虹色オリハルコン

人工的でお金を目標にした人生ではなく

自然と生命を豊かにすることを目標にした生き方を選ぶ

池袋暴走車事故・加害者男性と被害者遺族の意識の二極分化 追記あり

2019年05月01日 | パワーかフォースか

★5月1日追記

事故の加害者に関する以下の情報は、信頼できると感じましたので、ご紹介します。
もう嘘は隠し通せない。
ほわほわブログ(323P意欲)
https://aiulog.com/iiduka-kouzou-musukomago



5月2日 追記の追記

飯塚洋氏の父親は東金市議の飯塚光氏(故人)であることが判明しましたので親子関係は否定されました。
(なお、該当記事に関するツイートをツイッター氏が削除されたので、追記のツイートも削除しました)

ブログ氏自身は、パワーではあったのですが・・・。しかし、今回、二人に親子関係はなかったにしろ、上記のサイトを紹介するのはイエスという強い反応がありました。

ふたりとも-10000Fだということと、安倍政権に関わっていたことのある人であることは共通です。


飯塚幸三氏は、原子力ムラの住人であったこともはっきりしました。
 →https://matomame.jp/user/FrenchToast/4f3ec8292ec1db2aa0c2

そして、すでに忘れ去られていましたが、飯塚洋氏は、同じ名字だということが契機となって、今回、10年以上を経て、ヒューザーの耐震偽装建築事件のもみ消し疑惑や息子が少女監禁暴行事件を起こしたという昔のことが、再びクローズアップされたのですね。
不思議な因縁といえば因縁なのかなと思います。
 →https://aiulog.com/iiduka-kouzou-musukomago/#i-3

10年以上前のことですが、耐震偽装に関わった安晋会メンバーの関係者たちの突然の死や、黒い組織との関わりなど、安倍さんに関わる怪しい出来事がいっぱいあるのですが、みんな遠い過去においてきてしまったかのようでした。
改元されても、そこに存在した過去は、いつまでも存在しているものだ
と改めて天に教えていただいたような思いです。

久しぶりにこのタグも・・#ケチって火炎瓶


---------------------------


4月19日、東京・東池袋で車が暴走し10人の死傷者を出した事故。いろいろな側面が見えてきました。

1.車社会の問題提起

便利なものを手に入れたら、それを手放すのは容易ではないですね。
都会の真ん中で起こったこの交通事故は、高齢で運転が不安になっても惰性で車に乗り続ける人の問題を浮き彫りにしました。
また高度経済成長以降に、GNPを上げるためにすでに完備されていた公共交通を捨て、車社会に突入し、国鉄民営化に舵を切った中曽根改革のはて、高齢でも足として田舎ほど頼らざるを得ない、車依存の社会を作ってしまったこと。
人間と車社会の限界を、各方面に提示したのではないかと思います。


2.権威側にいる加害者男性と一般庶民

また、この事故のもう一つの側面。安倍長期政権のおごりの弊害と思うけど・・
モリカケ問題や、山口敬之事件など、総理の友達や権威や権力側にいるものは優遇され、末端庶民は見捨てられている・・という空気が蔓延しているので、今回の加害者がいわゆる上級国民であったことから、逮捕されないのではないかという憶測と怒りがネットの中では沸騰しています。(逮捕されないのは、入院していて証拠隠滅の恐れがないからだそうです)


3.意識の二極分化から見えてくる加害者と被害者

そして、この記事の本題であるスピリチュアルの視点でも、この事故を見ることができます。

昨年6月に書いた「いつまでモリカケ」という批判は国家の本質的な危機が見えていないの記事から抜粋・・・大事なので繰り返します。

今、意識のエネルギーの上昇、意識のアセンションと勝手に申し上げている事象が起こっているので、目には見えなくても、人々の中に良心的な正義とか正直さを良しとする「まっとうさ」が、わあっと吹き上がるように出てきていると感じます。
それはうんざりするほどの、嘘や不誠実さを反面教師として、湧き上がってくるものなのかもしれませんが。


池袋の暴走車で犠牲になった親子の遺族、夫であり父である男性が会見をしました。




松永氏 523P



以下、コメ欄で教えていただいた池袋暴走事故、遺族が会見 「運転に不安のある方がいるなら、いま一度家族内で考えてほしい」より抜粋。
男性の会見に心から共鳴された方は、たくさんいらっしゃったと思います。






 妻はとても恥ずかしがり屋で、フェイスブックなどで顔を公開することもないような控えめな性格でした。そのため、本当に苦渋の決断でした。この画像を見ていただき、必死に生きていた若い女性と、たった3年しか生きられなかった命があったんだということを現実的に感じていただきたいです。

