ケーキ日記

halfapersonの、東京近郊ケーキ屋さん食べ歩きとネガティブな日記

紅茶の店ケニヤン@渋谷

2014年08月26日 | その他
温かなチャイミティーもおすすめです。

ティーゼリー400円→ボウル形の器に収まったゼリーの上には、練乳で甘みをつけているのかな、たっぷりのミルクが注がれています。この姿、大好き!ゼリーはとても緩く作られていて、スプーンで大きめにすくうと、口に運ぶ途中、重みで折れてしまうことも。なので口に入れてすぐ溶けつぶれるのですが、紅茶の香りはしっかり残るのです。ほのかな渋みもあって、あぁ美味しい。
写真後ろはお店の看板ドリンクでもあるアイミティー(ラージサイズ)。甘みが最初から付いていて、私的には一番好きなアイスミルクティーです。


お腹の底から笑って
涙を流したいな
ボクの笑い声は
いつも冷たく乾いてる



----------
shop data 紅茶の店ケニヤン

東京都渋谷区神南1-14-8
11時30分~22時(LO21時30分)
JR線ほか「渋谷」徒歩8分

お店の外観
コメント (6)

シュークリー@人形町

2014年08月18日 | その他
必要とされることの嬉しさ。

スムージー400円→注文を受けてから5分ほどかけて作ってもらうスムージーは、桃、パッションフルーツもあるそうですが、この日はイチゴのみ。ほかの2つは売り切れたのかな。夏場にこうしたメニューを出していただけるのは、とってもありがたいです。
スムージーらしいポッテリした質感をしっかり感じつつ、その甘みは強すぎないので、たとえばイチゴのかき氷を食べたときのような、冷たさだけじゃなく甘さでも頭が痛くなっちゃうような、そんな感じはありません。個人的にもう少しキュンとくる甘酸っぱさがほしいけど、穏やかでナチュラルな甘み。強い日差しの下で飲むと、さらに何倍も美味しく思えます。
手前はパッションフルーツのマカロン185円。バナナピューレも入っていて、名前はパッションフルーツだけど、味のバランスは半々。夏にとてもよく合うマカロンでした。


今日は早めに
家に帰ろう
何するわけじゃないけれど
家に着いたら、コーヒー淹れよう



----------
shop data シュークリー

東京都中央区日本橋人形町1-5-5
9時30分~19時
日曜休
都営浅草線、東京メトロ日比谷線「人形町」徒歩3分
コメント (9)

ユヌクレ@豪徳寺

2014年08月13日 | その他
はてさて、ですよ。

oyatsu menu 500円→パフェのように盛られた美しいアフォガード。カワイイ、って書こうと思ったけれど、ナッツの飾られ方はカワイイというよりカッコいい感じ。
ナッツと一緒にグラノーラも入っているのですが、これがエスプレッソと好相性。香ばしさとエスプレッソの苦みが繋がるのかな、ザクザクッとした食感もいいのです。それはミルキーなアイスがあることでさらに効果的になっていて、グラノーラがあることで、アイスもまたより美味しく感じます。あぁ、エスプレッソが体に沁みていく。


汗だくになる夏だけど
どうしてもキライになれないのは
中学時代に参加した
テニス部のいい思い出があるから



----------
shop data uneclef(ユヌクレ)

東京都世田谷区松原6-43-6
9時~18時 火・水休
イートイン席あり
小田急線「豪徳寺」徒歩4分

お店の外観
コメント (7)

プラチノ@桜新町

2014年08月06日 | その他
満たされないこの感じ。

ポマーリオ480円→プラチノさん、いつ以来だろう、すごく久しぶり。立て看板に「パイナップルのミルフィーユ」が紹介されていて、それを食べてみたかったけれどケースに見当たらず、今回はこのシフォンケーキをチョイス。
シフォンといってもフカフカではなく、パウンドまではいかないにしても、ギュッと目の詰まった印象で、生クリームの質感もまた、その印象を強くさせます。生地にはピンクグレープフルーツが合わせてあって、最初は爽やかな柑橘の香り、そして噛むごとジワッと沁みるほろ苦さ。自家製のマーマレードからそれは伝わってきてると思うのですが、いい意味で、余韻として長く口に残ってくれます。それは生地の作りによるところも大かと。よくあるシフォンとはまた違った、軽くとも力強い、大人向けのケーキなのかもって感じました。


仕事の打ち合わせ2人組
早口の女性は「なんか」が口癖で
数え切れない「なんか」の途中で
たまに「だから」を挟んできた



----------
shop data プラチノ

東京都世田谷区新町2-35-16 ※桜新町店
9時~20時 無休
東急田園都市線「桜新町」徒歩2分
コメント (9)

パティスリー・クレール・ドゥ・リュンヌ@蔵前

2014年08月04日 | その他
始発で帰ってきて、夕方起きた。休み台無しだけど、しょうがない。

パラディ460円→涼しげな白いケーキは、上層のココナッツが主役。この季節に食べやすいよう口溶けは軽めで早く、ココナッツの香りは口に入れて1回、2回と噛んだ後、ちょっとじらしてからフワッと広がります。ココナッツ独特の歯触りも感じられ、ライムの爽やかさが時折顔を出します。
下層のミルクチョコは、その存在感をしっかり感じさせつつ、あくまでもココナッツのサポートなイメージ。そしてムースを支える生地なのですが、みっちりとして目の詰まった強い食感が、このケーキ一番のポイントになっています。フワッとした生地でもきっと美味しいのでしょうが、この生地だからこそ、軽めでありながら物足りなくならず、しっかり味わいを残してくれるのだなって思いました。


怒りたくないし
落ち込みたくもないのに
イライラするし
大きな声で叫びたくなる



----------
shop data パティスリー・クレール・ドゥ・リュンヌ

東京都台東区寿3-8-5
9時~21時
月曜休
都営地下鉄大江戸線「蔵前」徒歩2分、東京メトロ銀座線「田原町」徒歩6分
コメント (5)

暑中お見舞い申し上げます

2014年08月01日 | 挨拶
暑さに負けるな!って、ムリだよ。
コメント (11)