恋わんトロー

勝手気侭な日記です。
美輪明宏サマ,みっちー(及川光博),スガシカオ関連が中心。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アンミラ追録

2008年04月21日 13時51分07秒 | UNDER THE MIRRORBALL
・シカオショー「イジメテミタイ」にて
♪両手をゆわいて~
で、みっちーさんはなまめかしくそのジェスチャーをしていた
♪スタンドをつけて
では、一転、姿勢正しくジェスチャー(笑)

・ドンキのコスプレ事情にやたらくわしいシカオちゃん
棚の下方にあるのは安物。高い所に置いてあるものは、品物がよいとのこと。
(メイド用か?/うろ覚え)膨らんだスカートなどは、膨らませるパーツ(パニエ)部分が衣装本体とは別に作ってあり、けっこう凝った作りらしい。
……間違いなく、手に取って見てるね、シカオサン
コメント

「ひとりのビックショー」から「UNDER THE MIRRORBALL」へ。

2008年04月20日 11時32分12秒 | UNDER THE MIRRORBALL
やっとこさ、MIRRORBALLSとセッションについての回です。
あの日の興奮や臨場感を書き留めるには、時間が経ちすぎてますが、自分へのケジメのために書く(苦笑)

度々書きますが、UNDER THE MIRRORBALLの十日ほど前にシカオちゃんのイベントがあったのですよ。で、まさかの弾き語りライブさ。
「アンミラに向けて、バンドの暖まり具合はどうよ?!」くらいの期待感でもって待っていただけに、かなりガックシ。内容も内容だったのでねーー。(涙)
そのイベント後からアンミラ開催まで「アンミラでもまさかの弾き語りなの?どーするの?えぇ?どーなるの?」と、鬱鬱モードに突入。
マイナス妄想が得意なアタシ。そういうのもう止めなきゃなぁ(苦笑)

そんなんが尾を引いていたらしく、アンミラ当日みっちーショウの幕が開いた瞬間
「ああぁ!良かったちゃんとバンドが居るぅぅ!」と感激した自分が居ましたよ。←無意識に思い詰めてたらしい(笑)

シカオショウでもね、「2曲くらいかなー」の予想に反して、4曲もコラボ。しかも初めて聞くホーンアレンジ!準備期間てそんなになかったはずなのに、できちゃうんですね!
失礼ながら「プロの音楽家はすごい!」と単純に感心いたしましたです。


さて、ラストのセッションについて。
ステージの上、21人(笑)
そのうち金管楽器7本。ドラム2セット。見た目からすごい(笑)
“圧巻“と“熱狂“。これくらいしか書きようがないです。
みっちーさんはセッションの前に「ここからは楽しい音楽の時間です」とおっしゃいましたが、ステージのあっち側もこっち側も、音とリズムが渦巻いた楽しすぎる時間でした

<曲目>
Kickin' Back
I Got You (I Feel Good)

『Kickin' Back』では、ボーカルを回して歌ってたんだけど、りえさんがボーカルを担う場面もありましてね。
りえさん、熱唱!ですよ。のばした声と息が、続く続く(笑)
隣に居たシカオちゃんが「すげー!」みたいなリアクションをしていた風に見えましたよ(笑)
シカオちゃん、いいでしょう?このメンツ。またこのバンドで演るのもいいでしょ?
だから次回開催の折もぜひぜひ参加してくださいませ☆

シカオちゃんと言えば。『I Got You (I Feel Good)』ですよ。
フェイクをキメまくり。
「そぐぅ~っ そぐっ」はねぇ、あんだけ人数いても、鮮やかで、そこだけ急にピントが合ったように引きつけられましたね。チョーセクシーでした。
で、この二曲とも、音の締め&ポーズをみっちーさんがキメられましてね(笑)
いや、「フロントマン三人一緒に!」という話だったのを他の二人が花を持たせてくださったのかもしれませんが、とにかくみっちーさんが締められたんですわ
その光景自体は特に普段と変わらない感じでしたけれど、背景があのシチュエーションですとね
すんげー“俺が俺が”風味に見えてしまい、ほほえましかった(笑)
各ショーとショーの間に設けられたFM802 DJさんとのトークコーナーでは、進行役然と振る舞っておいでだったので、余計にね(笑)
アンミラ5回目くらいの時には、出演者みんなでみっちー風味のポーズでもキメていただけるんじゃないかと、勝手に想像(笑)
いやぁ、きっとね、このイベント実現の裏で、みっちーさんの人柄と努力に、まわりが動いたんだと、そういう感じがひしひしと伝わってきました。
とっても幸福な光景でした。
年に一度くらい開催できたらいいですね。
去年か、一昨年か、ツアーのMCで、どうして「ひとりのビックショー」をやらなくなったかを話してました。
言わずもがなですよ、だってあんたはもうひとりじゃないから。
それを体現したイベントだったと思いますよ。


