ケーキ日記

halfapersonの、東京近郊ケーキ屋さん食べ歩きとネガティブな日記

conanoco scone@新宿三越アルコット

2011年01月31日 | その他
人混みに酔って、ここで休憩したのでした。

ざくほろほろにが171円→ドームの形で小さめな、かわいらしいスコーンは、ザクザクと割れ崩れるのかと思いきや、意外と中はシットリさが残る作り。チョコレートのビターさを生かすには、あまり火を入れすぎてもいけないということなのかな。ナッツとオレンジの香りが効いてます。
写真奥はりんごメープル(171円)。こちらもまた中までしっかりザクザクというわけではなく、想像していたものとのギャップに正直少しとまどいが。メープルらしさももうちょっとあるといいかも。

※お店に行ったのは1月29日。


今回のサロン・デュ・ショコラでの収穫は
ものすごくカワイイ女の子を見かけたこと
その隣にはステキな彼氏
ふたりで仲良くチョコ食べてね



----------
shop data conanoco scone(コナノコスコーン)

東京都新宿区新宿3-29-1-B2F
11時~21時
カウンター、テーブル席あり
東京メトロ丸の内線「新宿三丁目」徒歩1分
コメント (8)

オー・デリス・ドゥ・ケンジ@京島

2011年01月29日 | その他
週末、ケーキたくさん食べたいな。

サランボ300円→雑誌「Hanako」でも紹介されたシューは、小ぶりで厚く飴がけされたもの。バリッと割れるカラメルのビターさと甘み、クリームに効かせた香りと合わせて、ちょっと大人な美味しさなのです。サランボは珍しいけれど、飴がけのシューはいくつかのお店にあるので、見かけたらぜひ食べてみてくださいね。
写真後ろのパルミエ(200円)は、ザクザクするだけじゃなく、噛むごとちゃんと生地の味わいも感じられるよう。こうしたお菓子を食べられる幸せをしみじみ堪能したのでした。

※お店に行ったのは1月23日。


自分なりに頑張って
最後まで走りぬいて
でも、虚しさしか残らない
そんな一日だった



----------
shop data AUX DELICES DE KENJI(オー・デリス・ドゥ・ケンジ)

東京都墨田区京島3-19-4
11時~18時30分
水曜休
京成線「京成曳舟」徒歩6分

お店の外観
コメント (13)

パティスリー・アビニヨン@東向島

2011年01月28日 | その他
久しぶりの自分撮り。いつもこの格好です。

マカロン・ピスターシュ250円→この写真だと分かりにくいけれど、とっても厚みがある作り。その厚みの分パリッと割れる食感が大きく響くような印象で、ピスタチオの風味はきな粉のように、香ばしさを持って広がります。
写真後ろはエクレールショコラジャンジャンブル(380円)で、ショウガを使ったエクレア。ミルクチョコクリームをなめると、ピリッと辛いショウガを感じるけど、その下にはキャラメルクリームが隠れていて、全体ではとてもバランスのとれた風味と甘みに。大人なエクレアなのでした。

※お店に行ったのは1月23日。


スーパーに、カルボナーラ鍋の素があった
もはや鍋スープにならないものはないね
鍋とランチパックのバリエーションは
日本人らしさをよく表してるのかもしれない



----------
shop data パティスリー・アビニヨン

東京都墨田区墨田3-1-19
11時~20時
火曜休
東武伊勢崎線「東向島」徒歩4分

お店の外観
コメント (6)

ウエスト青山ガーデン@青山

2011年01月26日 | その他
日本橋の高島屋には、もうおひなさまが。

ホットケーキ945円(2枚)→で、でっかい…いや、なんてステキな大きさなんでしょう。筒型じゃなく自然な、円盤型の厚みがあって、口にするとびっくりするくらいふっくらとした仕上がり。あ、これ美味しい。ほどよい弾力のある柔らかさと、口にいつまでも残らない後味の良さは、表面パリッとしたホットケーキとはまた違った、その名のとおりケーキっぽい作りなのです。バターを塗って、シロップかけて、2枚なんてあっという間に食べ切れちゃいますが、もちろん1枚からの注文もオッケーです。

