ケーキ日記

halfapersonの、東京近郊ケーキ屋さん食べ歩きとネガティブな日記

コーヒーショップKAKO@名古屋・花車本店

2013年04月29日 | その他
名古屋には、巨大なアイアンマンがいました。

ブレンド420円→かなりしっかりした濃さのコーヒーは、眠い目をパチッとさせるにはピッタリ。そんなコーヒーを朝頼むと、名古屋の多くの喫茶店と同様、カコさんでもパンをいただくことができます。分かっていても、ちょっと感動するモーニングのサービス。食パンかソフトフランスパンを選べ、しかも50円プラスでお店のオリジナルジャムを4種類追加できるなんてステキすぎ。ブルーベリーといちごのジャムは王道な作りで、バナナとベリーとグリオットのジャムはふんわりした口あたり。一番印象に残ったのは、お店の創業から続いているマーマレードで、これは味わいがとっても軽やか。甘みが少なめで、オレンジの爽やかさがすごく生かされているのです。あ、これ美味しい!と思わずつぶやくと、周りの常連さんたちとお店のマスターがニコッと笑ってくれたのでした。


一流と二流の差を書いた数種類の本が
丸善の同じ棚に並んでた
いい人を辞めて、話し方を変えて
オシャレをして、孤独になるといいそうだ



----------
shop data coffee shop KAKO(コーヒーショップ・カコ)

名古屋市中村区名駅5-16-17
月~金 7時~19時 土日 7時~17時
地下鉄桜通線「国際センター」徒歩3分 JR線ほか「名古屋」徒歩8分

お店の外観
コメント (5)

ユヌクレ@豪徳寺

2013年04月26日 | その他
箱根小涌園ユネッサンのポスタープリン風呂に入りたいな。

オートミールとコーンフレーククッキー230円→じんわり沁みていくような旨味のあるクッキーは、粗くほろほろと崩れながら、コーンフレークの食感がとてもよく効いています。例えるなら線香花火のような、パチパチと静かに音を立てるような。クッキーって、しみじみ美味しいですよね。
写真奥はフィナンシェ(190円)なのですが、ちょっと珍しい形。縦半分に割った筒型、と言えばいいのかな、一般的なものよりも厚みがある分、食べごたえを感じます。


自分の欲深さがキライ
褒めてって、認めてって
特別扱いしてって
思われたい自分が大キライ



----------
shop data uneclef(ユヌクレ)

東京都世田谷区松原6-43-6
9時~18時 火・水休
イートイン席あり
小田急線「豪徳寺」徒歩4分

お店の外観
コメント (9)

ヴァンサンヌ ドゥ@名古屋・栄

2013年04月24日 | 愛知
やりたいことは、たくさんある。

コールドモカジャバ800円→ほろ苦くやや硬めにしたコーヒーゼリーとバニラアイス、緩めで甘くない生クリームを浮かべ、トロンッとしたチョコレートドリンクをスプーンですくっていただくおしゃれなモカジャバは、コーヒー感がほぼなく、チョコレートの風味をしっかり味わいながら、ビターで大人っぽい印象。ストローではなくスプーンでいただくのがポイントで、冷製のスープをいただくときのように、ゆっくり食べ進むように飲む行為が、なんだか時間を贅沢に感じさせてくれます。ゼリーの口あたり、いいな。


自由な発想は
無欲じゃないと広がらない
なにかを狙った瞬間に
思考って固まっちゃう



----------
shop data カフェ ヴァンサンヌ ドゥ

愛知県名古屋市中区錦3-6-29-B1F
11時~23時
地下鉄東山線「栄」徒歩4分
コメント (9)

ブーランジェリー・スドウ@松陰神社前

2013年04月22日 | その他
鼻がグズグズする。いまさら花粉症かしら。

大人の週末プリン250円→なめらかタイプのプリンをすくって口にしてみると、たっぷりの生クリーム部分からラムレーズンの香りが。うん、たしかに大人味。その香りは、ほのかでありつつしっかりと伝わり、丸みのある優しい甘さを違和感なく包みます。カラメルを敷かず、底にあるのはレーズンの粒。大人の皆さん、プリンは子どもたちだけのものじゃないですよ。プリンをたくさん楽しみましょうね。
写真後ろは、美味しそうだったので我慢できず食べちゃったカレーピザ(400円)。具としてカボチャが乗っていたのがユニーク。ほくほくとしたジャガイモも美味しかったなぁ。


髪にポマードしっかりつけて
刈り上げ方もスマート
丸メガネ長身、スリム、長い足を組み
爽やかに競馬新聞を読む男性がいた



----------
shop data Boulangerie Sudo(ブーランジェリー・スドウ)

