イングランドの片田舎から独り言

イングランドでの生活を始めた記念として、ブログに日々の生活や思いを書き留めていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スリランカ Day11

2009-02-27 18:46:40 | スリランカ
 スリランカ、まだ続きますよ~つくしの外出拒否のせいで、何処へも行かなかったんですけどね~。最後まで、報告させて頂きます




この日、午前中はホテルでノンビリ・・・(いつもノンビリじゃないかっ)外人のクセに、日焼けが嫌いなつくし・・・。(私も嫌いなので、別にいいけど






眺めはこんな感じです





公衆の面前で・・・




そして、ホテルにいるのもツマラナイので、ちょっとお散歩へ・・・





こちらは、スリランカのカップル達です。日本の様にデートする場所が無いのです。なので、カップル達は1日中、こうやって、木の下にいて愛を語り合っているのです





ビーチで踊る若者達バケツをびっくり返したような物で、即席ドラムを作って、ドンドコやっていました。でも、これが、結構上手いのです。しかも、みんな、リズム感あるし。「一緒にどう?」と誘われたのですが、つくしが断っていました。私は彼に、この中に混じって踊って欲しかった・・・。



そして、夕飯は・・・




イカリングフライスリランカにしてはチョッと高めの700ルピー(約560円)。ここはイタリアンレストランで、つくしはニョッキを頼んだのですが、写真が上手く撮れませんでした。ちなみに、私の夕飯はイカリングフライだけです。

 そして、食後はつくしの憩いお馴染みのパブへ行きました。ちなみに、彼は昼もパブ通いをしていました。ホテルでノンビリの日は、大抵昼から飲んでます



つくしのスリランカ好感度 50% 穏やかな日だった。しかし、かなり飽きて来たので早く帰りたい・・・。
コメント (2)

スリランカ Day10

2009-02-25 18:38:51 | スリランカ
 やっと10日目ですでも後4日も残っていますよ~。つくしの外出したくない度がパワーアップし、この日から、最終日まではニゴンボに滞在していました。私は出掛けたかったのに~





ホテルの近くにある教会





つくしの好きな、スリランカのトラック





こちら、私達が泊まっているホテルのアーユルベーダーセンターです。この日は朝の散歩から戻って来て、フェイスマッサージを受けに行きました。今更、顔にマッサージしたって、何も変化はないんですけどね~。まぁ、気持ち良いから~。20分で1250ルピー(約1000円)ホテルでもこの値段ビバスリランカ




そして、ホテル内でダラダラ過ごして、夕方にまた散歩





ホテルの近くにある、ローカルの八百屋さん。私の大好きな、キングココナッツも売っています。





夕方の住宅街





住宅街と言っても、やはり、緑は多い





スリランカ地鶏




そして、夕飯は・・・





魚のソテー 750ルピー(約600円)





チキンソテー 650ルピー(約520円)


実は、この日は初めてホテルのレストランで食事をしました(朝食以外)。流石にホテルのレストランだけあって、料理の見栄えは良いのですが、味はイマイチでした・・・。私の頼んだチキンも、つくしの頼んだ魚もです・・・。ちょっと期待外れでした・・・




つくしのスリランカ好感度 50% 平和、のんびり出来た。
コメント (5)

スリランカ Day9その2

2009-02-23 18:37:15 | スリランカ
 さて、ゴールフォート内の続きです・・・



ちょうど、海沿いに散歩道があります。






日中は暑いですが、朝晩の散歩は本当に気持ちが良いです






海の前にあるモスク






こんな所にピザハットと思いきや・・・





休憩中の痩せこけた働く





炎天下で昼寝中または日焼け中の。大丈夫か





そして、最後は昔の植民地時代から残る時計台。どの位古いのかは定かではありませんが、恐らく、200年か300年位昔だと思います。



そして、ゴールフォートから車で約5分の所にある、ウナワトゥナビーチへ行きました。






このビーチは、私達が滞在しているニゴンボビーチとは全然違い、とても綺麗なのです。しかし、潮がきついのと、遠浅ではないので、ちょっと気をつけて入らないとなりません。





