自由そうで自由になりきれない アラフィフおじさんの日記!

都市近郊の山里散歩、網膜剥離、タクシー許認可、看取り、脱被曝、アレルギー、男の手料理、ツーリング、ドライブ、車内泊など

クックパッドの使い方は?

2017-05-31 13:23:37 | 日記
最近主夫をしていてクックパッドさんに大変お世話になっております


ただ、私の場合は菓子類や作ったことのないジャンル以外は、その素材が味付けや調理方法として成立するかどうかを確認するために使うことが多いですね


例えば、厚揚げをサラダにドバっと入れてメインにしたものが、マヨネーズ風味とマッチするのか?なんてのがありました。自分ではありだろうと思いつつ検索をかけるのですが、やっぱりそれなりにレシピ数があると安心して夕飯の食卓にのせることができますね


だってせっかく作っても、まずくて食べられないなんて事態になってしまったら、そこから先にまた調理するには大変だし材料がもったいないですからね。だから自身が持てない組合せなんかを他の人のレシピを見て、自分に自信を持たせているという使い方です


最近は下の子が小学三年になって、ソフトボールやバレーボールなどを始めたこともあり、どんどん食事の量が増えてきているし、やっぱり沢山の食材を美味しく摂ってもらいたいですからね


暑い季節になって、調理方法も煮物や鍋が使えなくなってしまいましたから、子どもたちが美味しく食べられるようにクックパッドさんを参考にしながら作っていきたいと思ってますので、どうぞ沢山のオリジナル料理のレシピをアップしていってくださいね








ではまた

価値観の押しつけ

2017-05-26 13:28:23 | 日記
今日もまたちょっとだけ義母のことで気になったことがありましてね


トイレ掃除をしてもらったのは良かったけれど、便器回りに小便がこぼれていたようで、その原因を息子の立小便が失敗したからと決めつけられてしまいました


私も女房も息子は家では座ってするのを知っているので、そんなはずはないと言っても信用して貰えていないようで、年寄りだから仕方ないのか本人の思考なのかわかりませんが、このような考えで子供と相対していたら子供からは「この人に何を言ってもダメだ」って思われるのがわからないのでしょうね


それだけだったらまあ時間とともに忘れたのかもしれませんが、その話をしてすぐにこんなことがありまして...


朝注いだコーヒーカップをまた使おうと思って、ダイニングテーブルに置いていたところ、それを義母に洗われてしまったので仕方なく新しいカップを出してコーヒーを淹れようとしたところ「新しいカップのほうが新鮮で美味しいでしょ」と言ってきたのでしたが、私としては新しいカップで飲む心地よさよりも洗い物を増やしてしまったという気持ちが勝るので「いやー古いカップでも変わりませんよ」と返答したのですがね


それを聞いても「新しいカップの方が美味しいでしょ。ねぇ」とまたまた自分の価値観を押し付けてくるのでした


ほんと参るわ。自分でそう思うことは勝手ですから気にしませんが、それを押しつけがましく言ってこられるとホント嫌になるわな。そしてこんな感じで子供らにも同じように接するものだから、子供らはもう義母を下にに見ているのが良くわかりますわ


それでも態度が悪くなるとなんでも子供のせいにして、自分に非があるとはこれっぽっちも思わないんですから、ほんと幸せな人だと思いますよ


そしてそのしわ寄せが私や子供たちに回っているのですから、若者はほんとたまったものではありません(私は初老ですが...)


なんとか考え方を変えてもらえるといいのですが、あの歳ではやはり難しいのでしょうかね?








ではまた

あさイチから -無料低額診療事業ー

2017-05-25 09:19:58 | 日記
こういった話題はとても良いと思うのですが、そもそもこの番組を見ることができる層はそれなりの収入を得られている人が多いでしょうから、ここで終わらせるのは勿体ないと思いますね


今の世の中では、テレビを見る時間は無くてもスマホを見る時間は確保する人が増えていて、情報入手の方法の多くはインターネットに頼っている人が多数を占めてきているでしょうから、こういった有益な情報はヤフーニュースなどが拾って流すことで、もっと情報の普及が望めるのではないでしょうかね


ですからNHKも自分の枠内に止まっているよるも、他のメディアと連携したものにしていってはと思います


取材力はやはり大手メディアが上回っていても、今の世の中はSNSも含めたネットメディアのほうが今や情報発信力は優れていることもあるでしょうから、もっと多くの人に自分たちが情報に触れるために鋭意工夫してもらいたいものです









ではまた

ちょっと興味深い記事でしたので...

