イングランドの片田舎から独り言

イングランドでの生活を始めた記念として、ブログに日々の生活や思いを書き留めていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

英語恐怖症

2007-10-31 18:18:15 | English
 私はイングランドに住んでいるのにもかかわらず、英語が苦手です彼(つくし)や彼の友達と話すのは構いません。しかし、一歩外に出て、街に行った時が問題です。自分から質問するのは構いません。しかし、突然予想もしていない事を言われるともう、私の英語脳がいっぱいいっぱいになるのです。と言うのも、イングリッシュは用件や趣旨だけを言うのではなく、それに関する事(前置き)を長々と言うのです。そして、こっちが質問しているのに逆に質問されたりします。それが全て理解出来て、私もサラッと英語が出てくれば問題ないのですが、まだまだ未熟なのでそうは行きません。「もう、英語分らないんだから、話し掛けないで」と思ってしまいます。
 一番苦手なのは電話です。どうしても電話をしないといけない時は最初に「英語が苦手なのでゆっくり言ってもらえますか?」と断ってから本題に入ります。あ~情けない・・・
 こんな私の英語も1年前に比べたら遥かにマシなのに1年前より自信を失っていますスリランカにいた時に全然喋れないくせにヨーロピアンにやたらと話しかけていた頃が懐かしいです
 ちなみに私は自分より英語が出来ない人をこの国で見た事がありません
コメント

手巻き寿司

2007-10-30 23:31:41 | 料理
 我が家ではよく手巻き寿司をやります。だって、美味しいし、手間もかからないし、彼(つくし)も私も大好きだから


と言っても刺身は残念ながら手に入りませんでも、全然この材料で行けるのです
 
 この日の手巻き寿司は具が豊富でスモークサーモン、鮭フレーク(日本から持参)、茹でエビ、きゅうり、卵、コールスローサラダ、コーン、椎茸(乾燥椎茸を甘辛く煮た物)、ねぎ、しそ(我が家で栽培している)、アボカド、こんな感じです。勿論、米は私が日本から持参した純日本米。のりも日本で売っているの物の方が美味しくて安いのでそれを使います。材料代も1000円弱で済みます。しかも、たらふく食べられて、残った物は翌日のつくしのお弁当になります(会社の仲間には奇妙なものを食べていると言われているそうですフンッ失敬な)。つくしはバリバリのイギリス人にもかかわらず、ワサビが大好きで、塗り忘れると一度巻いた物でも開いて塗ります
 日本で食べる手巻き寿司も好きですが、イングランドで食べる手巻き寿司の方が何故か好きです。とても美味しく感じます
 日本のお米は本当に美味しいですね。こっちで生活している私には高級食材です。手巻き寿司の時にしか食べられません

 
コメント (2)

行きたい所

2007-10-29 23:57:02 | スリランカ
 それはスリランカです。昨日、私の友人(Mai Style のオーナー)のブログを見ていたらスリランカネタが今年の4月に行ったばかりなのにもう行きたくて仕方ありません。行ったら行ったで別にどって事無いんですけどねしかも、蚊に刺されまくって、汗かきまくって、人懐っこ過ぎるスリランカ人にイライラし、良いとこ無いじゃんと思うのですが、何故か惹かれます。しかし、何故あの人たちはヨーロピアンの女性には声を掛けないのでしょう?
 イングランドでも同じです。ヨーロピアン(イタリアンを除く)は声は掛けてきませんが、東南アジア、中近東系は声を掛けてきます。私が日本人だと分ると一層激しくなりますそして、しまいには私がこうなります。これって、私の何処かに彼らに対する偏見があるからなのでしょうか?

 そう、そう、行きたい所、それはスリランカです。せっかくイングランドに居るのだから、もっとヨーロッパ各地を・・・と沢山の人に言われますが興味がありません。ネットでスリランカ行きと東京行きの航空券をよく探していますが、驚く事にスリランカを経由して東京に行くルートが一番安くて往復約8万円。ただのスリランカ行きのほうが往復約9万円。同じスリランカンエアですよどうなっているんですかねぇ?スリランカも日本も私の行きたい国です。でも、同時に行くのはいやだなぁ・・・
コメント (3)

