花夢

うたうつぶやく

019:男のうた

2008年02月29日 | 題詠2007感想
3月1日

あけがたの始発ホームですぐにでも発芽しそうな男をみかけた
富田林薫

前世は原爆で死んだ男だとおもうよ 唐突にあなたが言う
野樹かずみ

足もとでつながっている男性の影が疲れている夕まぐれ
丸山汰一

やせがまんするが男の生きる道 たまごは固く茹でねばならぬ
史之春風

やがてその男も死ねば新緑を濡らす雨より美しい日々
ひぐらしひなつ



圧倒されました。
男よ、ここまで来るのか。

野樹かずみさん、ひぐらしひなつさんの言葉の迫り具合がうっすらと怖いです。

私、インターネット上で男性・女性を勘違いしていることがすごく多いです。
あんまり考えもせず、自分の印象で決め込んでしまうみたい。
この洞察力のなさは短歌および感想に影響していまいか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 018:酸うた | トップ | 020:メトロのうた »

コメントを投稿