ケーキ日記

halfapersonの、東京近郊ケーキ屋さん食べ歩きとネガティブな日記

菓子工房RESSOURCES@赤羽橋

2011年11月30日 | その他
風邪対策で、しょうが焼き食べたい。

マカロン200円→少し高さのある、ルスルスさんらしい元気でコロンッとした形で、表面薄くカリッと崩れ、厚みはあってもねっちり感は適度。ビターなチョコの風味が感じられつつ、隠れいているパッションフルーツのキュンとくる酸っぱさが、チョコの酸味とうまく繋がります。けっして目立たないけれど、このパッションフルーツの生かし方は大好き。ちなみに、マカロンのフレーバーはチョコのみでしたが、サイズは2種類、これより小ぶりのものもありました。
ルスルスさんは、来春をめどに浅草へ移転される予定です。その前にぜひ一度、東京タワーが臨める赤羽橋のお店へ出かけてみてくださいね。

※お店に行ったのは11月26日。


抱っこしてもらいたい男の子が
正座し、床に手をついた
腰に手をあて立つお母さん
なんだか時代劇みたい



----------
shop data 菓子工房RESSOURCES(ルスルス)

東京都港区東麻布1-28-2
12時~20時 日~水休(HP要確認)
テラス2席、お店の前に公園あり
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」徒歩1分

お店の外観
コメント (5)

【移転】つづる、@月島

2011年11月29日 | その他
「つづる、」さんは、細い路地の先にあるステキな焼き菓子屋さん。

黒糖と塩いちじくのケイク250円→まず思ったのは、一般的なパウンドケーキのようにバターのコクがジュッと染み出てきたりはしないんだな、ということ。ちょっとムッチリした弾力があって、大げさに言えばパンのような印象も。黒糖の甘みはけっして強くなく、でもその風味の太さはちゃんと生かされていて、ベースの弦を弾いたようなビーンと響く塩の味わいと、とても自然に繋がります。大人っぽいいちじくの美味しさや、細かなナッツの食感もいい感じ。
もう一つの焼き菓子はオーツ麦とお米(600円)で、この日「つづる、」さんに並んでいたお菓子の中で唯一バターを使っているものとのこと。ライスパフの食感と固まり方が雷おこしを連想させつつ、穏やかな甘さよりもオーツ麦の味わいが表に出ているので、美味しく次々つい食べ進んじゃいます。

※お店に行ったのは11月28日。


電車が大好きみたいで
テンション高く乗ってきた男の子
5分後にはもう飽きちゃって
ずっとゲームをやっていた



----------
shop data つづる、

※お店は奈良に移転しました

東京都中央区月島2-20-3
11時~17時(売り切れ終了)
金・日休
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島」徒歩5分

お店の外観
コメント

オー・デリス・ドゥ・ケンジ@京島

2011年11月28日 | その他
浅草寺の木々も、徐々に色づいてきました。

タルトタタン420円→存在感のある厚みがステキなケンジさんのタタン。深い飴色の表面と、透き通るようなリンゴの質感が、この厚みあってこそより美しく感じられるよう。
ここでワンポイント。クリームが飾られていないタルトタタンは、レンジでほんの少し温めてからいただくと、トロンッとした口あたりと、その風味がさらに引き立ちます。…自分発信のように書いちゃいましたが、ケンジさんのマダムに、そう教えていただいたのでした。今回もレンジで30秒ほど温めると、果肉が柔らかく溶けていき、キューっとくる紅玉の酸味もふくよかに広がっていくので、酸っぱ過ぎて口の横が痛くなるなんてことはなかったです。美味しかったなぁ。
写真後ろはイベール(420円)という、キャラメルとコーヒーそれぞれのムースを重ねたもの。キャラメリゼされたクルミが中に隠れていました。

※お店に行ったのは11月26日。


浅草観光のおばあちゃんたちは
女子高生のようにはしゃいでいて
首から下げるのは
大きなデジタル一眼レフカメラ



----------
shop data AUX DELICES DE KENJI(オー・デリス・ドゥ・ケンジ)

東京都墨田区京島3-19-4
11時~18時30分
水曜休
京成線「京成曳舟」徒歩6分

お店の外観
コメント (6)

Cafe & Meal MUJI@有楽町

2011年11月27日 | その他
晴れた土曜日、粉花さんのトースト食べました。

パンデロー350円→カステラの元になったと言われるポルトガルのお菓子。ちょっと前によく見かけた気がする半熟(半生?)カステラは、甘さが口に長く残るかなぁと個人的に思っていたので、そのイメージで食べてみると、あ、全然違うぞ。粉をほとんど使わず作っているとのことですが、想像よりもきめが細かく、ギュッとしまって食感もしっかり。温めると違うのかもしれないけれど、甘さが残らず味わいの優しさが伝わってきます。