※お店に行ったのは1月23日。


なぜこうしなかったのか、と
昔の自分を責めないこと
嫌なことを思い出して
今の自分を責めないこと



----------
shop data 洋菓子舗ウエスト

東京都港区南青山1-22-10
11時~20時
イートイン席あり
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩4分
コメント (8)

フルーツパーラー・フクナガ@四谷三丁目

2011年01月25日 | その他
いちごの魅力って、なんだろう。

いちごパフェ900円→チョコレートパフェが王様なら、いちごパフェは女王様。なんと艶やかな美しい赤なんでしょ。葉っぱが付いたあまおうと、カットされたとちおとめを飾り、器の中にはいちごのシャーベットがぎっしり。あまおうは味わいがギュッと濃くて、とちおとめはみずみずしい甘さ。種がプチプチと弾け、甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。
食感、香り、大きさ、色、形。爽やかなその味だけじゃなく、いろんな要素で魅了する、いちごのような人になりたいな。

※お店に行ったのは1月20日。


仲良くしているスタバの店長さん
来月異動になるらしい
残念だな、寂しくなるな
最後の日は、ラテたくさん飲むよ



----------
shop data フルーツパーラー・フクナガ

東京都新宿区四谷3-4
11時30分~20時(LO19時30分)※水曜のみ15時~
日・祝休
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」徒歩2分

お店の外観
コメント (7)

マザー牧場 milk bar@秋葉原

2011年01月24日 | その他
再開した秋葉原のホコ天に行きました。

りなクルジューちゅ560円→ケーキの注文をするお客さんで、よく「これと、これと…」って商品名を言わない人がいるじゃないですか。たしかに難しいのもあるけれど、ちゃんと名前でお願いすればいいのになぁって、いつも思うのです。でもね、ごめんなさい。今回の注文は、メニュー指差しながら「これを…」って言っちゃいました。「ジューちゅ」とは言えなかったです。はぁ、まだまだだな自分。
フルーツ風味のヨーグルトジュースをベースに、星形のナタデココを飾り、マザー牧場のソフトクリームを盛ったかわいらしい作りの限定品は、AKB48チームBに所属する近野莉菜さんがプロデュースしたもの。イチゴの甘酸っぱさがプラスされていたり、氷がハート形になっていたりと、細かくこだわって作ってありました。フルーツとナタデココを食べたあとは、全体を混ぜてシェークのように召し上がれ。

※お店に行ったのは1月23日。


手に持つおもちゃを、戦闘機に見立て
子供がブンブン言っていた
手に持っているのは飛行機じゃなく
白いアザラシのぬいぐるみだった



----------
shop data マザー牧場 milk bar アトレ秋葉原1店

東京都千代田区外神田1-17-6
8時~21時(LO20時45分)
JR線ほか「秋葉原」徒歩1分

----------
data マザー牧場

----------
data アトレ秋葉原
コメント (6)

三日月氷菓店@柏

2011年01月22日 | その他
きょうもいい天気ですね。

生いちご630円→この季節限定、一日40杯までの生いちごは、三日月さんらしい淡く甘さ控えめな作り。薄くかかれた氷は重なり方が優しいというか、フワッとした軽さを感じます。自然ないちごの甘みには、練乳をプラスしても合うし、そのままでももちろんOK。
空気がとても冷たい日だったのですが、お店はお客さんでいっぱい。温かな店内で食べるかき氷、多くの方がクセになってるようでした。

※お店に行ったのは1月16日。


自分に投資をしたいけど
なにをどうすりゃいいのやら
ひとつ信じて進むこと
それができない気持ちの弱さ



----------
shop data 三日月氷菓店

千葉県柏市柏1-5-5-2F
11時~18時
火曜休
JR常磐線ほか「柏」徒歩3分

お店に上る階段の入り口
コメント (5)

OpenOven@市川

2011年01月21日 | その他
きょうのお昼ご飯、何を食べようかな。

日替わりデザート3種盛り合わせ460円→カフェスペースのあるパン屋さんのオープンオーブンさんは、パンはもちろんデリやデザートも充実していて、今回のプレートは手前からティラミス、シナモンが香るマフィン、そしてカップに入った栗のプリン。栗のプリンは弾力が強く、まったり広がる栗の風味。お好きな方はお酒を少したらしても美味しくいただけそう。
このほかにトーストも食べました。厚切りでザクッとした歯ざわりと、ふっくらした生地の甘み。バターが染みて、もうたまりません。

