…。
皆、焼香も終えて、お経さんも終わって…最後に恩徳讃を上げましょうって…。
何の説明も無く…唄い出しましたよ、恩徳讃…(汗)
花餅屋宗家の伯父さんは大きな声で歌っている…そりゃぁ、田舎の門徒寺の総代を勤めていますし、お手の物ですが…やっと、あぁ…最後にある唄ですね。

♪如来大悲の恩徳は
 身を粉にしても報ずべし
 師主知識の恩徳も
 骨をくだきても謝すべし

ハイ、此れにて、建碑式と納骨式の法要、無事滞りなく終了です。
先にお帰りになられるお寺さんに…引き出物の赤飯と紅白の薯蕷饅頭を手渡して、深々とお礼の述べる…。
いやぁ…晴れて良かったですよ。
…そう、天気予報では…余り良くなかったので…心配でしたが、晴れていましたよ。

お寺さんが帰られたら、片付けですよ…大方は石材屋さんの職人さんたちがしてくれるのですが…我々が持って帰る物は此方で片付けないと…。
で、勿論…祝い事なので、石材屋さんには御祝儀と…お寺さんと同じように引き出物の赤飯と紅白の薯蕷饅頭を手渡しましたよ。

さてっと…無事に終わりましたよ…じゃぁ、ないっ!
引き続いて…食事ですよ…お食事です。
此れも頭を悩ませた問題です。
今回は…遠くに行かずに、近場で済ませました。
そう、うちの店の三軒隣の例のお店に行きました。
お昼は休みなのですが、頼めばしてくれる…。
で、一階を貸し切り状態で…御一行さんです。
あぁ…ヤレヤレです。
皆さん、喜んでくれたみたいで…ホッとしていますよ。
ホンマ…(汗)

此れからは…墓参りが日課になりますね…ははは(汗)


Comment   この記事についてブログを書く
« 流石に疲れました…(滝汗) | TOP | ゴネ得ですか? »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 徒然なる日々…

Similar Entries