恋わんトロー

勝手気侭な日記です。
美輪明宏サマ,みっちー(及川光博),スガシカオ関連が中心。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

及川光博ワンマンショー「ツキノヒカリ」@神奈川県民ホール3/24

2006年03月25日 20時13分12秒 | みっちー
行ってきましたよぉぉ!
久々の神奈川県民ホール。
ちょっと駅から遠かったり、いつも平日公演だったりで、久々の参加。
地下鉄が出来てから行った事無かったし。
街の開発もさることながら、神奈県ホール自体も綺麗に改装されていてびっくりだった(笑)

さてさて。ネタばれの感想文を始めるとします。
まずは舞台セットから。
一瞬、美輪様の舞台『卒塔婆小町』みたい!と思いました。
う~ん。月明かりの下のバルコニー。
ぽぉ~っと、ほのかな街灯だけが灯る、白亜お屋敷の中庭・風。
いいわ、いいわよぉ。
リュウちゃんが奏でるピアノ風キーボードも、確か、フジコヘミングのCDに入っていた、なんだっけ、ショパンだかドビッシーだかの曲(笑)

でもって
♪月明ぁ~りをまとぉって~~~
バルコニーからお屋敷の、唄って踊る御主人様の登場。
ハイ、上出来でございます(感涙)
よかった、スカート引っぱり出して着て来て。

しっとり、うっとり始まったオープニング。しばらくゆったり目が続くのかと思いきや、
むはっ!これはオリラブ!?オリラブ風アレンジなのか!?とおもったらば、2曲目は
♪「月の裏で会いましょう」
まるまる一曲でございました。
イントロと中間でスウィングボーイズ(旧ときメモホーンズ)がビシーっとキメるこの曲。
あらためましてね、「ああ、バンドがまとまってるぅぅ。今までで一番だ(涙)」と噛み締めましたねぇ...
「男盛り」ツアーからのこのメンツ、大変素晴らしゅうございますです。

この「ツキノヒカリ」ツアーですが、かつての「堕天使の花嫁」を思い出しました。
「堕天使の花嫁」で初生みっちーを果たした私は、いわゆるロックのライブでありながら、
既存の持ち歌を順序立てて連ねる事で、ある一つのストーリー、または寓話?を構成してしまっていることに、衝撃を受けてしまったのでした。
それはつまり、作る曲ひとつひとつが真剣勝負の作品であり、例えばヒットさせる用の曲だとか、使い分けや捨て玉などない、真っ向勝負の蓄積がこのステージなのだと、ずっしり感じじゃったわけ。そして、フォーリンラブ(笑)
そんな「堕天使の花嫁」みたいな、ストーリーのある構成だと思ったの。
ご本人も、”どろどろとした恋愛が慈しみへ昇華する過程をなぞらえた構成”みたいな事を言っていた。

♪「君は薔薇より美しい」が終わって、どろどろコーナー。
♪「彼と彼女のこと」
きました!ひさびさぁ~~~!
スウィングボーイズがタイトで素敵です。
続いて
♪「懺悔」
やった!ライブで聴くの初めてかも!??
スウィングボーイズのトランペットならば、超かっこ良く決まるはず!
そして私ははラテン好き、ラテンギター好きさ!まもちゃんのアコギが。くぅぅぅ~~~~っ

少々MCを挟んで♪「Lazy」
はいはい、ワタクシこの曲を踊りに参りましたのよぉぉ~~~。
前回のスタンディングツアーでは、いかんせん場所が窮屈でございましょう??
もう、ホールでのこの曲を待ちに待っておりましたっ。
♪「Lazy」を三回くらいリピートしていただいても可!(笑)
ソロ回しももっとしつこくやって欲しい。

つづいて♪フィアンセになりたい。
でですね、この辺りで♪「理想論(’99)」を期待しておったのですが、
曲は♪「あなたしかいない」
あれれ...泥沼はもう終わりですか?もうちょっとどろどろさせて下さいよぉぉ
ちょっと物足りなかったなぁ~~~
♪「彼女の比率」とか、どうでしょう。

♪「君の中へ」
好きです。輪廻の思想が入った歌詞だからでしょうか
♪君の中へぇぇ~~~ 君の中へとぉぉ~~
で気が遠くなる(笑)この曲からは言霊を感じます。

♪「Two of us」
♪ 「三日月姫」
♪ 「S.D.R」
盛り上がりコーナー
宗さんのB、まもちゃんの刻みG。お二人を追っかけて踊って踊って踊りまくりでしたわ。

哲学の小部屋を挟んで
♪ 「抱かれたい男」
♪ 「死んでもいい」
ん~。ライブハウスでない限り♪「 死んでもいい」は...、いいやぁ~~。
その分、どろどろコーナーにもう一曲!希望です。
なんかさぁ~。ドロドロが短い割に,ラストが♪ 死んでもいい までハッピー度が上昇しきっちゃうのはねぇ
「んな簡単にいかないでしょ?」と思う私は、心が病んでいるのか。

アンコールは
♪「close your eyes」
♪「バラ色の人生」
珍しく!スーツにお召しかえで登場です!
あの、いつも思っていたんだけども、後半になるにしたがってラフな衣装に変わるんだけども、
そのラフぎみな衣装っていうのが.... 変じゃない?いつも(笑)
だから、よかった~~~~~~っ
♪バラ色で踊って気分良くフぃニーッシュ!

最後に。
この白亜のお屋敷風セットだけれど、絨毯が青かったのが印象的だった。
ふつうは赤絨毯になりそうなところを、青。
月夜の雰囲気だったからかな?
ちょっとまえに見たテレビで、横浜の老舗ホテル「ホテルニューグランド」の特集をやっていたの。
普通は赤絨毯なんだけれど、この港に開けたホテルには青が似合う、ってことで、
青い絨毯なんだって。
次に神奈県に参加する時は、お休みいただいて、ちゃんとおしゃれして、こういうところでお茶なんかしてから、参加したいなーーーーー。
以上。

-------------------------------
3/26追記
ああ!♪「バタフライ」聴きたかったんだった。
武道館での舞踏会ではぜひ。
コメント (2)   トラックバック (3)