※お店に行ったのは1月16日。


カウンター席のみのカレー屋さんで
カキフライカレーを食べた
目の前にトッピングメニューが貼られていて
そのなかに、とろろがあった



----------
shop data OpenOven(オープンオーブン)

千葉県市川市市川2-30-25
8時~19時 木曜休(不定休ありHPで要確認)
イートイン席あり(15時まで)
JR総武線「市川」徒歩6分

お店の外観
コメント (5)

ブランジュリー・パリの空の下@若林

2011年01月19日 | その他
美味しいラーメン食べたいな。

タルト・ショコラ380円→ほんの少しいびつなようでいて、薄くスパッと切れるシャープもあるかっこいいタルト。グアヤキルを使ったチョコ部分は、濃厚で長く口に残るタイプではなく、口溶け早くすっきりとした味わい。もちろん深みと甘さはあるわけで、それはもしかしたら、チョコの下に隠れた層が関係してるのかな。
写真奥は、お店のバゲットを使った「元気が出る、鶏レバーサンド!!」(330円)。レバーが苦手、ピクルスが苦手な方は絶対ダメだけど、どちらも好きなボクにはもうたまらない組み合わせ。食べて元気が出ました。ありがとう、お店の人。

※お店に行ったのは1月15日。


朝6時の街を歩くと、意外なほど
たくさんの人とすれ違う
早朝出勤、ごくろうさまです
ボクは帰ってひと眠りします



----------
shop data ブランジュリー・パリの空の下

東京都世田谷区上馬5-40-13
11時~19時(売り切れ終了)
日月火休
東急世田谷線「若林」徒歩6分

お店の外観
コメント (8)

ブーランジェリー・スドウ@松陰神社前

2011年01月18日 | その他
重ね着しても、やっぱり寒いね。

厚切りフォカッチャラスク130円→この大きさでこの値段、とってもお得なスドウさんのラスクは、全体がカリッと固いわけじゃなく、噛むほどにパンらしい美味しさも伝わる柔らかさも。
写真奥はショコラヴァローナオランジェ(280円)という名前の、チョコを巻いたクロワッサン。折り込む回数が違うのかな、層を少なくしていますと説明書きにあり、サクサク割れる心地良さと、しっとりして弾力のある食感の2つが楽しめるよう。なにより端正な姿が、スドウさんらしいなぁと思ったのでした。

※お店に行ったのは1月15日。


目の前のことに全力をつくそう
ムリならせめて
つくすべく心がけよう
ここが踏ん張りどきだ



----------
shop data Boulangerie Sudo(ブーランジェリー・スドウ)

東京都世田谷区世田谷4-3-14
9時~19時
日・月曜休
東急世田谷線「松陰神社前」徒歩1分

お店の外観
コメント (5)

粉花@浅草

2011年01月17日 | その他
あまりに寒かったので、無印でモフモフな帽子を購入。

ガレットデロワ400円→アーモンドクリームがたっぷりで厚みのある、粉花さんらしい元気な作り。オーガニックのアーモンドを使ってらっしゃるとのことで、鼻から抜ける強い香りを想像していると、お、卵を連想させるような風味と、舌に優しく乗るような軽さ。厚みがある分ふっくらとして柔らかく、サクッと割れる生地とのコントラストがステキ。香ばしさも効いてます。

※お店に行ったのは1月15日。


小さな男の子が、満面の笑みで
ソフトクリーム食べて叫んでた
「おいしーい!!」 そう、その感じ
ボクが追い求めるのは、その感じ



----------
shop data 粉花(このはな)

東京都台東区浅草3-25-6
10時30分ごろ~売り切れ終了
日・月・火休(HPで要確認)
イートイン席あり(12時~)
東京メトロ銀座線ほか「浅草」徒歩9分

お店の外観
コメント (10)

洋菓子舗ウエスト@赤坂Bizタワー

2011年01月15日 | その他
受験生のみなさん、できるだけ気楽にね。

ピスタチオ452円→ウエストさんでは珍しいかな、クッキーを飾った、ちょっとデザインされた姿。生地はシットリとした口あたりで、ピスタチオらしい若々しく華やかな風味がフワッと広がり、その伝わり方はとても上品。ヘーゼルナッツの層もあるようで、それが風味に幅を持たせているのかな。クッキーからはなぜか、レモンのような爽やかさを感じます。
写真後ろ、こちらはとてもウエストさんらしい姿のバタークリームケーキ(399円)。手にすると軽く、カクッと割れるようなバタークリームの食感となめらかな口溶け。生地の溶け方も早く、懐かしくも古さのない、いつまでも残っていてほしい美味しさなのでした。

