はむきちのいろいろ日記

映画・お芝居・ファッション・ペットなどなど

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ALWAYS 三丁目の夕日

2005-11-05 00:41:44 | 邦画
昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介。彼はひょんなことから、一杯飲み屋のおかみ・ヒロミのもとに連れてこられた身寄りのない少年・淳之介の世話をすることになるのだが…。


行ってきました~~~~~
本当にいい映画でした
「蝉しぐれ」ではあの時代の日本の良さがあありましたが、この昭和30年代の心温まる日本がありました
なんていい映画なんだ~
吉岡君のダメダメちゃんが愛おしい
怒りんぼうのお父さんツッツンもめちゃ愛があって最高ですほんまメロメロちゃんや~~~(爆)
とにかく、それぞれのキャラが立っていて最高でやんす
それでいて面白い
私めちゃ笑っちゃいました

ツッツンが登場した時に思わず手が危ない!!危ない!!でも心の中では手振ってました(爆)
だって~~~~っかっこいいんだも~~ん


ネタバレちゃんで~~~す鈴木オート(ミゼット)のつもり(爆)



「夕日町三丁目」のみなさんのそれぞれのお話であります。。
私が好きな話は、ツッツンの話かな・・テヘッ
ツッツンはめちゃ怒りんぼうなのであります。。
で、集団就職で東京に来た六子ちゃん・・そう「鈴木オート」で働くのでありますが、全然想像してたのと違うのだ~~
で、ある時、ツッツンとケンカ
で、ゴジラのように怒り出すツッツン
扉は壊すは、吉岡君は飛んじゃうわ大変な騒ぎ

思わず私・・ツッツン落ち着いて下され~~~私も薬師丸ひろこさんと一緒にツッツン止めてました(爆)
で、このケンカ「ウソ」を言ったか、どうかのケンカであります。。
六子ちゃんは何もウソは言ってなかったのだ~
謝るツッツン・・その言葉が良かった
「俺が悪かった。。俺も自動車会社ってウソのことを書いて・・。
本当は修理工場なのに・・でも俺はこれだけでは終わりたくない大きなビルチ゛ングだって夢じゃない・・自動車はこれから、ドンドンのびる産業だ。協力してくれるかな??」もうこの言葉ヤバかったですなんていい社長やねん私まで、宜しくお願いしますって言いそうになりました(爆)

他の話も最高です初めてTVが来た話の最高、めちゃ笑ちゃいました

この中の物語、一つ一つが心が温まるいい話です
吉岡君と淳之介の話・・泣きまくった!!
東京タワーがだんだん出来上がってくるところも最高です。。
ほんまハマリました

私・・この映画また見るだろうなぁ・・(爆)



10点満点中・・・10点で~~す





ジャンル:
ウェブログ
コメント (40)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オカンの携帯電話・・・ | トップ | 関西学院大学の学祭に行って... »
最近の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
10点満点♪ (しし)
2005-11-05 18:52:46
こんばんは♪



毎日、心待ちにしてましたよ、このネタ♪

って、毎日待ってても今日しかないんだよね(笑)



ほ~ぉ、そんなに良かったっすかぁ。。。

良いとは聞いてましたが、そんなに良いんじゃ行かない訳にはイカナイね。



30年代真っ只中に生まれた私としては、かなり感情がダブルんでしょうねぇ。。。



はむきちさんのコメント、いつも以上に気合が入ってるように感じたのは、

私だけではないハズ。。。(笑)



さて、いつ行けるかな???
こんばんは (あん)
2005-11-05 21:34:34
これ、かなり面白そう、というかノスタルジックな気分にひたれそうですね。見ようか迷ってるの。
はい!!10点です!!(爆) (はむきち)
2005-11-05 21:37:58
★ししさんへ

ししさんこんばんわです

心待ちにしてた「今日」がやっときました\(^o^)/

ししさん・・ツッツン点ほとんど入れてないですよ(爆)入ってるんかい(爆)

いや~・・本当にいい映画でした

この映画は見て欲しいです



>はむきちさんのコメント、いつも以上に気合が入ってるように感じたのは、

私だけではないハズ。。。(笑)

ドキッバレてる(爆)

ツッツンの映画ということで、やっぱり気合が入りました(爆)
良かったですよ!! (はむきち)
2005-11-05 21:40:26
★あんさんへ

あんさん・・コメント有難うです

本当にいい映画でした

夢がいっぱいあって・・人の優しさがいっぱいある最高の映画でした
おお~~~~~! (たまちゃん)
2005-11-05 22:51:19
もう行きよったんかい!って感じです(笑)



うわぁ~~~~ん、あたしも早く見に行きたいなぁ!

