俺のチラシの裏

メモ代わりに殴り書きしたり。真に受けちゃだめよ?

【先見の迷惑】4.4mmバランスヘッドホン端子はJAPガラパゴス規格で終わるだろう

2018年05月26日 23時47分48秒 | 弱電製品

 当然タイトルの予想が外れても責任は負いませんけどね。(だから先見の迷惑ってキャプションいれたじゃん)

 現在ヘッドホンをバランス接続するには、端子の国際的な標準化がされていないこともあり各メーカーやモデルで好き放題されているという問題がある。
 4極キャノン端子で接続するもの、3極XLR端子を2個用いて左右それぞれ別個に接続する物、6.3mmTRS端子を左右それぞれ別個に接続するもの、2.5mm5極端子(以下略)とまあ目も当てられない状況だ。

 そもそもバランス接続とは? ググれ。
 …要はヘッドホンの左右が分離されている接続方式のこと。
 今までのアンバランス接続はグランドが左右共有のため、跳ね返りや逆流に弱く、例えば左側の電気信号が共有化されたグランドで吸収されきれずに右側の信号の流れを邪魔して音質的に不利になると言われている。
 バランス接続の場合、左右が独立しているため逆流や跳ね返りの心配がなくなる上、高級アンプになるとバイアンプ・バイドライブ(左専用アンプ回路、右専用アンプ回路が内部で完全に分離される)などカネにモノを言わせて音質を追求できる設計も可能になるため、オタクちゃんの間で熱い視線を集めている。

 アンプメーカー、ヘッドホンメーカー、ケーブルメーカーがそれぞれ好き勝手して規格乱立に危機感を抱いた極東島国の黄色い猿の群れが、端子径4.4mm・5極、端子の形は6.3mmや3.5mmでおなじみのあの形という規格を作った。
 黄色い猿とはいえもの作りの国、そこはいろいろと考えられたようで、XLR端子みたいに簡単に抜けない構造にすると間違ってケーブルを引っ張った時に断線したりアンプを引きずり下ろす危険性があるが、おなじみの端子の形だとある程度テンションがかかると抜けるため比較的安全だし、従来の6.3mm端子と3.5mm端子のいいとこどりをした設計が可能なところもあり、実はかなり有望な端子だったりする。

 じゃあなぜガラパゴス規格で終わるだろうと予想したか?
 それは4.4mm端子の規格を先導するJEITAがおよび腰過ぎるからだ。

「もちろん海外の公的機関に申請するという方法もあります。ですが、海外でも端子はまだ乱立している状態です。ハイエンドヘッドホン・イヤホンの一大市場である日本で一気に広め、世界でも使われる標準規格にしたいと考えています」

 やる気あるのかこの野郎! と言いたくなるコメントをJEITAの人間がPHILE WEBのインタビューで言っちゃったから。
 確かにソニーやオーディオテクニカなど代表的なJAPメーカーの超高級機には採用されつつあるが、同じJAPメーカーの中でもまだ従来規格の3.5mm/6.3mmを捨てきれずどっちつかずなところが多い。
 どーせならハイレゾ名乗る機器は4.4mm強制!! とでもしてくれれば日本での普及率は盤石なものになっただろうに。
 JAPのオーディオオタクの動向を見て海外進出したいとか言ってる間に、海外メーカーに「事実上の標準」を作られて、結果ガラパゴスになる平成不況以来の「悪しき様式美」の繰り返しになるのではないかと。

 私の嫌いなAppleみたいに「ウチはこれで行く!お前らついてこい!必要とあらば世界規模で標準化する!」位言えないのですかと。Appleは嫌いだが、何か新しいモノを作った時標準化させるスピードについては認めざるを得ない。
 なぜ今のJAPはいい物を作るのにこうも組織立つと鈍足なんだろう。見ていてイライラする。
 かつて電子楽器がアナログからデジタルに移行しつつある時、デジタル電子楽器間の信号接続規格の統一化のために世界中を駆け巡り規格への理解と普及活動にいそしんだローランドやヤマハみたいな情熱はないんだろうか。(いわゆるMIDI規格のこと。)

 バランス接続の良さは賛否両論あるが、オーディオオタクの家で体験したのでその良さは認めざるを得ない。
 だからこそ、とっとと国際標準化してどのメーカーのヘッドホンを買っても端子に迷う事無くサクッと挿せるようになって欲しいし、普及することでもっとバランス対応のヘッドホンアンプが出回り、競争原理により中~低価格帯に降ってこないか期待をしている。(もっともなんちゃってバランスの製品もたくさん出てくるだろうが)

 期待が大きすぎて結果悪態をつくエントリを書いてしまったが、折角JEITAも(珍しく)やる気みたいだし、ガラパゴスで終わって欲しくない願いを込めてみた。

コメント (2)