ゴールフォートでかいた汗はここで流す





つくしも入る(ジャイアントババの後姿に似ている・・・





も遊ぶ




 せっかく、遠路遥々来たのにもかかわらず、日帰りと言う設定なので、このビーチにたった1時間しか滞在できませんでした・・・。いつも、ここに来る時は、必ず泊まります。この辺はニゴンボに比べて、宿泊代が安いのです。観光客もニゴンボに比べたらとても少なく、リゾート開発されていないので、ローカルの雰囲気も残ったままです。つくしも「泊まればよかった・・・」と残念がっていました。(あんたが、ヤダって言ったから、日帰りにしたんだよ・・・
 そして、私達は4時間掛けて、ニゴンボに戻りました。。。




そして、夕飯は・・・





スリランカ風フィッシュ&チップス 350ルピー(約280円)




トマトサラダ140ルピー(約112円)、春巻250ルピー(約200円)

つくしがビールを2本飲んだのに、会計が1本分でラッキーッ




つくしのスリランカ好感度 40%  ゴールフォートやビーチは良かったが、殆ど1日中車に乗っていた。ドライバーの運転が危険すぐに急ブレーキを踏む
コメント (2)

スリランカ Day9その1

2009-02-20 18:10:39 | スリランカ
 この日は私達の滞在地(ニゴンボ)から、車で片道約4時間の所にある、スリランカ南部のゴールフォートとウナワトゥナビーチに日帰りで行って来ました
 交通手段はタクシー貸切です。一日貸切で7500ルピー(約6000円)です。私としては、普通にバスで行って、ウナワトゥナに1泊したかったのですが(いつもはそうしています)、なんせ、つくしがスリランカのバスが嫌い、ニゴンボ以外の場所には泊まりたくないとの事なので、仕方なく、タクシーで日帰りです・・・。あ~勿体無い・・・




こちら、カルタラにある有名なお寺





ヒッカドゥワで少し休憩





その休憩中に発見





4年前の津波で破壊された家(車の中から窓越しに撮ったので、色が変です





ゴールフォート内にいた牛(撮影つくし






ゴールフォート内にある教会





こちらは・・・、あれっ?教会だったかお寺だったか忘れてしまいました・・・





こちらは何百年もの昔の植民地時代から残されている鐘





こちらは警察だったかな?





あれっこっちだったかな?(スミマセン・・・)。とにかく、ここのゴールフォート内は、オランダの植民地時代の建物や雰囲気が今でも残っているのです。スリランカでありながら、別の世界を感じられます





そして、そして、私の大好きなスリランカの大木





本当に大きくて、この様な大木がこの場所には10本くらいあります。日中、外はとても暑いのですが、この木の下はとても爽やかで気持ちが良いのです。私はこの木、この場所がとても好きです。スリランカで悲しい事があった時に、この場所に来たら、気持ちが晴れました。とても不思議な場所です。でも、とても魅力的な場所でもあり、それ以来、スリランカに来たら、必ず立ち寄っています。木には不思議な力があるのだと感じました



とりあえず、今日はここまでにしておきます。
コメント (4)

スリランカ Day8

2009-02-18 18:25:23 | スリランカ
 この日は、別のホテルのプールを利用しに行きました。私達のホテルにもプールはあるのですが、私はThe Beach Hotelのプールが好きで、スリランカへ行くと、必ず利用します。本当はこのホテルにも泊まりたいのですが、ニゴンボで一番、群を抜いて高いので(1泊$250~)、いつか、つくしの宝くじが当たったら、泊まろうと思います




こちらは、私達のホテルのプール






そして、こちらが私のお気に入りのプール使用料750ルピー(約600円)






小さいプールもあります






外人のくせに、日焼けが嫌いなつくし・・・。木陰とパラソルの下でダブルブロックしかし、あなたの顔は長年のビールの飲み過ぎで、既に赤く焼けている・・・






そして、木の隙間にこんな物が・・・(撮影つくし)



夕方になり、自分達のホテルへ戻りました






部屋のベッドにはこんな施しが・・・
つくし 「別にこんな事しなくていいのに・・・。普通でいいのに・・・」。彼はどうやら、スリランカの全てに対して腹が立っているらしい・・・




