ウイアードでギークなブログ Weird and Geek Blog

バレーボール(女子中高生、リベロ)、横山ルリカ、中村麻里子、MG、その他気が向いたこと。

沢村一樹さん、バレーボーラーだった。

2011年10月28日 09時13分24秒 | バレー一般 / Volley

身長があったので、エースだそうです。

サワムラ日記
沢村 一樹
小学館




大人気俳優・沢村一樹の「エロス」的自叙伝

『浅見光彦シリーズ』(TBS)の主役やバラエティ番組『ITSUZAI』(テレビ東京)のMCなどで活躍中の
二枚目俳優・沢村一樹の超セクスィーな自伝&エッセイ。第一章では、幼少期から俳優になるまでの
素顔を綴ると共に、二枚目俳優が持つもう一つの顔……“エロ男爵”のルーツも明かされます。
さらには、両親の離婚や女手一つで育ててくれた母への想いも告白! また、第二章では、沢村一樹の脳内を明かすべく、セクスィーエッセイを満載。
「ナ行へのこだわり」「チラ見テク」「セクシー語協会」「ホットパンツさん」とは!?
さらに、さらに! 巻頭カラーグラビアではセクスィーショットを大公開!
話題沸騰必至の執筆期間1年半に及ぶ超大作登場!?
内容(「BOOK」データベースより)
構想30年?執筆1年半!前代未聞のセクスィー自叙伝ついに発刊。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
沢村 一樹
1967年7月10日生まれ、鹿児島県出身。雑誌『メンズクラブ』の専属モデルを経て、『松田のドラマ』(’96年)で俳優デビュー。以降、『浅見光彦シリーズ』や『今週、妻が浮気します』『篤姫』など、ドラマ、映画に多数出演。バラエティや情報番組のMCとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




目次
1 映画少年、跳んで開いて(苺柄のぱんてぃ
少年は二度死ぬ!?
我が家の伝統行事
小学3年生での挫折
初恋の人 ほか)
2 エロ男爵、かく語りき(黒き花は永遠に枯れず
いつから…ですか?
力ずくで禁じる行為は愛情ではありません
相性抜群
パブロフの息子 ほか)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バレー一般 / Volley」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事