2017-05-16 14:01:11 | 日記
ちょっと興味深い記事だったのでリンクしてみましたので、よかったら読んでみてくださいな
日本人男性の「時間の使い方」が残念なワケ | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準



私も会社員を辞めて早くも3年が経ちましたが、その間自営をはじめたり辞めたり怪我したり病気したりと人生を謳歌するにはいいのか悪いのか?わからない日々が続いています


ただ、そのお陰?で毎日家族との時間を過ごせていますから、良かったのかな?でも自分の時間という意味では、外出の機会が減った(減らしたともいう)のでストレスのある生活でもあるかも。義母との二人きりの時間が長いのもストレスの大きな原因の一つかな


今、ちょうど腰痛に苦しんでいるので、なかなか外出もできないし体を動かすのも痛くてできない日々を過ごしているけれど、昨日見つけた腰痛に関するサイトで目にしたのが、腰痛の原因に「ストレス」が大きくかかわっている。と書かれていたこと


そういわれるとストレスを感じると、体中がに力が入り筋肉が固まっていくのが良く理解できましたよ。そのサイトで紹介されていた呼吸法や弱いストレッチを一日やっただけで、なんとなく腰の痛みが減った気がしたので恐らく私の腰痛の原因にもストレスが大きくかかわっているのだと実感いたしました


今私の生活は無職の専業主夫ですから、自宅でのストレスさえなければ、それこそ悠々自適な人生と言えるのですが、30年以上も会社員生活をしていた日本人男性の特徴なのか、仕事をしていないという後ろめたさも感じつつ自分自身でストレスを増幅させている気がしています。やっぱり自分は日本人なんだなァ...と、ちょっと悲しくなってしまいました


自分の子どもたちには、もっと自由な個人を大切にする人生を歩んでもらえるようにお手伝いしていければと思っています











ではまた

カブトムシのマット交換4回目です

2017-05-16 09:23:56 | 里山の生き物


去年の夏に生まれたカブトの幼虫たちも、ようやく蛹に向かう季節になってきましたね


春休みに交換したマットでしたが、残り3か月を過ごすにはちょっと不安があったので、マットの交換をしました


不安というのは80匹の幼虫に対するケースの大きさで、45Lくらいの衣装ケース2個にすべて入れていましたので窮屈かもしれないというのと、かなりフンが多く見られたので、栄養不足になってしまうのではないか?ということでした


季節がすでに5月の半ばに差し掛かっていましたので、蛹に向けて悪影響ではないかとも思いつつ、5月中だから大丈夫だろうと判断してマットの交換に踏み切りました


そして今回はケースを1個追加して3ケースにして、それぞれに26匹前後の幼虫を入れてみましたので、少しは過ごしやすくなってくれるのではないかと思っています


次は蛹から羽化したカブトムシとの対面になりますが、どんなになっているのでしょうかね


とっても楽しみですわ











ではまた

ブログ開設から626日ですって

2017-05-14 22:02:42 | 日記
ブログを作り直してから早くも626日になったそうです


626と言えばディズニーファンなら真っ先にスティッチの製造番号を思い浮かべるのでしょうか?私の場合は単なるMYbirthdayなのですがね


以前に書いていたブログは800日弱で閉鎖しましたし、新しくブログを開設するまでに一年近くあったので、合わせたら5年位になるんですね


5年前には、新たな土地での新しい生活に希望を持って日々を過ごしていたものですが、どうも私の場合はこの土地がいけないのか、それとも自分の考えを悪運のせいなのか、はたまたただの因縁なのかわかりませんが、まったく思うようにの逆をいく人世にはまってしまい、毎日ジタバタしまくりです(涙)


せめて体だけは無事に過ごせたらと願うばかりですorz







ではまた

中国新聞のカープ愛ですな

2017-05-10 11:58:38 | 日記
昨日のサヨナラホームランには心がくじけましたが、それでも今日の中国新聞のラテ欄にはカープ愛を感じましたね(笑)


まだまだジョンソンも中崎も戻って来ないので、本領発揮とは行かないけれど、他の中継人に負荷が大きいのかなぁと感じてしまう気もしますが、バッターのほうもイマイチ乗りきれていないような…


まあこれから交流戦に向けて、なんとか修正していってもらいたいと思いますね


去年も交流戦からでしたから、これからですね



がんばって応援していきましょー!









ではまた

なんだかイラッとして疲れてしまいましたわ...

