花夢

うたうつぶやく

047:没うた

2008年02月29日 | 題詠2007感想
4月28日

なんつーか恋のセリフに下書きを書いてる時点で没だと思う
遠藤しなもん

日没を待つバス停で分け合ったオレンジ色のゼリービーンズ
月原真幸

かぎ針に没頭してる右肩の上がり下がりが母に似てきた
萩 はるか



萩はるかさんの作品がさりげなくてほっこりします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 046:階段のうた | トップ | 048:毛糸うた »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (月原真幸)
2008-05-06 00:27:05
花夢さん、いつもありがとうございます。
この時は、どうしてもゼリービーンズの歌が詠みたかったんです。
オレンジ色の世界が。

こうして歌をとっていただけると励みになります。
どうもありがとうございます。
ありがとうございます。 (花夢)
2008-05-06 18:57:50
月原真幸さん、いつも来てくださってありがとうございます。
オレンジ色のゼリービーンズは、まるでこれから来る夕焼けをとじこめているみたいですね。
てのひらにのっているゼリービーンズが夕日のようにも見えました。

ありがとうございました。

コメントを投稿