この大阪遠征は、当初は諦めるつもりでしたよ。
だって、どうしてもお休みできない仕事が、開催週にぜったい入るのがわかっていたから。
日程がかぶらなくても、それが終わってからじゃないととても行けなかったし...。
準備して結局キャンセルすることになったら、ホテル、移動手段の処理は面倒だし、なにより落胆するのがイヤだから。
だから、”なによりお仕事が優先、遊びはあくまで余力で!”と、若干斜横にずらした理由づけで、諦めることにするつもりだったのですよ。
でもね~、何かが変りましたね。
ダメでもともと!努力と準備だけはしようよ!と、そんな気持ちが生まれてはじめて(笑)起きましたねぇ。
そして幸運なことに、実現できました。
幸運半分、あとは自分の念力の勝利だと勝手に確信しております(笑)
ええ、もう無理矢理「行けた☆楽しかった☆」って前提ですごしてましたからね。お仕事の日程が出るまでの3週間くらい....その気持ちをキープするのが辛かったです(苦笑)
どんどん好い事楽しい事を引き寄せて生きたいと思ってます、念力で(笑)

さて、GWは勢いでとってしまった、シカオライブですよ~。
3組の対バンなので、ゆるゆると楽しんでまいります。
今度はさすがにバンドつきの演奏だと思われます。
心配事が一つ。
きっと「イジメテミタイ」が物足りなく感じられるに決まっています(笑)←りえさんが居ないから
罪作りだUNDER THE MIRRORBALL。
次回はシカオちゃんがが歌う「Lazy」とか聞いてみたいぞ。

みっちー×シカオちゃんのハイブリッドマニアとしては、たまらない一夜でした。
例えるなら、牛丼とカレーの合がけ。オーサカモノレールも居たから、さらに豚カツがドーン!!
もう、おなかいっぱい。でも、お箸が止まらない。
来年もおかわり☆
コメント (1)

みっちーショウ@UNDER THE MIRRORBALL08

2008年04月14日 00時54分46秒 | UNDER THE MIRRORBALL
さーて
みっちーさんの回ですよー
もう二週間以上経つので忘れ気味ですが(笑)
参加された他の方のブログを読みつつ
「あー、あったあった」てな感じ書いていこうと思っております←(他力本願)

会場に入りますと、ミラーボールが三つぶら下がっておりましたねー。
舞台両脇には、七色の光線を放ちながらくるくる回るライト。
BGMも含め、「君こそスターだ!」ツアーの再演かのような雰囲気に、感無量。
手放しで好きだ、この手の雰囲気。←(無知故の貧弱な表現)

表面的にはそうでもなかったと思いますが、
(原因:ズラ装着済みで宿から会場まで徒歩で来たから…←→相方はノリノリ/笑)内的にすんごい盛り上がってたみたいですワタシ(笑)
入場後交換した缶酎ハイを、半分だけ飲むつもりが、結局全部飲みましたね(笑)
だって「そんな気分♪」だったんだもの☆アハ

<曲目>
FUNKASIA(SE)
背徳王子のテーマ
Shinin' Star
名器
Get Down To The Funk!!
Lazy
Funky 本気 Night
ポンズポンザーポンゼスト
Sparkling girl
求めすぎてる?僕<デラックス>

客電が落ち、青っぽい光の中『FUNKASIA』でメンバー入場。
「今日は踊り倒す!」と自分に宣言。
したらさ『背徳王子のテーマ』だよ(涙)
テンション上がるー!「男盛り」ツアー以来ですかね?このツアーは、大好きだったのですが、たしか1回だけの参加で、ファイナル公演にも行けず、思いの残るツアーだったもので...嬉しかったぁぁ。
衣装は、他の方のブログを読んで思い出そうとしますが…「ロングジャケットだなー」と思った記憶くらいしか思い出せない。
この日のみっちーさんについては、細部はあまり覚えてないなぁ。 
酔ってたのか?(笑)
しかしですね、
「みなさんお分かりのように、今日の僕はモチベーションが高いです!!」と、誇らし気でみるからにやる気満々!!のみっちーさんが、非常に印象深く脳裏に焼き付いております。
初っぱなに「ファンクは好きですか?」みたいなMCが確かあったのだけれど、
みっちーさんめがけての「イエー!」というより、
そこにあるなんばHatchの空間に向けて「何?今日は何が起こっちゃうの?!」みたいな、鼻息荒く前のめりな「イエー!」を返していましたねぇ...。
みっちーさんに負けずおとらずモチベーションの高かったワタクシ。
というより....やはり酔ってたのか?(笑)