※お店に行ったのは11月25日。


無印カフェのレジに並んでいると
すぐ前に並んでいる女性が
トレイに山盛りのパンを買っていて
それを3個ずつ袋分けてとか言って…



----------
shop data Cafe & Meal MUJI

東京都千代田区丸の内 3-8-3-2F
10時~21時
不定休
JR山手線「有楽町」徒歩1分

お店の天井

----------
data 無印良品
コメント (3)

フルーツパーラー・フクナガ@四谷三丁目

2011年11月26日 | その他
フクナガさんの人気すごい。開店直後に満席だもの。

柿パフェ850円→毎回思うのですが、フクナガさんのパフェは、その盛り付け方が魅力的。旬の果物を美しく見せているのはもちろん、高級感を出すよりも、身近で親しみを持たせているような、そんな気がします。
今回のパフェは柿を2種類使っているそうで、飾られているのは富有柿、そしてダイス状にカットされグラスに収まっているのはおけさ柿という名前。富有柿は身が柔らかでありながら食感よく、サクッと音が聞こえるよう。おけさ柿に甘みを強く感じたのは、シャーベットと一緒に食べたからかな。
そうそう、フクナガさんといえばもう一つ、パフェに飾られた果実はいつも、皮つきで食べるようオススメされます。さすがに柿は違うかなと思い、果肉だけかじってたら、マスターに「皮のあたりの方がむしろ美味いんだぞ」って言われちゃいました。実際、口あたりに皮の厚みは感じるけれど、甘みがあって美味しいんですよ。

※お店に行ったのは11月25日。


C&Cカレーにいたお客さんで
らっきょを山ほど入れてる人がいた
カレールーに浮かぶらっきょは
大きなごはん粒のように見えた



----------
shop data フルーツパーラー・フクナガ

東京都新宿区四谷3-4
※マスターが骨折リハビリ中なため、営業時間が変更になっています
平日15時~19時30分LO 土曜11時30分~17時30分LO
日・祝休
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」徒歩2分

お店の外観
コメント (7)

キュイソン@奥沢

2011年11月24日 | その他
頭が痛くて目が覚めた。

焼きバナナのフラン320円→フランといえば、卵の風味を生かしつつ焼かれた、弾力のある作りなイメージですが、キュイソンさんのフランは、焼き方をもう少し抑えてらっしゃっているのか、プリンのような仕上がり。そこに合わせるバナナの層は、強い香りづけなどをせず、バナナの甘みをそのままシンプルに伝えてくれるので、全体にとてもフレッシュな印象。折りパイ生地が薄くサクッとした食感を演出し、その香ばしさがフランに深みをプラスします。

※お店に行ったのは11月20日。


個性って何だろう
ホントの自分、って何だろう
夢や希望にあふれてた
そんな時期ってあったかな



----------
shop data キュイソン

東京都世田谷区奥沢4-15-13
11時~19時 水・木休
カウンター席あり(LO17時)
東急目黒線「奥沢」徒歩4分

お店の外観
コメント (7)

ホクバ@豪徳寺

2011年11月22日 | その他
ホクバさんは、野菜カレーとお菓子のお店です。

ピーナッツバターガレット230円→ユヌクレの店員さんから、美味しいのでぜひ立ち寄ってみてくださいとオススメされたお店のお菓子。最初に名前を聞いたときは、刻んだピーナツを入れたガレットなのかなぁと思ってたのですが、一口食べてビックリ!その風味は濃厚でまったりとしたピーナッツバターそのものなのです。あ、これすごく美味しい。ガレットらしい食感と崩れ方なのに、ピーナッツバター味。ボクも誰かにオススメして、ビックリさせたくなりました。
写真奥のオートミールスティック(330円)は、ごく軽く広がるシナモンの香り。ガリガリ食べ進むのがとても楽しく、どこか素朴な味わいが、しみじみと感じられます。

※お店に行ったのは11月19日。


人混みの中を歩くときは
自分は風車だって言い聞かせる
人にあたって、クルクル回るイメージ
風車じゃなくて、水車か



----------
shop data HOQUBA(ホクバ)

東京都世田谷区赤堤2-17-9
12時~20時(LO19時30分)
月曜休
小田急線「豪徳寺」徒歩6分
コメント (5)

