今日も春風の丘で ~フィールドノートのナチュラルガーデン~

高原暮らしと庭暮らし。さりげない日常を切り取った季節の絵本

恵泉「蓼科ガーデン」~小澤文子さん講演会

2015-02-02 10:14:44 | ガーデニング

2月1日

 

まだ時折小雪が舞う 寒い日曜日となりました。

この日の午後 蓼科ガーデンガーデン長の小澤文子さんによる講演会が催され

篠ノ井のながの緑育協会へ出かけました。

 

「蓼科ガーデン」は2度見学したことがありますが、

その生い立ちなど詳しく知りません~どんなお話か?期待に心弾みます・・・!

 

蓼科ガーデン全体図

 標高1150m 長野県茅野市にあるガーデンは 冬はマイナス20℃まで下がったこともあり

雪が少なく 寒冷乾燥という内陸型の大変厳しい環境だそうです。

 

 

 

 

 

ダブルボーダー ホワイトボーダー ブルーボーダー ハーブガーデンなど次々写真で紹介され、

それぞれのガーデンの特徴、構成する植物の種類やコンセプト、今後の抱負やメンテナンスのノウハウなど・・・

興味深く 参考になるお話がいろいろ 具体的に紹介されました。

 

 

 

小澤さんは 「ガーデナーになりたい・・」という夢が叶って 17年前、ここのガーデナーに就任なさったのだそうで 

長い間、この広いガーデンを ほとんど一人で管理されてきたそうです。

 以前 NHKの‘美の壷’に出演されていた時 偶然拝見しました。

 

 

先輩の遺志をつないで・・・ このガーデンにかけた思いを伝える小澤さん~

・・・ガーデンで咲いた花を使うと素敵なアレンジメントができる ~植物本来の姿、季節感、美しい配色、器とのバランス・・・

女性も 植物を通して自然に目が行くよう  ひとつとして同じ花はない・・・ 等  自然と庭を愛する女性達がここにも。 

 

 

   このガーデンは30年前に起工 まだできて間もない頃の様子

ハイライトの8月頃に 是非もう一度伺ってみたいものです。 

 

この記事についてブログを書く
« 冬の風物詩~霊仙寺湖 ワカ... | トップ | 中野の産直「オランチェ」へ »
最近の画像もっと見る

関連するみんなの記事