そんなんで一曲目から『Shinin' Star』ですよ。
イエー!
これ踊らんかったらいかんやろ、やっぱ!文句なく大好きな曲です。
つづいて『名器』。
「おお、これもファンクに含まれるのか?」とか初歩的な感想を持ちつつ(苦笑)、ちょっとゆったりなテンポでたのしくダンス。
『Get Down To The Funk!!』は相変わらずの盛り上がりですが、やはりメガネ氏のベースで聞いてみたいなぁ....というわけでアンケートの”次回呼んで欲しいミュージシャン”の欄に”メガネ”と記入させていただきましたよ(笑)
ほいで、やるのかなぁ~でもどうかなぁ~と思っていた『Lazy』を演ってくださいました!
ハイ。大好物です☆キャー!ですよキャー!
UNDER THE MIRRORBALLの十日くらい前に、シカオちゃんのFCイベントがありましてね、事前に「イベントでカバーして欲しい曲」のリクエストがあったのさ。
で、私はみっちーの曲をなにかカバーして欲しくて、でもいわゆるヒット曲って無いし(失敬!)だからって比較的知ってそうな?『バラ色の人生』と書くわけにもいかず(スガ氏に歌わせる曲でもないですし/笑)、『Lazy』をリクエストしたんですよ。そうしたらね、イベント当日にそのリクエストランキングを見たらですね、ものすごくお門違いなリクエストしたみないた気分になってね........ようするに寂しかったんですよ、私は。
だから、特に嬉しかったですよぉぉ。

おーし!盛り上がって来た~!ってなところで『Funky 本気 Night』。
やっほ~い!「イチャイチャしたい」ツアーでは演奏されなかったこの曲。
『Shinin' Star』と『Funky 本気 Night』を両方演っちゃったら、「君こそスターだ!」ツアーとあんまりカラーが変らなくなっちゃうんだろうなぁ~と、勝手に納得していたのですけれども、でも、この曲はいい!!大好き!聞きたかった!踊りたかった!

この日のみっちーさんは、長丁場とうことで、またワンマンではないということも考慮されてか「今日は長々とはしゃべりませんよ」とおっしゃっていらしたのですけれどもね、ここで言及しましたとおり『ポンズポンザーポンゼスト』を歌う流れになり、一気に楽屋落ちなムードに(苦笑)。完全に置いてき堀ですけど、、他のファンの方。
よかったのかなぁ....プロデューサー及川光博的には(苦笑)。
と要らぬ心配をしつつ迎えた『Sparkling girl』。ホントに、今宵の雰囲気にぴったりな曲。
『Song for you』に似たメロディーだなぁとは思っていたのですが、生で踊りながら聞いていると(Sparkling girlの踊りはすっかり忘れましたが...)おもわず『Song for you』の振りが出そうになりましたです(笑)

息切れしつつも「お次はなんだ~!!」と欲張りな気分になっておりましたらね『求めすぎてる?僕』が.....しかもこれはデラックス!!デラックスじゃないのぉぉ!!
ヤッターー!!!!!
やっと、やっと聴けましたよ!『求めすぎてる?僕<デラックス>』。
そうだよぉぉ。ホーンズが居るのに、なんでデラックスじゃないんだ!!と、不満山積でしたのよぉぉ!!
うれしい、今日の曲目の中でイチバンの好物曲でした。
次のツアーでもやってくださいぃぃぃ~~~!
もっと練れたら、もっともっとすごい事になりそうな曲でした、ハイ。
もうお腹一杯ですぅぅ。

と、ここでみっちーショウは終わり。
「またちょくちょく出て来ます」と言い残し、去ってゆくみっちーさん。
予想以上に、曲数が多かったものですから、このボリュームであと2組み出てくるのか!?と、
このイベントの本気具合にクラクラめまいがしそうでした...。

...........ん....................明らかに記憶が薄れているネ!私....................。
MIRRORBALL&セッションについても、忘れちゃわないうちに書きます~~~~~。

コメント (1)

タモリ倶楽部でポン酢特集

2008年04月04日 22時47分44秒 | みっちー
R嬢からメールが来た。
「今日のタモリ倶楽部→ポン酢特集」
ワオ!
さっそくテレビ欄を見てみると......
--------------------------------------
00:15 タモリ倶楽部
『さしすせそ』に『ぽ』も加えよう!
『六ポン木ポン酢会』発足記念パーティーと題し、すっかり台所の人気者となった「ポン酢」を特集
--------------------------------------
なんたる名調子!!!(大笑い)
みっちーさん、会員になってタモリ倶楽部に出たりしないのかしらん。
ケンちゃんつながりで....(笑)
コメント (3)