東京都世田谷区世田谷4-3-14
9時~19時
日・月曜休(HPで要確認です)
東急世田谷線「松陰神社前」徒歩1分

お店の外観
コメント (5)

ロワゾー・ド・リヨン@アトレ上野

2013年04月19日 | その他
このコロネは、アトレ上野店限定。チョコや抹茶のコロネもありました。

コロネ250円→ケーキ屋さんならではの、ザックザクな食感のコロネ。これは楽しいな。生地の存在感が強くとも、クリームもまた濃厚で、全然負けてなんかいません。マットな色合いで、歯の跡が薄く残るくらいのネットリさ。甘みもしっかりでいながら、なぜか爽やかな余韻なのです。なんでだろう、バターのコクだってあるのに、くどさを感じないだなんて不思議。バニラビーンズの個性なのかな、なにかお酒を効かせてるのかな。
写真奥はお店の定番、シューリヨネーズ(280円)。アールグレーの香りがステキな、紅茶のシュークリームです。

※お店に行ったのは4月18日。


そんなに楽しいかな
生きるのって
なかなか難しいね
ただ絶対死んじゃダメ



----------
shop data ロワゾー・ド・リヨン

東京都台東区上野7-1-1上野駅中央改札 ※アトレ上野店
10時~21時
JR線「上野」徒歩0分
コメント (10)

コンビニスイーツ

2013年04月17日 | その他
40年続くって、すごいこと。

バニラモナカジャンボ126円→40年続くロングセラー、森永製菓のチョコモナカジャンボ姉妹品。誰もがきっと一度は食べたことのあるアイスだと思いますが、あのパリパリ感がいいんですよね、ボクもしょっちゅう食べてます。
で、このバニラモナカジャンボは、パリパリ感が若干弱め。モナカらしい少しヘニャッとした柔らかさがあります。バニラアイスはコクうまミルクのキャッチフレーズどおりミルキーな味わいはありつつ、サッパリとした作りになっていて、食べやすいような物足りないような、どこか懐かしいような。

※コンビニで買ったのは4月16日。


好かれようと思わない
嫌われても気にしない
やるべきことをやって
必要以上に関わらない



----------
shop data 森永製菓チョコモナカジャンボ
コメント (7)

ドゥー・パティスリー・ア・トーキョウ@東京駅ecuteサウスコート

2013年04月15日 | その他
いろいろ俯瞰で見てみたい。

エクレール・ユズ・ヴェルヴェンヌ360円→淡い黄色が美しいユズのエクレア。いろんなタイプのエクレアって、本場でも結構あるのかな。以前フォションでいろんなエクレアを見かけたけど、日本ならではのものなのかな。
一口食べてみると、お、酸味がしっかり!レモンバーベナというハーブを合わせているそうで、名前を知らなければレモンのエクレアかなって思うかも。口いっぱいにジワッと広がるのではなく、ピンポイントでツンツン刺激してくるような渋みがまた、酸っぱい美味しさに幅を持たせています。フォンダンはごくわずかなシャリッと感と、しっかりした甘み。そして皮の厚みと力強さが、エクレアならではの楽しみをちゃんと伝えてくれるのでした。

※購入したのは4月13日。


夕飯食べに牛丼屋へ寄った
できあがるのを待つ間に
食券を買う長い列ができた
みんなも寂しいのかな



----------
shop data ドゥー・パティスリー・ア・トーキョウ

東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅構内サウスコート内
8時~22時(日祝~21時)
JR線「東京」駅構内
コメント (5)

粉花@浅草

2013年04月12日 | その他
もうダメかなぁって、何度も思う。

アップルパイ480円→今シーズン(?)最後のアップルパイ。キューッとくる酸っぱさはほどほどに、焼かれて柔らかくなった果肉の甘みと癒しの効果を実感します。なんだろう、ドーン!と存在感があるんじゃなくて、春らしい温かみというか。生地のコクが口に残らず、パリパリとした食感と粉の旨味が、そんな印象を作るのかな。
この日は天候が大きく崩れると予報されていて、昼過ぎにお店にうかがうときにはパンがけっこう残ってるかなぁと思いきや、棚に置かれたパンは全部売り切れ。粉花さんの人気は、春の嵐になんて全然負けないのでした。

※お店に行ったのは4月6日。


おはよーと言うと
ニャーと言う
ただいまーと言っても
ニャーと言う



----------
shop data 粉花(このはな)