ヘッドホン オーディオテクニカ ATH-A2000Z買って3ヶ月経ったので感想でも

2018年05月24日 22時49分11秒 | 弱電製品

 AKG K702のイヤパッドのスポンジが完全にへたって潰れてしまったので、イヤパッド交換すべきか他のヘッドホンに浮気すべきか考えた末に衝動買い的に買ってしまったオーディオテクニカのATH-A2000Z。
 正直オーディオテクニカには良い印象を持っていなかった。以前買ったカナルイヤホンはイヤピースが片方入っていないというJAPメーカーにはあるまじきミスをしでかしてくれたので、非常に印象が悪かった。

 箱出し一発目の印象は「K702とキャラかぶってんじゃね?」だった。
 密閉型ヘッドホンの割には広めの音場、そしてバスドラムもフロアタムもベースもトントンと鳴らす控えめな低音。
 というか高音シャリシャリ低音スカスカで「7万もしたのにやらかしたか!?またオーディオテクニカに裏切られるのか!!」とがっかりした。
 AKG K702はアンプのトンコロやEQで低音ブーストすると箱出しでも追随してくれたのだが、ATH-A2000Zは非常に頑固。
 「ぜってー低音響かせてやらねー!!」とでも意地を張ったみたいに、アンプのトンコロやEQでブーストしても低音の鳴り(余韻)をことごとくぶち壊してくれた。ギャグまんが日和でいうところの「どこを叩いても小太鼓みたいな音しかしないお前の代わりなんていくらでもいるんだぜ」状態。

 もうこうなったらこっちも意地だ。折角7万もしたんだから鳴ってくれなきゃ困る!
 AKG K702ですら使っていくうちにEQでブーストしなくても低音の余韻が徐々に頭を出してきたわけで、こいつもそうなってくれることを祈る。エージング(笑)懐疑派だが、エージング(笑)してやろうじゃないか。
 無線LANの簡易NASに放り込んだ音楽ファイルすべてを連続再生するプレイリストを作成し、プレイヤーのEQで下品なまでのドンシャリセッティングを行い、アンプの音量を少し高めにして4日間ノンストップで鳴らし続けてみることにした。

 エージング(笑)の結果は少々効果あったようで、シャリシャリしていた高音は落ち着き、低音域の余韻の再現も少しは改善の方向が見えてきた。ようやく希望の光が見えた気がした。
 と言うわけで今に至るわけだが、アンプのトンコロやEQをフラットにセットしても使い込んだAKG K702程度に鳴ってくれるようになった。個人的には40mmドライバのK702より口径の大きいダイヤフラム(52mm)なんだから中低域の表現がよりよくなってくれることに期待。
 価格.comや5ちゃんでは本領発揮するのは総使用時間400時間を過ぎたあたりからという書き込みがあったので、しばらくは通常使用で経過を聞いていこうと思っている。
 もしこの調子で良い方に化けてくれたら、今までソースによって使い分けていたK702とMDR-CD900STを押し入れ行きに出来るかもしれない。音楽から映画や漫画鑑賞、ネット動画まで一本でこなせるマルチプレイヤーに化けてくれたら7万円出した甲斐があったというものだ。

コメント

【日大アメフト問題】日大側の対応が完全に「法令無視のブラック企業が問い詰められた時」そっくりなんだが

2018年05月23日 14時41分50秒 | チラシの裏

 私の狭くて底辺な人生経験から感じただけですがね。

 どーみても日大の対応が「法令や道徳無視の典型的JAPブラック企業とその組織的パワハラ」そのものなんですが。

 そりゃ大学という教育の現場がブラック企業化してれば、下痢晋三の働き方改革だの野党のアホが並べるきれい事もどこ吹く風でブラック企業がはびこるわけだ。
 こりゃもう一回GHQなど外圧に占領でもされない限り、「根暗民族陰湿JAP」に自浄なんて求めても無駄なんだろうな。

 ITが躍進して世の中ロジカルシンキングだなんだ言ってるのに、組織の上下関係やそれによるパワハラ根性論がまかり通ってるんだもの、こんな国に未来なんてないって。見切りつけて海外に進出できる富裕層がうらやましいよ。
 未だに根性体育会系ばっかり重宝されて物事をロジカルに考えようとする人を「杓子定規」「融通が利かない」「オタク根暗」と排斥しようとするアホがはびこるこの国にもう一度核爆弾落とさない?
 プーさんとかカリアゲに期待しよう。

コメント

【思考停止編】円周率πが3.05より大きいことを証明せよ

2018年05月23日 13時25分09秒 | チラシの裏

 この宇宙を作りたもう大いなる神が、この宇宙の法則として真なる円の円周率を3.14から始まる神秘の数と決定なされ、今日日初等教育でもπ=3.14と教えているから3.05より大きいことは明白である。
 どこぞの島国の黄色い猿がπ=およそ3にしようとしたり、神が決めた3.14(以下略)を黄色い猿の国の大学教授が3.05より大きいことを証明しろなどと神を恐れぬ不届きな問題を提起すること自体大問題であり、東京大学には謝罪と反省と賠償と独島(日本名:竹島)の返還を要求する。

