虎尾の会

幕末の草莽の志士清河八郎の会の名を盗用しています。主人は猫の尾も踏めません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHK「龍馬伝」について

2010-10-05 | 新聞・テレビから
今朝の朝日の朝刊。「オピニオン 異議あり」という欄に高知出身の精神科医・評論家の野田正彰のインタビュー記事。

「内容(「龍馬伝」」はフィクションだらけ。いくらなんでも、こんなことやってはいけません」「

「何度も登場するセリフに“列強は日本を植民地化しよとしている、だから幕府を倒さなければならない」というのがあります。知り合いの歴史学の専門家に、龍馬が植民地化への危機感を持っていたという文書はありますか、と聞いたら、ないというのです。ならば、うそということになる。うその語りをずっとさせている。番組を通じて、国民にある種の政治的メッセージを発したいのでしょうか」

「勝手な使い方には、いいかげんにしてくれよ。と言いたくなります」


まったく、同感だ。
先週の「清風亭の対決」はなんだ?
みんなが白刃をぬいてしまってさ。ありえない。マンガ以下だ。

原作者は龍馬について、幕末史について、何も興味がない人ではなかろうか。
時代考証としてこの番組でお金もらってる人、恥ずかしくないのだろうか。

お龍さんだけは、なかなかいいよ。

肝心の福山龍馬が、わるいけど、失格。

あと、何回、「国のために」と「ありがとうございます」を龍馬にいわせるのか、それだけが楽しみになっている。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« すれちがった人たち② | トップ | すれちがった人たち③ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新聞・テレビから」カテゴリの最新記事

トラックバック

龍馬ブームに異論あり (酒井徹の日々改善)
――イメージ先行のブームを憂う―― ■「龍馬気取り」の政治家への違和感 10月5日の 朝日新聞「異議あり」欄に、 高知出身の精神科医・ 野田正彰さんの 「龍馬にしがみつくのは  成熟拒否の表れ」と題する インタビューがのっていた。 「坂本龍馬はなぜ、...