暖炉

2007-10-28 20:34:33 | England
 待ってました遂に我が家も暖かくなります本日、ストーブ設置


今までは何もない暖炉。たまに物置場所として使われていました


彼(つくし)の友達2人がストーブ設置の手伝いに来てくれました。まずは屋根に上って煙突をチェック。そして煙突の中にある古いアルミの筒を取り除きます


これは取り除いた後。つくしも頑張って手伝っています


そして、次は新しい筒を煙突に入れます。長さ10メートルあるそうです


こうやって筒を煙突の中に入れて行きます


大変な作業です。この友達は暖炉・ストーブ設置の職人なので大半の事は彼がやってくれました。本当にありがたいです


そして、ストーブ設置


完了もう、これでぬくぬくと思ったら、部屋が暖まるまでは相当時間がかかるみたいですでも、無いよりは全然マシ!これで焼き芋とかやっちゃお~
 そして、昨日でサマータイムも終わり、今日から日本との時間差は9時間になりました。一体、サマータイムとはなんなんだ
コメント (2)

早過ぎる帰宅

2007-10-26 22:22:16 | 
 日中は大体、英語の勉強もせずに私は2階にある作業部屋(勝手に自分の部屋にしました)でラジオを聴きながらビーズをやっています。突然「Hello」と言う彼(つくし)の声が聞こえ、こんな感じでした。時間はまだ昼の12時半。
 「何でこんな早いの?」と尋ねた所、今日は5時間仕事をしたから帰ってきたと言う訳です。確かに今朝は6時前に会社へ行きました。「たった5時間もっと働け」と言いたい所ですが、ここはイングランド、日本ではない、しかも私はつくしに養ってもらいっていると言う訳で、何も言いませんでした
 いつもは帰って来て、テレビを見ながらビスケットをバリバリ食べるつくしですが、今日は薪割りを始めました。そう、我が家の暖炉は2,3日中に稼働予定なのです

この薪で年内いっぱいは持つそうです

 つくしもたまには使えるじゃんと思ってしまいました。ちなみに私はつくしの1000倍使えません。一人で留守番が出来るレベルです。でも、電話には出れません
コメント (2)

ソールズベリー(Salisbury)

2007-10-25 23:21:56 | 趣味
 最近、晴天が続いているので日帰りでソールズベリーと言う街にバスで行ってきました。物価の高いイングランドにもお得なものがいくつかあり、バスの1日乗車券がその一つです。日本円で約1500円位で乗り継ぎさえ良ければかなり遠くまでいけます。私はただボーっと外を見ているのが大好きです。それに私の隣の席はよっぽど混まない限り埋まらないのです。実は私にとってそれも嬉しいのです。何故って?そりゃ、怪しいアジア人だから

 我が町から1時間に1本のバース(Bath)行きのバスに乗って約40分掛けてバースに行きます。

 ラッキーっ今日のバスはダブルデッカー(二階建て)。しかも、運転手のおじさんも感じが良く「寒かったでしょ?バスの中は暖かいからもう大丈夫だよ」てな感じで話し掛けてくれました。しかし、私は乗客も少ないのでバースまで2階の一番前の席に座りました。


うわ~ッ、いなかだ~でも景色が本当に綺麗


遠くに見えるのは雲海?まるで雲の上


バースでソールズベリー行きのバスに乗り換え、2時間20分のバスの旅遠くに見えるのはバース市街


ソールズベリー近辺の家。石とレンガが使われています。ちなみに築150年です


この家は屋根が藁葺きなのです。勿論、旧式の屋根です。とっても可愛いのでバスの中から急遽写真を撮りました


バースから2時間20分。やっとソールズベリーに到着


ソールズベリーは古い建物と小さなお店が沢山あって、とても可愛い町なので私はしばしば訪れます。別に何をするという訳でもなく、ただ、街をブラブラするのです


せっかくなので、この街で有名な観光スポットの大聖堂まで行ってみました


中には入りませんでした。だって、前に入った事あるから・・・


小川があり、周りにはパブやカフェがあって素敵なのです


そして、友達にハガキを書きながらカフェで休憩。ちなみにこのカプチーノ約500円です

 他にも私のお気に入りのレッドライオンと言うホテルがあります。いつもはそこでコーヒーを飲むのですが、今回は時間がなくて行けませんでした。ちなみにそのホテルの創業は1200年代です。ホテルの内装が本当に素敵です。でも、写真を撮るのは難しいかもしれません
 そして、また私は同じルートで帰りました。午後4時にソールズベリーを発ち、家に着いたのは7時半でした。実は我が家からで行けば1時間位で行けるのです(但し、つくしの猛スピード運転)が、私はバス旅が大好きなので、何時間かかっても気にならないのです。でも、流石にこの日は疲れましたsalisbury
コメント (4)

