ナリヒラ有機農法研究倶楽部

植物全般に深い理解と興味を持つ、主に園芸関係の経営者を中心とした集まりです。

安全でおいしい野菜を作りましょう。(2018.6) 

2018年06月09日 | 清ちゃんのお花畑

花壇のお花の植え替えや夏野菜の栽培は、旬(しゅん)を迎えます。

3月~4月では気温は上昇しても、地温が低く、植物は生長しません。

地温が18℃以上のこの季節からが夏の植物達が元氣に伸びて生長してくれる季節です。

ミドリのカーテンなども最適の時期です。美味しいキュウリ家庭菜園も超お奨めです。


 

地温の高い活着のよいこの時期なら誰にでも上手にキュウリを収穫できます。

雨が少なく、病気になりにくいこの1ヶ月間で充分に収穫できます。

キュウリ定植後は根元に水が跳ねないように、ビニールやワラを敷くと良いです。

化学肥料は極力控えて、植物性の肥料を与えアミノ酸とナリヒラ酵素を一週間に一度散布するだけ。

キュウリの芯は10段前後で摘心、促枝を伸ばして収穫します。
 ナリヒラ酵素を使ったナリヒラ農法で、硝酸態窒素の値を下げましょう。

美味しい自然の味は、糖度が高く硝酸値が低い機能性野菜。健康の源です。

ミニトマトやオクラのプランター栽培はこれからが旬。

場所を選ばないナリヒラ農法で夏野菜を楽しんでみてはいかがでしょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土日限定、ナリヒラの野菜入荷しました!

2018年05月12日 | おすすめ情報

土日限定の野菜コーナーです。

新鮮野菜が並びました。

お近くにお越しの際は、

お立ち寄りください。

群馬県桐生市相生町3-372

花のあらい 店内

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の日に感謝のお花を贈りましょう

2018年04月28日 | 清ちゃんのお花畑

今年の母の日は、5月13日。

お花を贈る最高のチャンスです。

植物たちを元氣良く安全に、

より綺麗に育ててくれる応援グッズが、

ナリヒラ酵素にアミノ酸をプラスした「ナリヒラ酵素・スパーアミノ」です。

そのまま使えるスプレータイプがお奨め。お花を綺麗に咲かせたい・

安心安全な野菜を育てたい・観葉植物をもっと綺麗に元氣にしたい・

多肉植物を元氣に育てたい人たちに、

安全で良く育つ活力液肥をお奨め致します。

ぜひ、お試しください。

 

花のあらい 群馬県桐生市相生町3-372

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の草花の育て方

2018年03月17日 | おすすめ情報

春一番に咲く花々を、大きく元氣に咲かせたいなら

低温でも春の日差しに充分当てる。

強い風は大敵、防風対策は必須です。

又、低温でも、こまめに追肥を少量ずつ施す。

 ナリヒラ酵素とアミノ酸1.000倍で、

花・春野菜への散布が、超効果的でお奨めです。


 安全なので、手に直接触れたり、衣服に飛んでも、まったく安心。

植物生育に効果大。ナリヒラ農法、根張りの良さが普通の慣行栽培の

2.8倍の根の張りが認められています。
 

花色が増し、花弁の発色のメリハリがはっきりとする事で、

その品種の個性が強調される 根張りが良いと、

植物やお花はより元氣に生長します。

葉が厚くなり元氣さが増すと、

病害虫にも侵され難くなります。病理の抵抗力が増し、

農薬の予防回数も減ってきます。

※詳しくは、花のあらい ホームページをご覧ください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭やプランターで簡単に野菜作り!!

2018年02月17日 | 清ちゃんのお花畑

 楽しい野菜栽培の成功のキーワードは、毎日の観察と安心安全なナリヒラ農法をお奨め致します。

播種した後はナリヒラ酵素1000倍液を散布し、発芽後においては、

1週間に1度のナリヒラ酵素1000倍+アミノ酸1000液で散布しましょう。

春キャベツにもチャレンジしては、いかがでしょう。

キャベツは、栽培期間が長いので、3月になったら春キャベツの苗を定植しよう。

プランターでも、お庭の片隅でも、春は、害虫の被害にも侵され難いので、

おいしいキャベツが6月には収穫出来ます。


ナリヒラ農法は何故植物が美味しくなるのか?・・・・疑問にお答え致します。


 化学肥料を使わないナリヒラ酵素と植物性アミノ酸を植物に散布する事で、

普通の慣行栽培に比較して、植物の根の張り方が約3倍の根張りが認められます。

根の生育が盛んで有ることは、植物がより健全に生長し養分・肥料をより吸収しながら生育します。

週に1度の酵素とアミノサンの葉面散布で、葉の光合成により多くの炭水化物(糖)が葉体に形成され、

根から吸収されたアンモニア態窒素と炭水化物(糖)が反応して、

アミノ基が創られ植物本体に高アミノサンが蓄えられる。

よって高タンパクが蓄えられた植物が機能性野菜として認められる訳です。 


お問い合わせは、花のあらい 新井まで

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加