ケーキ日記

halfapersonの、東京近郊ケーキ屋さん食べ歩きとネガティブな日記

のもの@上野駅

2015年04月30日 | その他
やろうって決めたのに

福島ももソフトクリーム350円→のものさんで現在やっている福島フェアの一品は、ほんのりピンクに色づいて見た目春らしい作り。それは香りだけじゃなく味でちゃんと桃を感じるのですが、それはイコール甘みで伝えているので、一般的なソフトクリームに比べ甘さが強いと思います。例えるなら、果肉と一緒にシロップも加えているような。もう少しバニラのソフトクリームっぽさがあっても良さそうですが、桃の風味が物足りないよりは、こうしたスタイルなのもあり、ですよねきっと。
福島フェア、ぜひ一度出かけてみてくださいね。


自分には、やりたいことが
実際あるのかないのか
ちゃんと分かってる人って
どれくらいいるんだろう



----------
shop data のもの

JR上野駅中央改札外グランドコンコース(ガレリア内)
平日7時~22時 土日祝7時~21時(カフェ)物販は平日11時~22時 土日祝10時~21時
コメント (5)

丸福珈琲店@秋葉原

2015年04月25日 | その他
一日寝ていました

メイプルトースト540円→フレンチトーストのようにヒタヒタな感じで出てくるのかと思いきや、なるほど、後がけタイプなんですね。そりゃそうか。
外側サクッとして中ふんわりな厚切りトーストはテンション上がります。今回は最初に全部かけちゃったけど、バターもしっかり塗られているので、ちぎった側面にちょっとずつかけながら食べるのもいいかも。ちなみにトーストは4つにカットされていて、食べやすくまたシロップが染みやすいよう切れ目も入っています。


パンダのイラストが描かれた袋を
抱えて歩く女性を浅草で見かけた
すれ違うとき、その声を聞くと
どうやら中国の方のようだった



----------
shop data 丸福珈琲店

東京都千代田区神田花岡町1-1 ※ヨドバシAKIBA店
9時30分~22時
JR線ほか「秋葉原」徒歩1分

----------
shop data ヨドバシAKIBA店
コメント (5)

菓子工房ルスルス@浅草

2015年04月22日 | その他
天気予報だと、しばらく晴れが続きそう…あれ?雨降ってる

リンゴのキャラメルタルト454円→先に紹介しますが、写真後ろはチョコバナナマフィンで、手前のタルトと後ろのマフィンのどちらをいただいても、ルスルスさんらしさを感じるのってすごいと思うんです。
ほどよくビターさをまとったリンゴはトロンと溶けるようで、果肉に厚みがある分その口あたりをしっかり楽しめ、タルト部分は薄くともサクッとした食感を持っているので、食べていてリズミカルな印象をもちます。
マフィンは手にした瞬間に感じる軽さと柔らかさ。なんでしょう、質感にチープさを感じさせない軽さと柔らかさってなかなか難しいと思うのですが、それができちゃっているのです。


鳥の鳴き声が聞こえるのに
その姿が見えない
見られたくないけれど
気づいてほしいのは、人も同じ


----------
shop data 菓子工房ルスルス

東京都台東区浅草3-31-7 ※浅草店
12時~18時 日曜休
イートイン席あり
東京メトロ銀座線ほか「浅草」徒歩10分
コメント (4)

タルティーヌ@浅草

2015年04月20日 | その他
また雨、一日おきに雨な気がする

桜クリームのショートケーキ470円→春には春のケーキが食べたいですよね。ショートケーキはそんなアレンジを加えやすそうですし、やっぱり無くてはならないケーキ。
チョコレートの生地に挟まれているのは、桜あんを合わせたクリーム。チョコの強さに隠れないよう、また味でも桜を感じられるようになっています。淡いイメージがある桜のケーキですが、クリームチーズ なども使われ食べごたえあり、です。
写真奥はミケシフォン(240円)。バニラ、キャラメル、チョコのマーブル状の見た目は最高に可愛らしく、このケーキを置いてらっしゃるお店っていいなって、しみじみ思ったのでした。


廃品回収の車に
大きな薄型テレビが積んであった
きっともっと大きなテレビに
誰かが買い換えたんだろう



----------
shop data タルティーヌ

東京都台東区寿4-12-6
11時~19時
日曜・火曜休
都営浅草線「浅草」徒歩2分 東京メトロ銀座線「浅草」5分

お店の外観
コメント (5)

粉花@浅草

2015年04月18日 | その他
花粉症かな

チーズケーキ→美味しいチーズケーキって、味も大切だけれど舌触りのなめらかさがとても大切な気がします。なんだろう、そこからまずチーズらしさを感じるというか、丁寧な仕事が伝わるというか。
粉花さんのそれは口どけの厚みと優しくもしっかりした甘さがあって、ほんのり残るラムの香りが余韻に大人っぽさを持たせます。急がずゆっくり時間をかけながらいただく贅沢。


ぽっかり開いた穴は
簡単に埋まるハズもなく
時間は止まらないから
その分自分が嫌いになる



----------
shop data 粉花(このはな)