 以上、回答終わり。

コメント

【知ったかぶり講座】間違いだらけのご家庭向けNAS選び

2018年05月21日 19時08分33秒 | PC関連

 PCにスマホにタブレット、ネットワークにつながる機器が増えるにつれ近年急に注目され始めたのがNAS。
 Network Attached Storageと言うくらいだから、ネットワークに直接つなげるストレージ(記憶媒体)のこと。
 これがあればスマホのメモリにたまったファイルをネットワーク経由で保存できるし、その保存領域にPCからアクセスしてゴニャゴニャすることも可能だ。
 これまた最近流行のクラウドとは違い、家庭やオフィスのLAN内部で完結できるため、利用規約をよく読まずにGoogleやMicrosoftやAppleやEvernoteにビッグデータとしてブッコ抜かれる心配も少なくなるし、10ギガ制限とかケチなことも言われないのが良い点だ。
 そんなNAS選びの目安を偏見で書いてみようというのがこのエントリの趣旨である。

1)とにかく格安で! ファイルの保存庫の役割以外求めないし、バックアップも自己責任で取る!

 この場合おすすめなのが、無線LANアクセスポイントやルーターに内蔵されているUSB端子にハードディスクをくっつける「簡易NAS機能」だ。
 USBハードディスクもメーカーによりけりだが4テラバイト9980円とか出てきているわけで、あとはそれを買ってUSB端子に繋いでルーター設定画面からフォーマットすれば即NASとして使うことが出来る。
 USBハードディスクを応用する利点として、トラブル時にPCに接続しやすい点が挙げられる。ドライブとして認識できればCD/DVD起動のLinuxからトラブルシュートや生き残ったファイルの救出もさくっと行える。
 欠点は、「遅い」「耐障害性がほとんどない」「メーカーが保証してくれない」「セキュリティに難あり」だろう。
 ファイル転送速度が遅いのは、ルーターのCPUやメモリの一部を間借りしているおまけ機能故に仕方がない。
 耐障害性に関してもあくまで「おまけ」機能なので気づいたらハードディスクやデータが壊れていましたなんと言うこともザラにある。
 当然メーカーも「おまけでつけた機能じゃ、使えただけありがたいと思え」とサポートはしてくれない。
 セキュリティ面にしてもアクセス制御は一応ついているだけ、基本全解放だしルーターやアクセスポイントの設定が甘ければ、恥ずかしいファイルが全世界に公開されるリスクを伴う。
 あくまで「ルーターのおまけ機能」であることを前提に、定期的に自分でバックアップを取る、セキュリティ設定など自己対策ができるならこれ以上安上がりでお手軽なNASはない。

2)テレビ録画や音楽再生などメディアサーバとしての機能を重視する、メーカーの保証もほしい

 アイオーデータやバッファローなどの国内ベンダーのテレビ・メディアサーバ機能対応NASを買っておけばほぼ間違いないし、相性などで使えない時のサポートや返金保証が受けられる場合があるので無難かもしれず。
 2ドライブ対応の場合、ミラーリング設定しておけば、ハードディスクの片方が死んだ時にデータが救出出来る可能性がちょっとだけ上がるので予算があれば2ドライブモデルをおすすめ。
 海外メーカー製品でもメディアサーバ機能を持つ物もあるが、日本の事情に合わない場合があるので自分でナントカできる自信がない場合は国内ベンダーのサポートが受けられる製品をおすすめ。
 まれにケチな会社がオフィスでこのグレードのNASを導入してトラブって泣きを入れるパターンがあるので、会社のハゲ上司がケチろうとしたらやんわりと止めてあげてください。さすがに業務で使ってトラブりましたってメーカーサポートに泣きを入れても「ご家庭向けなので業務用途で使った結果は保証いたしません」としょっぱい定型メールが返ってくるだけですよ?

3)そこそこの耐障害性を求める、SOHOや小規模オフィスで使いたい、NASにぶら下がる機器が多いマニア

 このレベルの人には4~8ベイ対応の海外メーカー製品をおすすめする。というかこのレベルを求める方々に私が何か言うのは釈迦に説法だと思うのでこれ以上言うことはない。
 最近は大容量ストレージの需要も増え、4ベイ8ベイでありながらご家庭向けの製品もあるので、仕事で使うならサポートや機能、保証の範囲をよく確認して仕事で使っても良い製品なのか慎重に選びたいところだ。

4)カネに糸目はつけん! 最強の耐障害性とセキュリティとメーカー保証を求める!

 FA対応モデル最強。防塵防滴防振性能を持つガワに、工場の機械をを止める訳にはいかないよく洗練されたソフトウェア、何かあった時のメーカーサポートや保証も充実。お値段も最強というか最凶。8ベイ~16ベイ搭載可能ともはやサーバマシン。つーかこんなのをご家庭で使おうとすんな。

 …というわけで、NAS選びに悩んだ時参考になれば幸いだ。

コメント