黄金のたれ

2008年04月02日 22時49分32秒 | UNDER THE MIRRORBALL
「UNDER THE MIRRORBALL 08」で
スガシカオさんが名曲「黄金の月」の弾き語りをなさったの受け、
主催者ミッチーさんはこう発言されましたね。
「ぼく、好きなんだ~黄金のたれ。」
く、くだらねぇ(笑)
そのせいで、ここ数日無性に黄金のタレで焼き肉が食べたくてしかたなくなった私は、買いに行きましたよ、黄金のタレ(笑)
懐かしいなぁ~。久々だよ、あれ買うの。
でも、売り場にいったらさぁ~
あれは黄金のタレじゃなくて「焼き肉のタレ 黄金の味」だったよ.....。
一気にクールダウン。(笑)もう、いいや。
旅行は終わったんだし、そろそろ粗食生活にもどろうっと♪

ところで、オーサカモノレールさんオフィシャルサイトを発見。
スタッフさんのブログで、今回のオファーを受けた時の話や、「UNDER THE MIRRORBALL 08」打ち上げの様子に触れてありましたよ。
.....スペインの夜でしたか。
コメント

オーサカモノレール

2008年04月01日 21時30分52秒 | UNDER THE MIRRORBALL
UNDER THE MIRRORBALL08
さて、この夜二番目のステージは、オーサカモノレール。

音楽の知識が浅く語彙も乏しいワタシには、満足なレポは書けないけれども。
とにかく濃密な演奏だった。
ケーキにたとえると(笑)、フルーツタルトやいちごショートとかじゃなくて、ナッツ・キャラメル・焦がしバター系。イエス!俺好み(笑)

ミリタリーテイストのおそろいのスーツで登場。色は明るめカーキ系。
始めにインストでメドレーっぽく数曲を演奏。
クールにステップを踏みながら、トランペットがくるくる回る。
視覚からもグルーブが伝わってくる。
曲調やテンポが次々と変わるのに、ずれやゆるみが皆無!
もちろん機械のよな正確さではなくー、熱い血がかよった…生き物のように脈打つ運動。

な、なんだこりゃ~?!
初体験です。
こんな世界があるとは!
こういう泥臭いブラックミュージックは、家で聞いたりしても、どうもこってりし過ぎてあまり好まないのですが。違うね。生は違う!

しばらくして、ボーカルのナカタ氏登場。この間、全く演奏は止まらない。
無骨で良い感じにしゃがれた、でも澄んだ声。
曲名はわからないが、知っている曲もあって、でもそんなのは関係ないくらい踊らされたなー。
ナカタ氏の「ギターちょっと弾いてもいーですか?」みたいなかんじの客との掛け合いで、それぞれのソロを回したり、いちいち高度でたまらん演奏に踊りまくりでした。
泥臭いファンクが続いた後、
「みなさん誰でも一度は聞いたことがある有名な○○という曲で」といったMCを挟んで、一転スウィートなナンバーが。
ナカタ氏がマイクを置いたなと思ったらキーボード(オルガン?)をプレイし始めたよ。
意外~♪(惚れた/笑)
と、おや、曲中でまたテンポが変わったよー
これは、オーサカモノレールの曲だ。←「Quick Sand」
これは事前に予習したんだよねー。

あまりにも複雑で、なのにスムーズすぎるステージ構成で、いったいどんな曲をどれだけ演ったかなんて全くわからないです(笑)
いやぁ~。泥臭いはずなのに、非常にデリケートなステージでした。

<ナカタ氏のMC覚え書き。>
「アンダーグランドでずっとファンクを演っているんですけど。
みっちーさんは、
あれ、みっちーさんて呼び方おかしいですか?(笑)でも僕はそう呼んでるんですけど、
全部CD持っててくれて。
今日呼んでくれて、感謝してます。」
「(待っている間)みっちーさんのステージを聞いていたんですけど。みっちーさんもなかなかやりはりますなー」


このイベント最後の最後に挨拶で、
みっちーが「(イベントの)第一歩としてはかなり良いんじゃない?来年もやりたい」と発言した後、ナカタさんが「(ファンク仲間を)どんどん増やして行きましょう!」みたいな事を言ってたの。
みっちーにミュージシャン仲間が増える。ファンク仲間が増える。
見ていてとても嬉しくなった。

みっちー一色のワンマンショーももちろん大好きだけど。音楽仲間に囲まれて、幸福そうなみっちーのステージもかなり良かったなぁ。
このイベントを通して、仲間の輪がひろがり、ミュージシャンとしてより充実した活動ができるようになるといいなー。
それはワタシにとってもプラスだ。
やっぱり次回へと続いて欲しいイベントだよ。

さて、それまでの間、ワタシも経験値をあげようと、オーサカモノレールさんのライブに行ってみようじゃないか!と、調べてみたんだけども。
スタートが23時なんて!お…大人すぎるぅ。
ま、ワタシもいい歳なんだけどね(笑)
コメント