ウズウズ
よかったね!(*^-^)v (しんちゃん)
2005-11-06 00:00:45
 最高でした・・・



しかし・・・2回目は私を誘わないでね?(爆)

もう・・・暴走するあなたを私にはとめることはできません(爆)



 ちょうどはむきっちゃんのお母さんの青春時代の話だろうね・・・今度はお母さんと見に行ってごらん!

絶対「いい話」が聞けると思うよ
レスで~~す!! (はむきち)
2005-11-06 01:18:14
★たまちゃんへ

はいもう行っちゃいました(爆)

たまちゃん・・本当にいい映画でしたよ

見終わった時に何て温かい映画なんだって思いました!!

たまちゃんの感想待ってま~~~す







★しんちゃんへ

しんちゃん・・最高だったよね

何??しんちゃん??

>しかし・・・2回目は私を誘わないでね?(爆)

もう・・・暴走するあなたを私にはとめることはできません(爆)

しんちゃん・・大丈夫

3回目はしんちゃんに決定だから(爆)



二回目は・・あはははっ

水曜に見ることが決定したのだ~~~(爆)
今頃・・・ (おかん)
2005-11-06 10:34:30
スクリーンに向かって手を振っているのだろうなと思いながら

心の中でニタニタしながら昨日の昼間を過ごしていました。



私も早く観たいと心待ちにしていたのですが、

はむきっちゃんの感想を見たら益々観に行きたくなった

「ブラザーズグリム」とどっちにしようか迷っていたけど、

次の映画はこれに決定です

水曜の仕事帰りに時間帯が合えば観に行くことにします。
はじめまして! (ふくちゃん)
2005-11-06 11:15:54
TBさせていただきました!

この映画、ほんとによかったですね。

邦画でこんないい映画みたの久しぶりだったので、うれしくなりました。



はむきちさんの感想よんでいたら、またいろんなシーンがよみがえって、またみにいきたくなってきました
友達と (sabu)
2005-11-06 12:17:58
約束しました~♪