※お店に行ったのは1月11日。


電車の隣の席でゲームをする男子
イアフォンつけて、音漏れはしてないけれど
ボタン連打の音がずーっと
カチカチカチカチカチ響いてる



----------
shop data 洋菓子舗ウエスト

東京都港区赤坂5-3-1-B1
月~金 10~22時
土日祝 11~20時
東京メトロ千代田線「赤坂」徒歩1分
コメント (4)

Fragaria×Ananassa@亀戸

2011年01月14日 | その他
フラガリアさんの店内にいると、カワイイ女の子の部屋に遊びにきたみたい。

ピスタチオと苺ティラミス440円→ピスタチオクリームのグリーンと、イチゴの赤とのコントラストが、ショーケースにあるほかのケーキよりもパッと視線を奪うようで、モンブランのようなしぼりかたも効果的。ピスタチオの風味は全開!の手前で、ティラミスならではのコーヒーのビターさも控えめ。なめらかな口あたりと柔らかな膨らみ、そんな印象の異なるクリームで、イチゴの甘酸っぱさをサポートする。

※お店に行ったのは1月9日。


幸せってなんだろう、って
考えたって答えは出ないよ
それは知るもの
気づくべきもの



----------
shop data Fragaria×Ananassa(フラガリア×アナナッサ)

東京都江東区亀戸7-12-19
11時~20時 水曜休
イートイン席あり
JR総武線「亀戸」徒歩10分

お店の外観
コメント (11)   トラックバック (1)

手作り菓子工房ouef@住吉

2011年01月12日 | その他
お昼に食べた中華弁当、すごく重かった。

アメール380円→チョコを突き立てた姿が独創的。これ、カッコイイなぁ。全体にビターな仕上がりなので、生地にシロップをうって甘さをプラス。刺さったチョコがパリパリ音を立てます。
写真奥は、すみよしプッチーズ(160円)。スフレタイプの作りで、軽さとシットリさがありつつ、その食感はフカフカというより少しギュッと詰まった作り。なのでチーズらしい味わいは、一般的なものより長く楽しめるかな。二口サイズでおやつにピッタリな気軽さもあります。

※お店に行ったのは1月9日。


駅ホームでゴルフのスイングするように
シャドーボウリングをするおじさんがいた
線路を挟んで向かいのホームに
並んだ人たち、ピンのように弾けてお願い



----------
shop data 手作り菓子工房ouef(うふ)

東京都江東区住吉2-25-3
10時~20時30分
水曜休
東京メトロ半蔵門線ほか「住吉」徒歩2分
コメント (6)

アルカション@保谷

2011年01月11日 | その他
保谷駅、ずいぶん変わったなぁ。住んでたころの面影全然ないかも。

シブースト380円→愛らしい緩やかな膨らみを持つシブーストは、薄く幕をはるようなカラメルの苦みがとても効果的。シブーストクリームの柔らかさはマシュマロを連想させるようで、ザクッとしたタルトの中にはクリームとリンゴ。その果肉の甘みと舌ざわりがシブーストクリームに包まれて…あぁ美味しい。
お店の名前を聞いて浮かぶのはカヌレ(210円)。指で弾くとカツカツ音を立てるくらいのパリッとした表面に、中はファーブルトンのようなシットリさと弾力。お酒の香りがほのかに広がって…あぁ、これまた美味しい。
アルカションさんは保谷駅の反対側に移転され、イートインできるようになりました。今年何度も通っちゃいそう。

※お店に行ったのは1月8日。


始発を待つマクドナルドで
お酒のカタログを見る男性
たぶん、バーテンさんなんだろうな
仕事のあと、一生懸命勉強してるんだろうな



----------
shop data アルカション

東京都練馬区南大泉5-34-4
10時30分~20時 月曜・不定休
イートイン席あり
西武池袋線「保谷」徒歩5分

お店の外観
コメント (3)