東京都台東区浅草3-25-6
10時30分ごろ~売り切れ終了
日・月・火休(HPで要確認)
イートイン席あり(12時~)
東京メトロ銀座線ほか「浅草」徒歩9分

お店の外観
コメント (8)

アンプレスィオン@丸の内JPタワー

2013年04月10日 | その他
お好み焼きが食べたいな。

宮崎日向夏と矢車菊368円→清涼感のあるその姿もさることながら、画数の多い漢字が並んだ名前がステキ。日向夏は酸っぱさや苦みが想像よりも少なく、カットのされ方が大きめなので、その味わいをしっかり楽しむことができます。矢車菊は食用の花で、器の中に舞う紫色の花びらがそれ(上に飾られているのはパンジーです)。この花の香りなのか、意外と弾力のあるゼリー付けられたものかは分からないのですが、わざとらしくなく、花の香りが伝わってきます。
写真奥の飲み物は、こちらも個性的な名前の、クレマンティヌとマンゴ・パッション・バナナ(420円)。印象としてはバナナ5、マンゴー3、パッション2くらいな味わいで、ごく弱くネクターっぽさがありながら、バナナの甘みをスッといただけるバランス。あ、これ美味しい。

※お店に行ったのは4月6日。


少し眠りたくて
スタバの席に座った
近くの席で、オバサンが
大きな声でしゃべってた



----------
shop data アンプレスィオン

東京都千代田区丸の内2-7-2-B1F
月~土 10時~21時 日曜 10時~20時(祝前日は~21時)
JR線「東京」徒歩3分

----------
data 丸の内KITTE
コメント (7)

パティシエ・イナムラショウゾウ@上野桜木

2013年04月08日 | その他
春の嵐、すごかったですね。

和栗のショート450円→上野の山のモンブランが有名なイナムラさんで、栗を使ったこのショートケーキを食べるのは初めて。口にしてみると和栗の風味より、イナムラさんらしいミルキーな生クリームの味わいが印象に残ります。柔らかで、優しくて。間に挟まれているのはマロングラッセなのかな、食べやすく崩れながら、栗を食べてる感を長く楽しませてくれます。
写真奥は、特製苺ロール(420円)。これはボクにとって、とても思い入れのあるケーキで、ブログ再開で最初に食べたいなって、真っ先に頭に浮かんだもの。力強く、風味良く、甘み強く、なによりとても美しく。

※お店に行ったのは4月6日。


サクラが咲いて
すぐに散って
緑の葉が出ても
ボクは全然変われない



----------
shop data パティシエ・イナムラショウゾウ

東京都台東区上野桜木2-19-8
10時~19時
月・第3火曜休(月曜祝日時は翌火曜)
JR山手線「鶯谷」徒歩7分

並んだ列から見た外観
コメント (15)

ご報告

2013年04月03日 | その他
3月29日の卒業公演、30日と31日の握手会を終え、秦佐和子さんはSKE48を卒業しました。

卒業と言っても悲しいものではなく、声優という夢を叶えるための決断なので、ボクらファンは前向きに、「さようなら」ではなく「いってらっしゃい。」の声をかけることができました。あ、比喩としてじゃなく、実際にみんなで「いってらっしゃい。」と叫んだんですよ(リンク先の動画、4分25秒くらいからその様子を見ることができます)。

まさか自分がこうしてアイドルにハマるだなんて、いまでもなんだかウソみたいです。卒業を発表してから最後の公演に向けての準備も無我夢中で、時がたつのがあっという間。それだけ秦さんに思い入れがあるということなのですが、それと同時に、ボク以上に熱く応援している方たちと接することが、ものすごく刺激になっていました。

皆さんとても優しく、応援している秦さんや他のメンバーのことをつねに一生懸命考えているのです。その行動力と思い入れの強さ、そして話をしているときの笑顔を見ていると、その輪に入れることが楽しくてしかたありませんでした。

そんな方たちと協力し合いながら、自分たちの思いを目に見える形にしていく作業もまた、とてもワクワクするものでした。誕生日を祝う方法を話したり、お祝いのメッセージカードを集めたり、コンセプトに合ったプレゼントを考えてみたり、どんな花を贈るか、サイリウムの色はどうしようか…そんな中で去年の秋、自分のデザインしたパーカーをみんなで着ることができたのは、これ以上ない喜びでした。秦さんと一緒に撮った写真は、ボクの一生の宝物です。

秦さんが卒業し、これから先、ボクはどうするんだろう。なかなか答えは出ないけど、いつの日か夢を叶え、声優として戻ってくる秦佐和子さんを待ちながら、ケーキ屋さんやパン屋さんを回りたいと思います。


もうそろそろ、日記再開しますね。
コメント (13)