昭和・私の記憶

途切れることのない吾想い
生涯の記憶を切取らん

 

運転免許を取った理由はバスが来たからです

2017年06月19日 | 5 青春のひとこま 1973年~

 
昭和49年(1974年)11月22日、
高校の同窓・西尾と二人、建築を視るために東京を周った
写真は

東京三鷹のルーテル神学大学、建築家・村野東吾の設計に依るものである
吾々は村野東吾の建築を視に大阪から遥々訪ねたのである
此処で一際目についたのが、一台の白いクーペ(あの、117クーペかと)
建物とマッチして、いかにも カッコイイ・・そう想った

車を持つ・・が、ステータスの1970年代
カッコイイ車に乗って、街を颯爽と走り、
高速道路を猛スピードで以て突っ走る
横には恋人乗せての長距離ドライブ・・・なんと気分爽快であらう
男なら、誰しもがそう想ったことであらう
然し私は、そんなことにロマンを感じなかった
車を運転するは、単なるスキルの一つ と、其のくらいにしか考えていなかった私、
運転する事に感心が無かったから
運転免許を取る気なぞ更々なかったのである
  
日産パルサー 
昭和55年(1980年)、最初の My.Car である
斯の車で、
56年、57年と 夏の旅行をしたり、ゴルフをしたり、 
57年 テニススクールへ通ったり、・・諸々
青春を展開して、想い出を作ってきた
然しそれは、当物語り以後のこと、
斯の時を経たからこその展開である
・・リンク→蒜山高原
  リンク→
コートにかける青春


昭和53年(1978年)
望んだこと叶い、佐賀へ旅することに成った
これも運命の巡りあわせと謂うものであらう
春先の3月19日
佐賀に着いた
案内して呉れると言う女性と一日、周遊することになっている
果して彼女、赤色のファミリアでやって来た
そして、私に運転せよと言う
エッ 運転免許、持ってないのですか?」
驚きの表情の彼女
さもあらん
普通 成人男子なら、運転免許は持っている・・・と、誰しもが思うこと
23歳の私、その普通ではなかったのである
これまで、その必要を感じたことが無かった、だから
この先も、車の運転なぞしないものと、決め込んでいた
そんな私が、彼女の横に坐って
「しまった」 ・・と、
斯の時、初めてそう想った
此を、後の祭り、後悔先に立たず、・・と、謂う
どこまでも極楽とんぼの私
歓び勇んで来ただけで、如何にして周遊するか
そして、一日過ごすことが如何謂うことを意味するのか、
なんにも考えちゃあいなかったのである

 バスが来た 
一日周遊を終えて、
「旅館まで送ります」・・と彼女

車は、途中佐賀駅で一旦停止した
「ちょっと待ってて下さい」 
と、車を置いて駅ビルの中へ入って行った
駅前ロータリーの、ちょうどカーブに差掛った処に車は停められている
「こんな処に停めて、まずいなあ・・・」
想う間もなく、対向から乗客を積んだ市バスが来た
クラクションを鳴らしている
「こりゃまずい、どうしよう」
市バスの運転手、車を移動させるようにと合図している
向うの声なぞ聞えるものか
「車の運転は出来ない」
こっちの声も向うには聞こえやしない
私は手を横に振った、顔を横に振った
車を移動しなければバスが通れない、直ぐそこにあるバス停で乗客を降ろせない
「如何なることか」・・と、さすがに焦った
然し、私がいくら焦ったところで如何にもなりゃしない
「早く、帰って来ないかな」
なさけないと想った
居たたまれず、車から出ると、女子高校生と目が合った
一部始終を観ていたらしい
なんと格好悪いったらありゃしない
穴があったら入りたい
そう想った
市バスの運転手、
埒が明かないと想ったのであらう、              (ラチガアカナイ)
車を何度も切り返し、ようよう通り過ぎて行った
ヤレヤレ・・である
一時はどうなるかと想った私、ほんとに安堵した
然し、外で立った侭もバツが悪い・・と、車の座席へ戻ったところ、
そこへ、彼女が帰ってきたのである
御土産を手にして・・・

彼女にしたら、一瞬のつもりであったのであらう   (チョット)
然し、その一瞬の間にちょっとした物語が起ったのである
斯の物語、彼女は知らない
カンネンした私
「免許を取ろう」・・そう、決意したのである

斯くして私は、免許を取った
若し、あの時
バスが来なかったら、
斯の物語が起きなかったら
免許を取ることは無かった・・・かも知れない
然し、バスは来た
人生・・とは、そういうものかも知れない

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« 若い頃 | トップ | ほう・・・、それで、親孝行... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

5 青春のひとこま 1973年~」カテゴリの最新記事