そして、夕飯は・・・





私の大好物デビルドカトルフィッシュ500ルピー(約400円)





エビのフライとガーリックマヨネーズ(スリランカ風)&ポテトフライ 600ルピー(約480円)

今回は、いつも私達が行っているパブで食べました



つくしのスリランカ好感度 60%  素敵なプールでノンビリ過ごせた。危険を感じなかった。
コメント

スリランカ Day7 

2009-02-16 19:03:36 | スリランカ
 いつも寝坊をしている私達ですが、この日は早めに起きて、ニゴンボのフィッシュマーケットへ行きました



漁師さんの船(こんな船で、よく魚とれるなぁ・・・





少年の様なつくし・・・






そして、歩くこと約1時間、マーケット発見でも、ここはベジタブルマーケットでした






日本の野菜と比べると、大きいです。でも、味は日本の方が美味しいと思います





左側はバナナ屋さんです。日本で売られている物よりも小さいですが、味は抜群枝ごと売られています。






そして、遂にフィッシュマーケットを発見マーケットで買った魚をこんな所でさばいているオバチャン達




そして、嫌な予感が・・・




このおっちゃん、私たちに流暢な英語で話し掛けて来ました(普通の漁師さんは殆ど英語が出来ません)。なんでも、自分の英語学習の為に、観光客には色々説明してあげたいとか・・・。おっちゃん曰く、英語が話せれば、ホテルやレストランや、もっと良い仕事に就けると言うのです。だから、自分はここに来た観光客と英語で話し、練習をしているというのです。
私は「うさん臭い、このオヤジ」と思いましたが、つくしが一生懸命、オヤジの説明を聞いていたので、仕方なく私もついて行きました・・・。





こんな炎天下で売られている魚、大丈夫か





私の大好物
いか






マーケットはいつも賑わっています





そして、マーケットを一通り見たところで、つくしが気を利かしてチップを渡そうとした所、なんと、このオヤジ「チップはいらない。自分はここでこうやって、英語を練習しているから、それで十分。」と言うではないか
私「信じられない、スリランカ人なのに・・・。オヤジ、侮ってゴメン・・・」と思いきや、つくしが「本当にいいの?」と言って、お金をしまおうとしたら、
オヤジ「あっ、そこに1000ルピー(約800円)札あるよねそれで良いよ
つくし「これはダメ
オヤジ「1000ルピーなんて、たったの7ポンド安い安い
 ちなみに、7ポンドは私には決して安くはありません。7ポンドと言ったら、イングランドの私の住んでいる地域のレストランでのランチの相場です。
つくし「絶対にこれはダメ帰りのタクシー代だからダメ」と言って、強引に小銭だけ渡して、私達はそこを去りました。
 その後、つくしの機嫌が悪くなったのは言うまでもありません・・・。


 そして、午後は私の大好きなアーユルベーダーセンターにフルボディーマッサージを受けに行きました



こちらが、アールルベーダセンター
フルボディーマッサージ70分で2100ルピー(約1680円)





部屋へ戻ったら、シーツにこんな施しがされていました



そして、夕飯は・・・





エビのガーリックバター炒めとフライトポテト 500ルピー(約400円)





鶏肉のガーリックバター炒め 350ルピー(約300円)



そして、食事の後は、定番のロデオパブへ・・・



つくしのスリランカ好感度 40%   インチキフィッシャーマンに腹が立った

コメント (3)

スリランカ Day6

2009-02-13 18:56:32 | スリランカ
 この日はニゴンボタウンへ買い物へ行きました




お馴染みのニゴンボタウン






トラクターの荷台に人が乗っているのが、つくしには面白かったようです






こちらは屋内マーケット





スリランカの電車。とてもゆっくり走ります





そして、つくしは、このバイクに乗りながら日傘を差す姿も、かなり気に入ったみたいでした




私達は昼過ぎにホテルに戻り、夕方まで寝ていました・・・





部屋からの夕日





とても素敵な夕暮れ




そして、夕飯は・・・





ピザ570ルピー(約456円)とミックスサラダ220ルピー(約176円)
ちなみにこれは2人分。十分にお腹一杯になります


この後はお馴染みのロディオパブへ行きました・・・




つくしの憩いの場、ロディオパブ



つくしのスリランカ好感度60%  暑い。街で暑い中歩き回ったが、スーパーでビールが買えた。変な奴がいなかった。
コメント (2)

スリランカ Day5 その2

2009-02-12 19:12:26 | スリランカ
 本日のメインイベントシーギリヤロック!

