虎尾の会

幕末の草莽の志士清河八郎の会の名を盗用しています。主人は猫の尾も踏めません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

郷原と狂狷

2007-05-19 | 日記
大塩平八郎の自著「洗心洞剳記」にこんなことが書いてある。
孔子の高弟70人、弟子3000人。数は多いようだが、天下四海から見れば微々たる数。なぜだろう?なぜ少ないのか疑問だった。しかし、論語、孟子を熟読してわかった。孔子は、中庸の人(理想的な人物)が得られない場合、その次は狂狷(きょうけん)だ、といった。そうだ。狂狷は明けがたの星の数よりも少ないのだ。そして、孔子は「郷原(きょうげん)は徳の賊なり」と憎んだ。郷原は天下の人みなそうなのだ。だから、弟子が少なかったのだと。

大塩平八郎ももちろん、狂狷の人だろう。漱石の「野分」の主人公白井道也なんかも仲間だ。頑固で、人付き合いがよくなく、言葉は俗流を離れ、親しみやすくはない。

郷原と狂狷については、孟子尽心篇が詳しい。
郷原とは何か。孟子はいう。
「これを非(そし)らんとするも、とりあげるものなく、これを刺(そし)らんとするも、そしるものなし。流俗に同じくし、汚世に合わせ、居ること忠信に似、行うこと廉潔に似たり。衆はみな悦び、自らもよしとおもえるも、しかも堯舜の道には入るべからず」(金谷治「孟子」)
郷原とは、これといって非難のうちどころがなく、人々からも親しまれ、自分でも満足している偽君子ということか。

では、狂狷とはどんな人か。孟子は答える。
「狂とは、その志はほこらしげにして、「古えの人、古えの人」と昔の人のことを言うが、その行動を見ると、言葉と一致しないところがある。この次が狷。不義をいさぎよしとしない士」「狂なる者は進み取り、狷なるものは、なさざるところあり」ともいう。どうも、狂とは、大言を吐き、行動も積極的、狷は頑固偏屈で、消極的なようだ。どちらも、流俗からはみ出ていて、変わり者だ。

しかし、孔子は郷原の紳士よりも、こうした変わり者を愛した。世に道を志す以上、世の中と合わず、対立して変物になるのも当然だろう。

狂狷とは夜明けの星よりも少なく、なぜ天下の人がみな郷原になるのだろう。孔子も大塩もそこまでは書いていないが、わたしは、「あなた」と呼ぶ細君の声だと思うがどうだろう(笑)。

漱石の「野分」にある。「しかし、天下の士といえども、食わずには働けない。よし自分だけは、食わんですむとしても、妻は食わずに辛抱する気遣いはない。豊かに妻を養わぬ夫は、妻の眼から見れば大罪人である」

まずは、身近な家族を養わなくてはいけない。まず、食わなくてはいけない。この社会問題が古来、天下の士を悩ませた。うーむ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 教育三法成立と漱石 | トップ | 義人生田萬の生涯と詩歌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事