ウイアードでギークなブログ Weird and Geek Blog

バレーボール(女子中高生、リベロ)、横山ルリカ、中村麻里子、MG、その他気が向いたこと。

文章

2008年07月22日 20時23分11秒 | 読書

中国人作家として初--芥川賞の楊逸さん「受賞を機に日本にとけこんだよう」

私の知っている中国の人。
下手な日本人よりはるかに日本語が上手い。
特に書かせれば、自分の書いた日本語を恥ずかしくて見せられない。
何と言っても格調が高いのです。
「日本語はすばらしい。
尊敬語、丁寧語、謙譲語。
とってもいい言葉。
中国も秦の時代にはあった。」
って言われた私。
日本人として、穴があったら入りたい。

そのうち日本人が、中国の人に正しい日本語を教わる日も・・・・・・。
それ程遠い未来ではないのかもしれない。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« あきらめないと、何が違う。 | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事