でも、ちょっと先になりそう。

おあずけされた…(T_T)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

47 トラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) 132分 (極私的映画論+α)
 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の
ふくちゃんの映画日記 その17 (ふくちゃんの懸賞日記)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、掘北真希 他 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、
ALWAYS 三丁目の夕日 (cococo)
ダイハツの「ミゼット」に乗ったことがあります。まだ現役で市内を走行している路面電
ALWAYS 三丁目の夕日 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。
あなたは、未来の指輪がみえますか? (こ・と・ば・言葉)
「ALWAYS 三丁目の夕日」、あの時代をリアルですごしているんだけど、なぜか、
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を観て来ました (しまりすのひとりごと)
ああ・・・覚悟していったのですが泣きまくり(笑 やっぱり皆様に迷惑をかけないように息を止めていたので 死ぬほど苦しかったです。 暖かいお話でしたね。 誰もが誰かのことを他人事と思えなかったり 必死に生きていこうとする、そういう暖かい思いがたくさんつまってまし
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----うわあ、なにこれ?東京タワーが壊れている。 しかもその前を路面電車が走っている? 「(笑)これはね。いまだに根強い人気を持つコミック 『三丁目の夕日』を実写映画化したものなんだ。 舞台が昭和33年。というわけでこれは建設中の東京タワー」 ----それって撮影が難
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
極楽浄土「ALWAYS 三丁目の夕日」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
昭和33年かあ・・・。 私は、まだ生まれておりません。 ウチの親が、ちょうどこの映画に出てくる子供ぐらいだったはずです。 「わたすは嘘吐きでねえだっ!{/ase/}」 いやあ、ポスター見て、「堤真一、小川直也みたいだよ・・・{/namida/}」 と思っていたんですけど、あれは
ALWAYS 三丁目の夕日 (そこで馬が走るかぎり)
舞台は昭和33年の東京 この年 東京タワーが完成します 「もはや戦後ではない」と言われた頃 青森から集団就職で六子(ムツコ)が 上京してくるところから物語は始まります  公式サイトはこちら     話の軸になるのは 茶川(吉岡秀隆)と淳之介(
『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ
ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]須賀くんと小清水くん。子役が光っていた (アロハ坊主の日がな一日)
[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]@吉祥寺で鑑賞。 「困った時に使ってね」って、あの文字は小学生にちゃん と読めたのか。ひらがなでよかったのでは。 でも、よかった。またまた感動してしまった。 昭和33年。東京タワーが建った年。 東京の夕日町三丁目には、個性的
ALWAYS 三丁目の夕日 (Akira\'s VOICE)
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
ALWAYS三丁目の夕日 (のんびりぐ~)
作品:ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 主演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、もたいまさこ 制作:2005年 日本 映画館 ALWAYS三丁目の夕日 携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 今年ももう
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
「ALWAYS三丁目の夕日」観賞 (Cafeアリス)
ALWAYS三丁目の夕日観賞しました~。 昭和33年の東京の下町を舞台に描かれたコミックを、映画化された作品。 建設途中の東京タワーは、どんどん出来上がっていき、最後には完成してましたね。 東京タワーが出来てから、47年経っていたんですね。 このコミ...
泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな.
ALWAYS 三丁目の夕日 (future world)
昭和33年、東京下町を舞台に繰り広げられる人情味溢れた物語~~ 邦画では久々に‘イイモン’観たって感じがする。 この時代はさすがにまだ生まれていなかったので「懐かしさ」こそあまり感じなかったが、あの‘東京タワー’が建設されるころ~~終戦から10年以上経て「.
ALWAYS 三丁目の夕日 (sabuのつれづれ)
           昭和33年。まだ建設中の東京タワーを望む下町に、集団就職でやってきた六子。 小さな自動車修理工場「鈴木オート」で、短気な社長と働き者の奥さん、そして彼らの息子、一平との生活が始まります。 鈴木オートの向かいに住むのは、つぶれかけた駄菓
ALWAYS 三丁目の夕日(吉岡秀隆主演)を観た (ASHの音楽&映画MANIAX)
ALWAYS 三丁目の夕日を観てきた。 昭和33年の東京。 裕福な生活を送れるわけでもなく、 大人も子供も同じように 何かを背負って生きていた時代の とても暖かい心のこもった映画で
映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 Always 三丁目の夕日を観た。 そういえば、家の前の道路は舗装されてなくて、通りから家の中までよく見えたな。 日中戸締まりしている家なんてなかった
映画「ALWAYS三丁目の夕日」を観ました! (  Katharsis☆Planet)
「ALWAYS三丁目の夕日」11月5日より、全国松竹・東急系にてロードショー夢と希望に満ちた下町ノスタルジック・ドラマシリーズの総発行部数が1400万部を記録する西岸良平のコミック、「三丁目の夕日」を、『リターナー』の山崎貴監督が映像化した。舞台は、建設中の東京タ...
『ALWAYS 3丁目の夕日』 (Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~)
♪タタタッタタ! タタタッタタ! タタタタタタッタ~ タタタタタタッタ~♪ (変な鼻歌でゴメンナサイ。m(_ _)m) 何故かサザエさんを思い出しちゃった。(笑)それよりちょっと前の話なのだけど…。 でもこのほんわか幸せな気持ちは、サザエさんに通じるものがる!? 『ALW
「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました!! (馬球1964)
前評判の高い映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。 この映画は小学館発行の「ビッグコミックオリジナル」に連載されている西岸良平氏の「三丁目の夕日」が原作です。実に32年にわたって連載されている超人気作品です。私も愛読していますが、ほのぼのしてくる漫画で
映画『ALWAYS三丁目の夕日』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
『ALWAYS~三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがない
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった
ALWAYS 三丁目の夕日 (DEKO-BLOG)
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやって
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (雑板屋)
氷屋の親父の悲しそうな表情ったら・・・。 冷蔵庫を購入した鈴木家に捨てられた粗大ゴミを眺める氷屋の親父の姿・・・。ああいうの、弱いなぁ~ ということで・・・。 高評価されている邦画なので、期待が高過ぎたのか物語の始まりは退屈で正直「はずしたか・・」と思.
ALWAYS 三丁目の夕日 (時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド)
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にや
ALWAYS 三丁目の夕日 (泥海ニ爆ゼル)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 今年映画館1本目の作品。誰かが観客の8割以上が最高点の評価を付けていたとか言ってた。何かの罠だろうと思っていたけど、多分大手の映画情報ページでも見たんだろう。Moviewalkerのレヴューなら大抵平均が高いからあまり当てにもならなさそうだし
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
【劇場映画】 ALWAYS 三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残
ALWAYS 三丁目の夕日 (Extremelife)
西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (東京ミュービー日記)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 今週末に広島出張を控え、バタバタです。 ? さて ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (la nourriture de l'esprit)
劇場で公開されている時。 あちこちのblogで感想を拝見し、 気になっていた作品。 昭和30年代の日本。 青森からの集団就職で1人の少女を受け入れた一家と 見ず知らずの少年を預かることになった青年。 向かい同士の2軒の家を中心に 高度経済成長期の日本 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (土曜の夜は・・・)
story 西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介 ...
ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!! (名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。