金持ちの母

2007-10-24 23:01:26 | つくし母
 今日は彼(つくし)の母がまた突如現れた。しかも、私が歯を磨いている時に。先日、つくしが母親から家具をもらって、その家具の扉の鍵を届けてくれたのです。軽く会話をして、今回はちゃんとお茶も勧めましたが、すぐに買い物に行くというので行ってしまいました。
 我が家にある家具の殆どがつくし母の家から来た物で、つくしの車も母親からのお下がりです。
 ちなみにつくし母はとてもお金持ち。自宅の庭は広大で手入れが行き届き、噴水、池、プールまであります。(いつか写真撮ります)。でも、つくしは庶民です。つくし母はつくし父と離婚後、お金持ちの方と巡り合い、再婚されたのです。それを聞いた時、「この国にはそういう方法もあるのか」と納得してしまいました(チョッと違う
 そう、イングランドでは離婚は普通なのです。勿論、籍を入れない事実婚も普通。実はつくしもバツ一で子供が2人(奥さん側)でも、子供は毎週末、我が家に泊まりに来ます。
 離婚が普通と言う感覚は日本人の私にとってはどうかと思いますが、いくつになっても恋愛を楽しむと言う気持ちはとても素敵だと思います。ちなみにつくしの離婚理由は「もう、お互いに好きじゃなくなったから」だそうです。日本人の皆さん、どう思います
コメント (2)

マッシュルームハンター

2007-10-23 22:24:12 | England
 彼(つくし)が友達と近所の原っぱにキノコ狩りに行くと言うので付いて行きました


 そう、我が家には何冊かキノコの本がありますが、いくら安全だと言われても私は野原から採ったキノコは食べたくありません


 こんなの怪し過ぎる~

 結局、1時間半位探しましたが、私が寒さに耐えられなくなり、殆ど収穫もなく引き揚げました。収穫したキノコの写真を撮りたかったのですが、あまりにもショボイので止めました
コメント (2)

近所迷惑

2007-10-22 23:42:42 | England
 20日(土)の夜はイングランドはかなり盛り上がっていた。なぜなら、ラグビーのワールドカップの決勝戦だったからである。2週間前の準々決勝でオーストラリアを破ったのはラッキーだったらしく、1週間前の準決勝でフランスを破った事は軌跡だったらしい。そのせいで?私のCar Boots Sale(フリマ)も本来ならば土曜日にやるはずだったのに、その日の夜にラグビーがあるからと言って、日曜日にされたのである。「フリマなんて日中なんだから、別にいいじゃん」と思ったのですが、ドライバーはつくし(彼)なので何も言えません
 そして、20日(土)の夜、いつものパブに観戦に行きました。いつもは10人位しか客がいないパブも、この日は50人位いました。イングランド南アフリカしかし、皆の願いも空しく、イングランドは負けてしまいました。でも決勝まで来れたんだから、いいじゃない
 そして、酔っ払ったまま帰宅した私達はHome Clubbingと称して、家に着くなり、大音量でダンスミュージックをかけて踊り出しました。そう、我が家はいわゆる長屋です。両隣には住人がいますがお構いなし。でも、もしかすると、これってこの国では普通なのかも知れません。テレビもかなりの大音量だし、バンドの練習も家でやるし、日本では考えられませんが・・・
 酔っている時に大音量で音楽を聞くと本当に気持ちがいい~
コメント

近所

2007-10-20 22:44:20 | England
最近、毎日晴天なので近所の写真を撮ってみました


家から徒歩1分


徒歩2分。人懐っこいヤギ達。専ら、餌が目的です


徒歩3分。ただの野原ですが本当に綺麗


そして、我が家コテージ(cottage)と言って、いわゆる長屋ですが、イングランドではこのタイプが主流。ちなみにこの家は築110年位との事ですが、この国では全然古くないのです。彼の友達の家は築200年。いつも行くパブは築300年。何百年も昔の建物を今の暮らしに普通に使っている事に私は感動します
コメント (4)