こちらは、1500年前、国王の息子がここへ逃げて来て、この岩の山頂で暮していたのです。(説明が出来なくてスミマセン







入り口に到着。ここら辺は赤土なのです。車が通った後は埃がすごいですが、ゴミが落ちていないので、景色は綺麗です






シーギリヤロックを背にして写真を撮っている間に、みんな行っちゃいました・・・






こんな、巨大な岩と岩の間に入り口が・・・






中腹からの眺め






こちらは中腹でお目見えする、シーギリヤレディの壁画です。





途中に広場があり、あとは一気にこの険しい、階段を上がります。






危険こんな所を登って行くのです。ちなみにつくしは高い所が苦手です。つくしに限らず、ほかのイギリス人も、高い所が苦手な人が多く、登るのに時間が掛かりました。






私は高い所はへっちゃらなので、余裕で景色の写真を撮っていました






ヤッター


バンザ~イ





山頂はこんな感じです。昔はここは宮殿だったのでしょう。






私達が通って来た道






なんと1500年前のプール



そして、少し休憩して、私達は帰りました。





恐る恐る階段を下るつくし・・・、何度も後ろから「わぁ~」と言ってやりました






そして、難所克服






そして、今回の1泊2日のツアーを共にした仲間達。あれっ?おかしいなぁ「なんで、お前が写っているんだよ!右端のスリランカ人!」この人は私達のガイドさんではありません。ガイドさんは今、写真を撮っています。
この、ピンクのシャツのスリランカ人は、ここら辺にいる、頼んでもいないのに、勝手に付いて来て、勝手にガイドをしてきて、最後にチップを請求する輩です。ちなみに、彼は何もしていないのに、つくしにチップを請求して来ました。そして、「お前、何もしてないじゃないかっ!」と強気で言い返していました。




そして、私達はシーギリヤを最後に、私達の1泊2日のツアーは無事、終了しました。最初はみんな、よそよそしい感じでしたが、最後は仲良くなって、みんなでバスの中で歌を歌ったりして、とても有意義なツアーでした




そして、夕飯は・・・





マンゴースムージー350ルピー(約280円)。これだけはい、これだけです。お昼ごはんが、食べ放題で、しかも、時間も2時くらいだったので、お腹が空いていませんでした。ホテルに到着したのも、午後9時近かったので、ホテルのビーチバーでマンゴースムージーを飲んで終わりです





つくしのスリランカ好感度70%   とにかくシーギリヤに感動した変な輩がいたが、そんなのはどうでもいい。
コメント (3)

スリランカ Day5 その1

2009-02-11 23:30:53 | スリランカ
 キンディにある、まだ新しくて綺麗だが、お湯が出ないホテルに1泊しました。ホテルの名前は忘れました


キャンディの朝(ホテルからの眺め)


ちゃっちゃっと朝食を済ませ、午前7時には出発です。次の目的地は木彫り工場(英語名忘れました。私が勝手に木彫り工場と呼んでいます)。工場と言っても、大半は手作業です。とても素敵な作品の数々・・・。




こちらはこれからテーブルになります





椅子の背もたれ。よっかかれませんね~





私が一番すごいと思ったのがこちら。これもこれからテーブルになるそうです。そして、この絵の具は天然素材の物で色あせないとの事です

 職人さんの作業現場を見た後は、これらが売られている店内へ連れて行かれ、店内に入ったとたん、一組に1人の店員がぴったりと付いてきました!
 店員はあーだこーだ色々説明をしてくれるのですが、肝心の値段が、どの商品にも掲示されていないのです「でた!スリランカ人!と思いました。きっと、べらぼうに高いのです・・・。
 結局、私達は一度も値段を聞かずに店を出ました。ちなみに同じツアーの人が、私のお気に入りのテーブル(画像3枚目、正確には4枚目)の値段を聞いたら、「約60万円」と言われたそうです



