イングランドの片田舎から独り言

イングランドでの生活を始めた記念として、ブログに日々の生活や思いを書き留めていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

男のパン

2011-11-20 19:11:52 | 料理
 先日行った、コッツォルズにあるオーガニックショップで、つくし(旦那)はパンを買いました。値段は安くはありませんでしたが、やはり、美味しいパンで、それに感化されたのか、突然、パンを作ってくれる事になりました





スリランカで購入のゾウの絵が入ったTシャツを着て、パンに練り込む具材を細かく切っているつくし。







どうも、2個作るらしい・・・。






具はドライトマト、オリーブ、あと何か・・・。






焼きたてのパンはとても美味しかったです。






こちらは、パウンドケーキに見えますが、実は、カボチャパン。今年、我が家の庭で育ったカボチャを使い、パン生地に練り込みました。でも、結構甘くて、パンプキンパウンドケーキという感じでした。


 つくしさん、パンを作るのはいいのですが、自分も消費して下さい。1人ではこんなに食べられません。
 この人、作るだけ作って、自分はあまり食べないのです・・・。
コメント

男のケーキ

2011-09-28 14:10:03 | 料理
 つくし母(義母)から、洋ナシを大量に頂き、頑張って毎日3個くらいは食べていたのですが、正直、消費に困っていました。
 そこで、我が夫つくしが洋ナシとブラックベリーのケーキを作ってくれる事になりました。
 イギリスのケーキは日本にケーキの様に可愛らしい物ではありません。いわゆる、スポンジケーキです。でも、子供の頃から、母親がケーキを作る姿を見てきているイギリス人男性、大抵の人がケーキを作れるらしいです
 すみません、私、女なのにケーキ作れません・・・。





下ごしらえをしているつくしのおっちゃん






日本にはブラックベリーはあるのかな?この時期、ブラックベリーはそこら辺の道や草むらに、いくらでもなっています。これは、適当にそこら辺で摘んできた物です。






洋ナシが赤くなっているのは、ブラックベリーの色です。ブラックベリーは甘味が少なく、酸っぱいので、甘いスポンジケーキと洋ナシと、とてもよく合い、素朴ながらもとても美味しく頂きました。つくしのおっちゃん、ありがとう!
でも、ケーキって、本当に砂糖とバターを大量に使用します。
コメント (2)

魚屋

2010-04-19 03:08:24 | 料理
 今月はつくし(旦那)の誕生日なので、珍しく、レストランへ行きました。私達は本当に外食しないんですよ~。と言うか、する所が無い・・・。 
 今回はつくしのバースデーディナーと言う事で、私のおごりですしかも、つくしからもらっているお小遣いで


 今回のレストランは、バースの街中にある唯一の魚屋さんに併設されているレストランなのです。ず~~~っと前から気になっていたレストランです。






こちらが魚屋さん。夕方6時を過ぎると殆どのお店が閉まるので、人通りはめっきり減ります。(日本と大違いです






魚屋さんの前では、いつも誰かが覗いています。






だって、こんなに新鮮味溢れていて、美味しそうなんだもん





そして、レストランへ・・・







こちらは、私とつくしが頼んだスターターのフィッシュケーキです。「えっ?フィッシュケーキ?と言う感じですが、ただのコロッケにツナが入った物が「フィッシュケーキ」なのです。「ツナコロッケ」ですね。でも、ここのレストランはツナではなく、ほんの少しの鮭フレークでした・・・。






こちら、つくしが頼んだメインの、マッシュポテトの上に焼き魚(スズキ)が乗った物。オリーブオイルとパセリで、なかなか美味しそうに見えますが、実はイマイチだったそうです・・・。






こちらは私のメインの魚介スパゲティー
しかし、麺は茹で過ぎだし、味が・・・、良く言えば「素材の味」・・・と言うか、もっと、味付けしようよ! 私が作った方が絶対に美味しい






デザートのベイクドチョコレート
チョコレートのスポンジケーキの中にアツアツのチョコレートが入っています。しかし、案の定?私には甘過ぎて、半分しか食べられませんでした。残りの半分はつくしが喜んで食べていました。流石、甘党イギリス人
私はこの国では滅多にケーキを食べません。だって、涙が出るくらい甘いんだもん・・・。だから、みんなブクブク膨らむのね~




と言う訳で、せっかくのバースデーディナーもイマイチでした
素朴な疑問。このレストラン、この味でよく営業して行けているよな~







こちらはその翌日の夕飯のイギリス名物 フィッシュ&チップス。こっちの方が何倍も美味しかった(体に悪そうですが・・・

コメント (3)

