どんぐりはうす

ジャンガリアンハムスターの「ぐり」と「ぐら」と「ぷっち」の日常です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぐりが旅立ちました。

2014年07月24日 | ぐりとぐらとぷっち
6月1日

ぐりが旅立ちました。

だいぶ前に前ひだり足に腫れがあり、
病院にいきましたが、
2歳過ぎているため、
麻酔はかけられないので、
摘出はできないとのことでした。

腫れ物は歩行の邪魔になるくらいの大きさになり、
自分でかじって血だらけになってしまいました。
それでも、おおきなかさぶたになって
歩きずらそうにしていました。

だけど、本人は至って元気で、
食欲はあったので、
もりもり食べてました。


それからはだいぶがんばりました。


そして、6月1日、
夕方に旅立ちました。
その日は珍しく小屋から出ていて、
もしかして…という気持ちがありました。
足のかさぶたもおおきくとれていたので、
恐らくそれが致命傷になったのてしょう。

夕方には横たわり息が荒い感じでした。

水をあげたとき、
ペロペロと飲んでくれました。

その後、
次に覗いた時にはもう亡くなってました。

2年と5ヶ月でした。

ハムスターを初めてお迎えしたのが、
ぐりでした。

足が短くて、回し車を回すのが下手な個でした。
廊下でお散歩しても、手を差し伸べるとすぐ
登ってきてくれる子でした。

ぐりありがとうね。
お疲れ様でした。
最後の数ヶ月は回し車撤去してたから、
今頃たくさん回して走ってるかな?

自宅の庭にひまわりの種と一緒に
埋めました。

『小動物』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ぷっちの旅立ち | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ぐりとぐらとぷっち」カテゴリの最新記事