 そして、私達はダンブッラにある有名なお寺へ行きました。(日本名は石窟寺とかそんな感じだったと思います


 


こちらは、移動途中に発見したお寺





そして、こちらがそのお寺です。岩の中にあるお寺なのです





中はこんな感じです。全部で5室あります。





寝仏。スリランカでは良く見掛ます。





とにかく、仏様がいっぱい100体以上あるでしょう。


そして、昼食を取り、次の目的地シーギリヤへ・・・。




この頂上に登るのです



また、長くなるので、今日はこの辺で・・・
コメント (3)

スリランカ Day4 その2

2009-02-09 19:46:01 | スリランカ
 スリランカDay4の続きです。 
 紅茶工場の後はキャンディでも有名な植物園(有名なのに名前を忘れました)へ行きました



こちらの木はこの植物園の中でも有名で、「この~木、なんの木、気になる木~」と同じ種類の木で、アジア圏内では一番大きな木だそうです。
何本かの木が集まっているように見えますが、実はたった1本の木なのです





この木の下はこんな感じです




この木、大丈夫か





幹に大きな実が付いた変わった木





木の幹の一部なのか、根っこなのか、とにかく、こちらも変わっていました





正面から見ると、こんな感じです




そして、色々な蘭がある温室へ行きました。




名前が分りません。。。

こちらも、分りません・・・

こちらもです・・・

そして、こちらも。。。蘭です



どれも綺麗ですね~。ちなみに、写真を撮ったのはつくしです。母親に見せたいそうです。これでも、ほんの一部です




ジャックフルーツ結構、美味しいですよ



植物園の後は、昼食を取り、キャンディの有名なお寺へ。(日本名は仏歯寺だった気がします・・・






ここはお寺に入り口です。これ以上先で写真を撮るのは有料らしいです(ケチ!)。なので、中の写真はありません。あれ~私達の方がケチなのかなぁ?ちなみに、ここは文字通り、仏様の歯が祀られているのですが、一般公開はしていません



そして、



 ここを観光中に、つくしがますますスリランカを嫌いになるような出来事が起こりました
 私が説明文を一生懸命読んでいた時に、1人のスリランカ人(男)が私に声を掛けてきました(その時、つくしは既に読み終えて、別の場所にいました)。私はこういう輩(やから)が大嫌い!なので、非常に素っ気無い態度を取り、説明も読み終えないまま、つくしの方へ急いで行きました。
 それでも、その男は私達に付いて来て、「○子、これはこういう事なんだよ」みたいに、いちいち説明してくれるのです。ことあるごとに私の名前を呼び、彼の中で、つくしの存在は完全に抹消されていました
 そして、やっと出口に辿り着き、「ここでさらばじゃ~」と思ったら、その男、「○子と一緒の写真を撮って下さい」と言って、自分の携帯をつくしに渡していました。つくしもお人好しなので、していました・・・
 勿論、その後、つくしはご機嫌ななめでした・・・
 みなさん、勘違いしないで下さい!決して、モテているのではありません!スリランカ、特に観光地にはこういう輩が多いのです。全てとは言いませんが、彼らの目的はお金です!なので、声を掛けられたら、まずは疑って掛かるのが懸命だと思います。人を信じられないと言う事は悲しい事ですけどね・・・



気を取り直して、


キャンディレイク






そして、お寺の後は、この地方に伝わる、キァンディアンダンスを見に行きました





もう、この時で既に夕方5時半、こんなのが延々、1時間半も続くのです





スミマセン、私、寝ていました・・・。(撮影 つくし)






そして、こちらは一番の見せ場の火渡りです。写真だと分りませんが、火の点いた炭の上を余裕の表情で歩いていました。



そして、午後7時、ようやく1日目のツアーが終わりました。疲れた~





イライラを静めるために、ホテルのバーに直行したつくし。本来は薄暗いのですが、フラッシュでこんなに明るくなってしまいました・・・




そして、夕飯は・・・






食べ放題でした





つくしのスリランカ好感度20%
理由 お寺で私が変な奴に捕まった。ホテルのシャワーが水だった。とても疲れた。
コメント (2)