俺のチラシの裏

メモ代わりに殴り書きしたり。真に受けちゃだめよ?

【今のところ未定義】宇宙空間で人が死んだらどうなるのっと

2018年01月21日 19時41分42秒 | チラシの裏

 ※ググった範囲と個人的な経験から適当に書いています。鵜呑みにしないでね!!

1.宇宙空間に生身で放り出されたらどうなるの?

 SFパニック映画では目玉が飛び出したり、体が破裂したり、血液が沸騰したりする表現が過去あったが。
 中学か高校の物理の時間に、真空チャンバーに「ミカン」を入れてポンプで真空引きする実験をしたことがある人なら分かるはず。
 まずミカンから中身が飛び出たり破裂したりしない。表面の水分が一瞬沸騰状態みたいになるが、即座に「冷凍ミカン」になってしまう。
 ということは生身の人間が宇宙空間に放り出されたら、表皮の血液は一瞬沸騰状態の反応をするが、すぐに全身凍り付いてしまう可能性が高い。最終的にはフリーズドライ状態か?
 考えられる致命的な死因は真空中で呼吸が出来ない窒息死だと思われる。

2.映画では死んだ人を宇宙空間に放つ「宇宙葬」のシーンがあるが…

 これに関しては国際的な取り決めがあるらしく、死体がデブリとなって、人工衛星や宇宙ステーションなどの構造物を破壊する可能性があるので「やってはいけない」らしい。

3.じゃあ宇宙空間で死んだ人はどう処理するの?

 国際的な取り決めもない問題で、現在のところ宇宙飛行士は「生きて帰ってくることが前提」のため「未定義」なのだそうだ。
 唯一可能性があるとすれば、死体袋に詰めて宇宙空間の真空で冷凍した上、振動など衝撃を与えて粉砕して地球にお持ち帰りする方法が考案されているとか。

 火星移住計画とか民間人の宇宙旅行とかが、おとぎ話から現実になりつつある今、宇宙で死んだらどうするか問題は早いところ決着をつけてもらわないと、処理待ちの死体が列を作る事態になるかもしれず。
 あなたならどういう処理をされたいですか?

ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
« CASIO デジタルPROTREKの隠し... | トップ | 【もはや国技では無く国恥】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

チラシの裏」カテゴリの最新記事