 現実的に感じていただけば、運転に不安があることを自覚した上での運転や飲酒運転、あおり運転、運転中の携帯電話の使用などの危険運転をしそうになった時、亡くなった2人を思い出し、思いとどまってくれるかもしれない。そうすれば、亡くならなくていい人が、亡くならずにすむかもしれない。そう思ったのです。

 それぞれのご家庭で事情があることは重々承知しておりますが、少しでも運転に不安がある人は車を運転しないという選択肢を考えて欲しい。また、周囲の方々も本人に働きかけて欲しい。家族の中に運転に不安のある方がいるならば、いま一度家族内で考えて欲しい。それが世の中に広がれば、交通事故による犠牲者を減らせるかもしれない。そうすれば、妻と娘も少しは浮かばれるのではないかと思います。

--------------


愛する者の命が一瞬で奪われた悔しさ、悲しさを思うと、うちひしがれて表に出ることすら辛いだろうに、この時期にあえてカメラの前に進み出て会見された。
それは、二人の死を無駄にしないため、二人の命と人生を意味のないものにしないためだったんですね。
彼女と出会う前は自分は面倒くさがり屋だったと言っていた男性が、彼女と出会うことで変わっていった。妻と娘への強い愛情を感じました。
事実、会見の時、男性には523Pという高い愛の意識エネルギーの数値がありました。

反面、加害者の意識エネルギーはすでにマイナス。
最初に、-10000Fになった人々は、政財界などで目立った人が多く、自分中心で自分の視野の中だけでいい思いをしていた人たち、他者への思いがまったく至らない人たち、という特徴がありました。
現実ではなく、自分と自分の周囲しか見えないヴァーチャル・虚の世界に生きているような意識下です。



被害者家族は、一瞬にして未来を奪われてしまった。
でもきっと魂のレベルでは、悲惨な交通事故を、今一度思い出し、無謀な運転はしてはいけない、というメッセージをより多くの人たちに伝えるお役目があったのだろうと思います。
なお、「死」は消滅することではありません。ただ、魂・意識体は、意識宇宙に一時期帰っているだけです。
 参照→誰もが光の世界とつながっている



私達は、今、リアルタイムで、意識のアセンションとディセンションの姿を見ています。



ー10000Fは、停滞→消耗→消滅。




コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 小椋佳の「さらば青春」は、... | トップ | 天皇陛下・皇后陛下へのスイ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
追記の件 (ひろみ)
2019-05-01 21:06:05
昨日の夜、寝る前に、追記の情報をtwitterで見て、追跡しようかとは思ったのですが・・・
昨日一日、朝からいろいろなことが続けて起こっていたので、精神的に力尽きて(笑)、追跡できずに寝てしまいました。
今朝も、朝から約束をしていたので、いまだに、ゆっくり追跡できず、ですが、やはり、真実ですか・・・。

クボタの副社長でしたっけ?が同じ苗字なので、その方が息子という風に最初の頃、言われていましたが、会社のHPで、縁戚関係はないと、否定していましたよね。

で、どなたが、見つけたのか・・・過去を掘り返して、安倍氏にとても近い人であることを発掘してくれて、ほんと、すばらしいです。
ネットは、こういうときに、すごいですね!

3292
いくつもの?が次々と。。。 (私は少数派)
2019-05-01 22:01:15
>「事故の加害者に関する以下の情報は、信頼できると感じましたので、ご紹介します。
もう嘘は隠し通せない。
ほわほわブログ(323P意欲)」の記事に衝撃を受けています。この事故の加害者だけでなくその孫の起こした事件の酷さもさることながら、
これもまた安倍政権と繋がっているという事実に。
そしてその繋がりはほとんど一般国民には知らされないままである、という事実に。
こういう事実が全てあからさまにワイドショーや夜の報道番組で取り上げられたならば、さすがの国民も、異常な政府であることに少しは気づくだろうと思うのです。
やはりこれも忖度の結果なのでしょうか?
それとも放送法を盾に脅されているのでしょうか?
でも新聞はこのことを記事にできるはずですよね?
電通の力がこういうところでも働いているのでしょうか?
いろいろなことがバレてくるのはすごいとも思うのですが、まるで言論統制されてるかのような、マスコミやジャーナリズムの有り様は何なんでしょうか?
日本はもう本当に報道というものが崩壊してしまっていますね。
第2次大戦前も国民を騙し続けていたんですね。
でも当時は国民は他に情報を知るすべがなかった。
現在はネット社会ですから、本気で知りたいと思えばどこかから情報は入ってきます。
だから報道に対し受け身でいる人たちは情報弱者になってしまいますが、真実を求める人には与えられる時代になりました。それが大きな違いです。
だから「心して自ら真実を求めなければ!」と思うのです。
これも、安倍案件だった!? (金木犀)
2019-05-01 23:29:22
人をはねた時、救急車を呼ぶより早く、まず息子に連絡をとったという話も、これで合点がいきました。
リンク記事は、全く違和感がありませんでした。