東京都台東区浅草3-25-6
10時30分ごろ~売り切れ終了
日・月・火休(HPで要確認)
イートイン席あり(12時~)
東京メトロ銀座線ほか「浅草」徒歩9分

お店の外観
コメント (5)

ブルティガラ@東京駅

2015年04月16日 | その他
雨、降らなくてよかった

カレーパン220円→久しぶりにパン屋さんへ立ち寄って、テンション上がった中で一目惚れしたのがこのカレーパン。ちっちゃい山食みたいでかわいくないですか?けっこうボリューミーなのかなぁと思いながら食べてみると、お!中身空洞だ!どうやって焼いてるんだろ。カレーは辛さが舌にしっかり残り、味わい濃いので満足度は高めです。薄い生地とカレーで、なんとなく本格的だなって納得してみたり。
写真奥はタルトショコラ(290円)。シンプルイズベスト、なのでした。


ジーンズをはいている人がいた
オシャレなのは間違いないけど
柄なのか、ホントにシワなのか
クシャクシャなデザインだった



----------
shop data ブルティガラ
コメント (7)

埜庵@鵠沼海岸

2015年04月14日 | その他
今日の自分は、何をしただろう。

ゆずみかん970円→久しぶりの埜庵さん、季節を感じさせるメニューがうれしいです。そのまま口に運ぶと氷の口どけと一緒にみかんの甘みが口いっぱいに。あぁ、こたつで食べたい。ゆずは余韻で、ほろ苦さとして残る感じですが、印象としてはみかんの甘みが勝ります。いや、でもその余韻があるからこその奥深さ。
添えられたソースはヨーグルトベースで、柔らかな口当たりと甘さ。柑橘系のスッキリさを求める方はかけない方がいいのかな、ボクはかけた方が好きです。


何ごとにおいても
続けることこそが
人生で一番大切で
人生で一番難しい



---------
shop data 埜庵

神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-5-11
11時~18時(LO17時30分)
月・火休(HPで要確認です)
小田急線「鵠沼海岸」徒歩2分

お店の外観
コメント (4)

マニュファクチュア@浅草

2015年04月13日 | その他
止まない冷たい雨。

イングリッシュマフィン120円→ザクッとした食感と軽さが大好きなイングリッシュマフィンは、意外とお店で売っていないので、見かけると絶対頼んじゃいます。なので今回もお願いしたのですが…そっか、お店にバター置いてらっしゃらないのか。なので半分に割ることもなく、今回はそのまま食べました。粉の味わい感じられるし、好印象。次は持ち帰りにしようっと。
もうひとつはプレーンベーグル200円。一口かじると…お!軽い!ひきの強さだけで言えばベーグルっぽくないけれど、この軽さとクラスト感は好みです。口の中でもたつかないし、風味もいいと思います。


映画「イミテーション・ゲーム」鑑賞
構えず観られる作品かと思いきや
胸詰まるところのある秀作
カンバーバッチさんの演技が素晴らしい



----------
shop data マニュファクチュア

東京都台東区花川戸1-11-1-3F
10時~18時 月曜休
イートイン席あり
東京メトロ銀座線、東武スカイツリーライン「浅草」徒歩2分

お店の外観
コメント (4)

ドトールコーヒー@浅草

2015年04月09日 | その他
手が冷たい、お風呂入りたい

苺のミルクレープ→ドリンクとセットで550円(14時から)。ミルクレープの魅力は味より見た目より、フォークを入れたときのあの感触。柔らかで弾力があって、規則正しく伝わる切りごたえは子供に戻ったような楽しさを覚えます。
味わいもまた、子供のころ大好きだったクリームメインの甘さ。苺の果肉も時折感じられる今回のミルクレープのように、季節感がそこにあるといいですね。


吉川晃司さんの曲を聴きながら
街を歩いていたら
家で聴いてる感覚で
思わず手振りを付けていた



----------
shop data ドトールコーヒー
コメント (8)

アカツキコーヒー@京都

2015年04月07日 | その他
日記の絵の描き方を忘れてる。

ケーキセット850円→入った瞬間、あ、このお店には通うことになるって思うときがあります。このアカツキさんもそう。教えてくれた友達に感謝しなきゃ。
タタンは小ぶりで品よく、口にすると敷かれた生地の存在を、見た目よりも感じます。それは崩れたり割れたりではなく、柔らかでモフッとした食感。フォークで何の抵抗もなく切り分けられる果肉部分は、カラメルの甘さがリンゴの酸味と中和するかのように隠れ、ビターさだけが静かに舌に残ります。これは大人っぽいなぁ、生クリームに飾られたピスタチオもいいアクセント。
お店のコーヒーはドリップされたものと、エスプレッソベースのラテがあるのですが、今回はドリップされたもの。これがとても個性的というか…深みや苦みに走らず、豆の味わいがしっかり伝わるのです。焙煎、豆の挽き方、入れ方にもこだわりを感じられるそれは、京都でいただいているためか、お茶の世界にも通じるなと思ったのでした。


濃い数か月が終わり
気がつけばサクラも散って
この先少しゆっくりと
楽しむことができるといい



----------
shop data アカツキコーヒー

京都府京都市左京区一乗寺赤ノ宮町15-1
9時~18時 日曜休
叡山電鉄「茶山」徒歩7分
コメント (5)