ユヌクレ@豪徳寺

2011年11月21日 | その他
世の中にはホントに、ステキなお店がたくさんあります。

コンプレショコラ230円→コンプレというと、粉の美味しさを感じさせる素朴でシンプルなパンのイメージ。そこにチョコをプラスしたらどうなるんだろ、と想像しながら食べると、うん、ざっくりした食感と風味はそのままに、違和感なくチョコのビターさが絡みます。パンの楽しみのひとつでもある噛むことを意識させながら、少し温めていただくと、溶けたり焼けたりしたチョコの味わいがさらに増す感じ。
写真奥はトロペジェンヌ(240円)。ミルククリームと季節のジャムを挟んだブリオッシュ生地は、フワッと目が大きく、でも柔らかすぎず、ミルクの風味が口いっぱいに広がって、とってもリッチな美味しさ。この時期のジャムは洋梨とバニラビーンズ。ミルククリームととてもよく合うんですよ。

※お店に行ったのは11月19日。


ちょっと風邪ぎみで、ノドが痛い
会社休みたいな
でも休めないな
気持ちを無にして、今週も頑張ろう



----------
shop data uneclef(ユヌクレ)

東京都世田谷区松原6-43-6
9時~17時(※12月から~18時) 火・水休
イートイン席あり
小田急線「豪徳寺」徒歩4分

お店の外観
コメント (6)

食べられなかった日は…

2011年11月20日 | ニヤ
どんな夢見てるのかな。


3年ぶりに会った美しい女性は
小さな小さな男の子を抱いていた
旦那さんも、親類の方もみな笑顔
幸せオーラがハッキリ見えた

コメント (4)

KAISO@下北沢

2011年11月19日 | その他
カイソさんの雰囲気、大好き。お客さんも皆さんいい感じ。

いちじくケーキしっとりキャラメル350円→口の中でゆっくり溶けほぐれるにつれ、徐々に深まっていくキャラメルの風味がステキなパウンドケーキ。飾られたイチジクのプチプチした食感と甘みの濃さを、生地がしっかり受け止めます。見た目も美しいな。なんだかダンディだな。
飲み物は今回、自家製ジンジャーエールをチョイス。辛みや甘みが強いところでちゃんとバランスを取ってます。これからの時期の、強い味方になってくれるハズ。
ここまでの感想では分からないと思いますが、カイソさんはとってもステキなパン屋さんなのです。下北沢へ行く楽しみが、またひとつ増えました。

※お店に行ったのは11月12日。


雨が降ってきたけど、傘がなくて
街路樹の下を歩いて帰る
途中、風が吹いてきて
大きな水滴ボタボタ落ちてきた



----------
shop data KAISO(カイソ)

東京都世田谷区代沢5-6-15
11時~19時 月曜・第3火曜休
小さなテーブル席あり
小田急線「下北沢」徒歩10分

お店の外観
コメント (5)

tonga coffee@代々木

2011年11月18日 | その他
お店が角地で尖んがっているからトンガさん。

ケーキ盛り合わせ540円→けっして種類は多くないけれど、自家製のスイーツを出してらっしゃるコーヒーのお店、トンガさん。それらをちょっとずつ、ワンプレートでいただけます。うれしいな。中でも好きだったのはアーモンドタルト。アーモンドスライスがパリパリッと割れる食感と風味を楽しみながら、隠れた干しブドウが味のいいアクセントに。ジュッて染みでる感じなのです。
ガトーショコラのほどよい濃厚さはブラックのコーヒーにもちろん合うし、紅茶なイメージのスコーンもまた、その香ばしさがコーヒーにぴったり。スコーンは少しフカッとしたところもありました。

※お店に行ったのは11月12日。


いつも読むブログにあった、印象深い言葉
「いつも素直な自分でいられなくても
そのことを素直に受け入れられる
自分でいられますように」



----------
shop data tonga coffee(トンガコーヒー)

東京都渋谷区代々木1-33-1
平日10時~19時 土曜12時~18時
日祝休
JR山手線ほか「代々木」徒歩2分

お店の外観
コメント (4)

フラクタス@千駄ヶ谷

2011年11月17日 | その他
いろいろあって、今週長いなぁ。

グラノーラシェイク900円→今回はブルーベリー+ココアにしたのでプラス100円(ほかにはジンジャーやカボチャのグラノーラがありました)。この名前を聞いて、いろいろ想像しますよね。コーンフレークのようなグラノーラを、一緒にミキサーにかけちゃうのかな、とか、同じ容器に収まったとしてどう飲むのかな、とか。実際出てきたときでさえ、どうだろうってちょっと思いました。
結論を言えば、これ、すごく美味しいです。けっして安くない値段なので、イメージは南国のリゾートホテルでいただく朝食って感じ、かな。ベースのシェイクはバナナで、ライスミルクかソイミルク、そして冷たいものか常温かを選べます。バナナの少し若い甘み、キュッとしまった味わいが伝わり、グラノーラの香ばしさやザクザク感とよくなじみます。グラノーラはオーツ麦とココアの風味がしっかり伝わりつつ、時折顔を出すクルミに出会うと、思わずニヤッとしちゃう。ボリュームもあって、満足満足。