東京新聞こちら特報部は、すぐ動くんじゃなかろうかと思いますが、他のマスコミは、どうだか・・
今日は、新天皇の話題でほとんどワイドショーは埋め尽くされていました。これは仕方ないことだと思いますが。。
もし本当に二人に親子関係があるなら、簡単に裏が取れることですから、
ジャーナリストの皆さんには、ぜひ確認してほしいと強く望みます。
平成から令和へ (ひろみ)
2019-05-02 06:06:48
追記を見て、コメントを書いたけれど、投稿を失敗したとばかり思っていたので、、アルバイトが終わってみてみたら、表示されていてびっくりでした。

今平成最後の私のfacebookの投稿は単細胞生物の命が崩壊する動画でした。
https://www.facebook.com/hiromiamigos/posts/2162291917181901

(以下投稿からのシェア)
単細胞生物の命が終わる瞬間の動画

Single-celled Organism Dies
https://www.youtube.com/watch?v=4bj6SqgT4SQ&feature=youtu.be

ほろほろほろーと崩れていく様子を見ていると
命のはかなさを感じますが、一部が崩れた後に
一旦小さくなって崩れるのは終わりなのかなーと
思って、命の力強さを感じたのですけれど、
結局全崩壊してしまいました。
やっぱり、永遠の命は幻想なのかな・・・って。。。

1月10日にもシェアしてます。
https://www.facebook.com/hiromiamigos/posts/2008605969217164

単細胞のアメーバ(粘菌)は、集団で奇跡を起こします

危機状況のアメーバ
https://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/16330757.html

今、人間の世界で起こっていることも、別次元での同じような
現象なのかもしれません。
人類という種を未来へつなげていくための。。。

わたしたち人類も、細胞つまり単細胞の塊。
わたしたちの体の中では、いつも細胞が生まれ、細胞が死んでいます。
体内で生と死が日々繰り返されているのです。
魂は永遠だけど、肉体は。。。

古代中医学の奥義に、肉体を持ったままの魂の永遠が
あるそうですが。。。

元号については、フォースということでしたが、それでも、天皇陛下が交代することによる、エネルギーの変化、状況の変化に関しては、きっとこれから、よい方向へ向かっていくのではないかと感じます。

こうやって、すごい大スクープもでてきていますし!

ヒューザーの耐震構造計算偽造問題にも、かかわっているとか。。。
同じころ、ライブドア事件関連で、子会社の取締役の方が沖縄で不可解な亡くなりかたをした事件でも、安倍氏の後援会の関係について週刊誌やスポーツ紙では騒いでいたような記憶があります。

今回のことをきっかけに、古い案件も、炙り出されて逃げられなくなるのかもしれませんね。

個人的に、この2日間(4月30日と5月1日)は、出来事がてんこ盛りで、とても濃密でした。
まだ完全に消化できていなくて、胃もたれ中という感じです。

7626
2493
5910
9777
飯塚 (ひろみ)
2019-05-03 05:21:18
何人もの飯塚という名前を見聞きして、ふと、麻生氏の故郷というか地元って飯塚だったんじゃないかしら・・・って思い、確認したら、やっぱり、そうでした。

麻生 (企業)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E7%94%9F_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)

なんか、違う意味での炙り出しもしてますねー!

柳原白蓮の夫、も飯塚の人なんですねー。
http://www.kyushu-sanpo.jp/kanko/fukuoka/den-emon/den-emon.html

何年か前の朝のTV小説の「花子とアン」で柳原白蓮が出てきて、炭鉱王と結婚したなーと思い出し確認したら、飯塚の人だったので、これも、また、不思議なご縁だなーと感じます。
炭鉱って、産業革命、近代化の象徴的産業で、前時代的だし、エネルギー的にも古いですし、とても意味深だなーと思います。

9913
ひろみさんへ (金木犀)
2019-05-03 22:22:27
わたしの知り合いにも同姓の方がいるけれど、普通の庶民です。
でも、土地の有力者である方もいらっしゃるでしょう。
一つの言葉から、連想ゲームのように、いろいろなことが思い出されるのは、面白いですよね。

しかし、今回、二人に親子関係はなかったにしろ、
上記のサイトを紹介するのはイエスという強い反応がありました。

期せずしてクローズアップされたことです。
過去の耐震偽装に関わった安晋会メンバーやその関係者が何人も亡くなっている件や、当時、秘書であった飯塚洋氏と山口系暴力団水心会とのトラブルなど、改元したからと言って、安倍さんと暴力組織の関係もなかったことにはできないのだと思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パワーかフォースか」カテゴリの最新記事