2017-05-08 22:21:06 | 日記
5年ほど前に今の家を中古で買った直後にシロアリがウワーっと出てきたので、瑕疵責任のもとシロアリ駆除をしてもらったのですが、その保証期間がちょうど5年


なんとこのタイミングで我が家の周りをシロアリらしき黒い塊がうろちょろとしとったんですわ(涙)


施工後ちょうど5年が経過していたので、業者が言っていたとおり5年は大丈夫だったということで、5年でダメになったということです


まあ近所に比べれば通気はいいほうだと思うのですが、それでも壁面が湿気でカビが生えたり床下がジメジメしていたりして、これらを総合的に見てシロアリが巣食いやすいのかなと思っております


とは言え、今更建て替えができるような身分でもなく、なんとかこの家を長持ちさせていかねばならないのですが...


そんなとき、うちの嫁さんからメールでこんなURLが送られてきたのでした


  現代の家は30年くらいで朽ちていくように仕向けられている


それはまあ言うまでもなく、現在の家の多くは築50年が限界と言われているので、30年後にはかなり朽ち果ててきているとは思うし、言っていることはそうそう間違いではないと思うのですが...


ですが、だからといってこんなURLだけ送ってきて一体何を言いたいのか、愚痴だけなら一人でやってもらいたいと思ってしまいますわ。だって、だからと言って100年ももつ家なんて作ろうと思ったら、いったい坪単価はどれくらいの費用が掛かるのか、想像しただけでも恐ろしいですわ


だとしたら、朽ち果てていく家をどのようにして長持ちさせていくのか?それを考えた方がよっぽど生産的なのに、やっていることと言えば気が向いた時に窓を開けて風をとおすくらいで、扉の閉め方だってチョー雑で、扉が壊れるんじゃないかと思う程の勢いで毎回開け閉めしたりして


そもそもうちの嫁さんは、自分の想定外で物が壊れた時には、決まって製造者の瑕疵を真っ先に疑い、その疑いを自分の行動に結びつける事がほぼほぼない人ですから、そんな人が物を長持ちさせるなんてできっこないですわな。そんな人が上記のようなURLの記事だけ見て、今の家が悪いと決めつけてしまって、そこから先にまったく進まんのですわ。ほんとどうすりゃいいの?付き合うのも嫌になりますわorz


50年も100年も変わらずに住み続けられる家なんて、材料から工法までこだわった注文住宅で、それこそ坪単価が60万とか80万とかしてしまって、今のツーバイフォー建築でしか家を建てられない人には夢のまた夢だってことが、まったく理解できないようなのでほとほと参ってしまいます


私だって金さえれば、もっと立派な家を作って孫の代まで使えるような家を持ちたいと思いますが、我が家のような貧乏人には縁のない話ですよ


それこそそういったことが嫌ならば、鉄筋の公営住宅でも探して入居したほうがどれほど良いかって話です


そんな感じで嫁さんと話すのも嫌になった夜でした









ではまた

大三元を見たのは2回目です

2017-05-01 11:27:48 | 日記



我が家では週末にファミリー麻雀で楽しんでいるのですが、久しぶり人生2度目の大三元にお会いしました。とは言え、これツモではなく私が振り込んで成立したのですがね...(-_-;)


当日は熱が38℃近くあって頭がもうろうとしていたのがいけなかったのでしょうか、ハクとハツを鳴いていたのを知っていましたが、その前に倍満であがっていたので、まああがっても小三元だろうと侮っていましたわ


まんまと大三元成立に加担してしまったわけです


そんでもって実は大三元にお目にかかったのは2回目。1回目はもう10年前くらいになるでしょうか、麻雀を始めたばかりの頃に自分で出したのですが、その時は振り込まないようにとハクハツチュン手元にを残していたら、なんとまあメンゼンで揃ったんですね。(゚Д゚;)スゴイ


これからも頑張ってヤクマン狙いしてこうと思っていますよ









ではまた

最大限活用してますなぁ

2017-05-01 10:34:09 | 日記
米艦防護 日米連携アピールへ - Y!ニュース


それにしても世界というのは広いもので、一国の民意を方向付けるために利用できることが、次々と起こるものなんですね


このニュースにしても日本政府の広報をそのまま垂れ流すもので、これに類するニュースはここ最近たくさんあり過ぎて見切れないくらいですから


ミサイルが来た時の避難方法とか、政府の広報をこれだけ垂れ流されれば、これは大変だという雰囲気が醸成されて行って、それに加えてこの憲法違反で決まった安保法を実行していけば、それこそ憲法9条は改定すべきだなんて意見もどんどんと大きくなっていくでしょうから、それこそ自民党と米国よりの官僚の思うつぼですな


それこそ本当の危機であれば先週末の外遊なんて危機管理上していられないでしょうから、この危機感煽りの目的は明らかに憲法改正を見据えたものだと言えるのではないでしょうかね


いろんな見方があるのでしょうが、うがった見方をした方がいいときもきっとありますよ






ではまた