ご褒美

2010-02-27 00:53:42 | 料理

こちらのステーキセットはLife in the U.K.のテストに合格したご褒美です。
えっ、こんなんで良いのと思われる方、いらっしゃるかもしれませんが、特に欲しい物もないし、今後、永住権の申請にもお金がかかるし、日本に里帰りするのにもお金がかかるし、節約です
ちなみに、こちらは1人前。写真だと小さく見えるかも知れませんが、とんでもない、お肉は200g弱あり、ポテトも食べ切れない程山盛りです。そして、金額は、こちらの料理2人前にボトルワイン1本付きで、ナント、たったの約2500円
つくしよ、安上がりの妻で良かったね~(なんちゃってー
コメント (2)

ヤマウズラ

2009-01-09 18:43:23 | 料理
 前回のキジに引き続き、今回はヤマウズラ(辞書で調べました)を獲得しました




こうやって、寒い所に2週間くらい干しておきます。我が家の場合は玄関に置いておきます
そして、つくし(旦那)がさばいて、その肉でスープを作りました。(つくしが全てやってくれました




ヤマウズラスープの出来上がりです肉自体の味は、良く分りません・・・。鳥の胸肉と同じですかね・・・。クセはありません


キジや鹿やヤマウズラ・・・一体私は、何処で暮らして、何処の民族なのと思ってしまいます・・・。一方、つくしは「フリーフード」と言って喜んでいます・・・


コメント (5)

鹿カレー

2009-01-08 18:07:46 | 料理
 タイトルを見て、えっと思われるかもしれませんが、ここ、イングランドでは鹿の肉を食べるのは珍しい事ではありません。でも、クセがあるので、嫌いな人もいます。食感は牛肉をパサパサにした感じです。
 つくし(旦那)の友達が鹿の肉でカレーを作ったので、食べに行きました




こちらは、お友達の家のリビングにある、暖炉です。本来はこんなに明るくはありません。キャンドルの灯りだけです。素敵だったので、写真を撮ったら、フラッシュが点いてしまいました





テーブルも綺麗にセッティングされていたのですが、他の友達が来て、ぐちゃぐちゃに・・・





こちらが鹿カレー手前は付け合せの野菜です。カレーはスパイシーで、でもマイルドで、日本のカレーとは全然違います。肝心の鹿の肉はカレーで煮込まれたので、特にクセもなく、美味しく頂きました
コメント (3)

チキン丸焼き!

2008-12-12 19:37:22 | 料理

こちらのチキン、スーパーで半額で売られていたらしく、つくし(旦那)が買って来ました。結構安かったみたいで、これで700円くらいです勿論、調理をするのは、つくしです。(山田錦とか、ねり梅とか気にしないで下さい・・・






そして、ハーブやら、スパイスやら、色々ふりかけ、オーブンに入れて2時間半、こんがり焼き上がりました。上に乗っかっている、変なのはベーコンです。ベーコンを乗せて、チキンがパサパサになるのを防ぐらしいです。そして、チキンや野菜から出てきた、水分(エキス)にニンニクや、玉ネギのみじん切りに、バーターやオリーブオイルを入れて、グレイビーソースと言うのを作ります。勿論、つくしが作りました






上にかかっている、変な色のがグレイビーソースです。私にはちょっとオイリーなので、これに醤油を足すとです。
更に、食べる所の無くなったチキンで、スープも作れます。1羽で3,4日分の食事が出来ます。優れものですね
コメント (4)

刺身!

2008-11-28 19:00:48 | 料理

こちらは、つくし(旦那)がロンドンへ出張に行った時に買って来た、マグロとサーモンのお刺身です。両方で2500円くらいです。ちゃんと日本食材屋さんで買って来たので、見た目が日本風。ちゃんとワサビまで付いて・・・




そして、私は丼にして食べる方が好きなので、海鮮丼にしました。本当はイカやタコも欲しいですが、贅沢は言えません。これでも十分に贅沢なのです
コメント (2)

マッシュルームステーキ

2008-10-29 18:55:54 | 料理

これは、私の好物のつくし(旦那)スペシャルマッシュルームステーキです。旦那が作ります
この国には、日本の様に色々なキノコはありません。マッシュルームだけです大きなスーパーに行けば、少し種類もありますが、こんな片田舎ではマッシュルームくらいしか売っていません。が、サイズは色々ありますこれは、一番大きくて、かさの直径は10センチ強あります。勿論、肉厚です。傘の内側にトマトソースとチーズと松の実を入れて、オーブンで焼いて出来上がりです
コメント (2)

BBQ

2008-09-22 17:43:04 | 料理
イングランドでは、夏の天気の良い日にBBQをやります。普通は友達を呼んで、パーティーなのですが、夕飯を作る手間が省けるし、美味しいので、私は良く、つくし(旦那)と二人でBBQをします。まぁ、日本の鍋パーティーみたいなもんですね



炭に火が点くのを待っているつくし。カメラ目線は止めてください・・・








この人って、どうしてここまで写りたいのか、私には理解不能です
。誰か、彼を止めてください・・・。つくしの顔が変っ




気分を変えて・・・




この日の空です
コメント (3)