※お店に行ったのは11月12日。


血液検査をした病院の先生いわく
呼吸は肩でするんじゃなく、脇腹を使い
ふいごのように肺を膨らますといいそうです
…どうやるんだ



----------
shop data フラクタス

東京都渋谷区千駄ヶ谷1-20-3
月~金 11時~21時 土曜 11時~19時
日・祝休
都営地下鉄大江戸線「国立競技場」徒歩3分 JR総武線「千駄ヶ谷」徒歩4分

お店の外観
コメント (5)

パティスリー・アブルーム@石神井公園

2011年11月16日 | その他
風がビュービュー吹いてます。

タルトタタン450円→ルビーのように深みのある赤の、その澄んだ色はキレイなグラデーション。生クリームをポテッと飾った姿はかわいらしく、下に敷かれた生地は焼き色濃く、層を成す分若干厚め。それらトータルのバランスが、とても食べやすく柔和な表情のタタンにしています。生地のザクザクとした食感と香ばしさで、果肉のとろけるような口あたりと甘みがグッと引き立てられる感じ。美味しいな。
アプルームdeシュー(200円)はバニラの優しい香りが口いっぱいに。クリームは中で2層に分かれていて、食べ進むうち楽しみ方も変わるよう。こうした一工夫って、うれしいですよね。

※お店に行ったのは11月11日。


最近、血液の検査をした
その結果はこんな感じ
ニヤさん、なんと
猫アレルギーがレベルMAXになりましたよ



----------
shop data パティスリー・アブルーム

東京都練馬区石神井町4-2-6
10時30分~20時
水曜休
西武池袋線「石神井公園」徒歩3分

お店の外観
コメント (2)

クラックラン@海浜幕張

2011年11月15日 | その他
さぁ、ちょっぴり休もう!

クラックランさんでは、月ごといろんなフランス伝統菓子が楽しめます。そういうのって、ステキですよね。一番手前のお菓子はドフィノワ(189円)という、フランス南部・ドフィネ地方のお菓子。エンガーディナーと少し違いがあるのかな。厚く柔らかに崩れていく生地が、ねっちりとして存在感のあるキャラメルとクルミを包みます。食べごたえばっちり。
小さな細長いお菓子はナベット(126円)。オレンジの水、フルール・ド・オランジュを使っているとのことですが、その香りは甘いというより爽やかさが強いレモンのよう。
大きくて丸いのはアルザシエンヌ(179円)。その風味からバターリッチなことがすぐ分かるくらい、旨味が口いっぱいに広がります。アルザスの模様が美しく、間には木苺ジャムを薄くサンド。
チョコケーキはガトーショコラ・ナンシー(231円)。アミティエさん以外でナンシーの名前を聞いたのは初めてかもしれない。中にもチョコが隠れていて、チョコ好きの方は絶対満足間違いなし!

※お店に行ったのは11月13日。


ものすごくキレイな方にお会いした
あまりにキレイで
優しい笑顔で
ステキすぎて、ちょっと胃が痛くなった



----------
shop data クラックラン

千葉県千葉市美浜区打瀬2-5パティオス三番街
10時~19時
JR京葉線「海浜幕張」徒歩12分

お店の外観
コメント (7)

mignon@小石川

2011年11月14日 | その他
ミニョンさんのパンは、個性しっかり。

小石川ブレッド400円→ご近所の方のお話を参考に作ったとおっしゃっていたパンは、水分と弾力を感じるモチモチした食感と、ほんのり広がる甘い味わい。お店で夕方に焼かれ、粉と酵母が馴染む翌朝が食べ頃とのことでしたが…ミニョンさんごめんなさい、美味しくて夕飯に全部食べちゃいました。そのままいただくより、個人的にはトーストした方が好み。焼き上がりのカリッとさがしっかりしている気がします。
瓶のジャムは、お店で作ってらっしゃる柿とオレンジ(500円)。オレンジの甘みから始まる爽やかな印象で、その口あたりと余韻から柿の美味しさが伝わってきます。手作りの温もりが感じられる、とても優しいジャムなのでした。

※お店に行ったのは11月11日。


ケーキ屋さんのレジでお金を払うとき
「ごちそうさま」って言ったら
店員さんもつられて
「ごちそうさま」って返してきた



----------
shop data mignon(ミニョン)

東京都文京区小石川4-17-22
パンの販売 11時30分~18時30分ごろ(売り切れ終了)
※土・日・祝・月休
※パンは16時30分ごろの焼き上がり(※休み明けのお昼はパンがありません)
路線「駅名」徒歩分

お店の外観
コメント (2)