俺のチラシの裏

メモ代わりに殴り書きしたり。真に受けちゃだめよ?

分かりやすい「ネトウヨ」の定義!

2018年02月05日 16時40分01秒 | チラシの裏

 支那チョンに批判的だったり揶揄したりすれば「ネトウヨ」
 支那畜生やチョンが「気に入らないニダ!」と思えば「ネトウヨ」

 たとえソースがある支那畜生やチョンの反日ヘイトクライムを指摘したとしても「ヘイトスピーチニダ!」
 右翼も安くなったもんですね。
 たとえ普段はリベラルな論調を展開する人がちょっとでも支那チョンを咎める発言をすると、どこからともなく「ネトウヨ」連呼厨がわいてくる。逆に普段から支那チョンに批判的な「ネトウヨ」に対するよりもリベラルが言う方が相当効くらしい。
 仲間だと思っていたのに裏切られたニダ!! ってか?

 で、次に必ずやってくるのが人身攻撃。いかにネトウヨが社会の底辺で論ずるに値しない人間かを妄想レベルでわめき立て、信憑性を落とそうとするとともに、話題そらしにもなる一石二鳥。完全に古来の朝鮮論法。

 つーかリベラルなんかよりネトウヨの方がネットで喚いているだけで実害ほとんど無いんですがね。あるとすればネトウヨの主張を知ったばかりのキッズが5ちゃんスレや他人様のBlogのコメ欄荒らすくらいでしょ?
 逆に一時期話題になったシール貼りのSEALDsとか、恫喝暴行辞さないC.R.A.C(しばき隊)とか、沖縄で防衛省職員に暴行して資料奪い取った本土左翼とか完全にやり口がヤクザじゃないですか。自分たちの主義主張を通すためなら数の暴力も物理的な暴力もいとわないなんて赤軍の総括並にヤバい思考だっての。まだネトウヨの方が平和的だ。

 というわけで、平和が一番な私はネトウヨでいいです。というかネトウヨがいいです。
 人様殴ってまで自分たちの主義主張を通す野蛮な「リベラル」なんかよりずっとマシです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 出会えない系サイトがほとん... | トップ | お題「間違いやすい日本語と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

チラシの裏」カテゴリの最新記事