ケーキ日記

halfapersonの、東京近郊ケーキ屋さん食べ歩きとネガティブな日記

カフェ・ファソン@中目黒

2010年07月31日 | その他
カフェもいろいろ回りたいな、と思う今日このごろ。

まほうのコーヒーゼリー(ドリンクとのセットで900円)→一見すると、カップに入った普通のコーヒーゼリーですが、最初はこの形でテーブルに置かれます。あれ?抹茶とバニラのアイスが、あんこと一緒に重なってるけど、肝心のゼリーがないぞ。そんなふうにビックリしてると店員さんが、シェーカーに入ったゼリーを注いでくれるのです。
トロットロのゼリーはちゃんとコーヒーらしいほろ苦さが強く、溶けはじめたアイスとの絡み方が◎。抹茶とあんこはコーヒーと合うのかなとお思いかもしれませんが、コーヒーとその2つはどちらも相性はいいんですよ。ホント、魔法みたいなコーヒーゼリーなのでした。

※お店に行ったのは7月24日。


大好きなタイ料理のメニュー、鶏肉のバジル炒め
そこにピータンを加えたものを食べた
そっか、ピータンって炒めてもいいんだ
辛くてバジルでマッタリだ



----------
shop data カフェ・ファソン

東京都目黒区上目黒3-8-3-3F
10時~23時
第1・3火曜休
東急東横線「中目黒」徒歩2分

お店の外観
コメント (4)

空海-kuna-@移動営業

2010年07月29日 | その他
空海-kuna-さんの次回は7月31日の土曜、本鵠沼のアロマ薬膳デリ和nicoさんに登場。

桃550円→プラスチックの器に入った、背の高いかき氷。スプーンを落として持ち上げて、下のシロップと混ぜるようにしていただくのだけど、最初からそうするとこぼれちゃうので、最初は氷だけパクッと食べて、ほてった体を少し冷やす。
ネクターのようなとろみがあるシロップはとても自然な甘みで、なによりその手作り感が氷と一緒にゆっくり染み溶けていくよう。外の日差しの下でいただけば、暑ければ暑いほど、より美味しくいただけます。

※お店に行ったのは7月24日。


あるお祭りの告知を見ていたら
こんな一文があった
「ドジョウつかみ取り大会」
つかんだドジョウは、どうするか



----------
shop data 氷屋空海-kuna-(くうな)

※現在地を知らせるブログ
コメント (9)

D'eux パティスリー カフェ@都立大学

2010年07月28日 | その他
ヒマワリって、こんなに盛り上がっていたっけ。

クープペッシュ900円→スリムな器に収まったパフェの全体像はこんな感じ。桃の果肉と生クリーム、桃のソルベ、バニラアイスが美しく重なり、中間部分と底にはレモンとライムを合わせたジュレが。桃のフレッシュさを感じつつも、それぞれの風味や甘さが強め。特にジュレは想像以上に存在感があり、でもそれらは決してマイナスではなく、パティスリーらしい桃の生かし方ととらえるべき。美味しいなぁ、マンゴーのクープもぜひ食べてみたいです。

※お店に行ったのは7月25日。


アイスコーヒーにストローを刺すとき
必殺仕事人に登場する、飾り職人ヒデのように
クルッとストローを一回転
あ、ストロー落っこちた



----------
shop data D'eux パティスリー カフェ(ドゥー・パティスリー・カフェ)

東京都目黒区八雲1-12-8
10時~20時(カフェは19時まで) 月曜休
イートイン席あり
東急東横線「都立大学」徒歩5分

お店の看板
コメント (3)

NO.8 BEAR POND@渋谷ON THE CORNER

2010年07月27日 | その他
ボクはcaffeine addict(カフェイン中毒)さ。

アイスラテ400円→ベアポンドさんらしく、苦みより焙煎の香りと味を意識させるような、独特の個性がある味わい。渋谷でいただけるようになるのはうれしいな。下北沢のお店と同じくビンでいただくラテ・ジャーもあるし、渋谷の店舗ではベアポンドさんのコーヒーに合わせたケーキも販売していて、今回はコーヒーケーキ(250円)をチョイス。チェリー1粒乗った姿がかわいらしく、コーヒーと同じく香りを意識させるようなスパイスの使い方がキラリ。
下北沢のお店では、ダーティというメニューが登場。店内での撮影が禁止になったので写真はないですが、ラテ以上に味わい強く、見た目が非常に美しい仕上がりになっています。かき混ぜずにそのまま飲む美味しさ、お近くの方はぜひ一度。

※お店に行ったのは7月25日。


人ごみの中を駆け抜けていく
忍者のようなおじさん
上体がブレてないから、そう見えたのかな
髪の毛だけが、フサフサ揺れてた



----------
shop data ON THE CORNER

東京都渋谷区渋谷1-17-1
9時~26時(LO25時) 不定休
東京メトロ「渋谷」13番出口から徒歩2分

ON THE CORNERさんのとってもカッコイイ外観

----------
shop data Bear Pond Espresso
コメント (5)   トラックバック (2)

ママンカ市場@下北沢

2010年07月26日 | その他
お寺の境内に開かれた、アットホームなママンカ市場。とってもいい雰囲気。

キャラメルバナナマフィン300円→ヤマシタジュンコさんが代表を務めるThe Sugar Addictさんのマフィン。このキャラメルバナナはシットリとした口あたりと弾力のある食感で、キャラメルはシャープさではなくその甘みを生かしてあり、食感と雰囲気が合うというか、それらがうまく繋がる感じ。カットして入ったバナナは大きめで、作り手の優しく楽しい性格をあらわしているような、つい笑顔になる美味しさです。
低糖いちごのジャムとブルーベリーを乗せたかき氷(150円)は、そのどちらもがとてもフレッシュな甘み。プチッと弾けるブルーベリーの実は、こうして氷に飾っても美味しくいただけるんだなぁというのは正直意外で、なんだかうれしい発見。

※市場に立ち寄ったのは7月25日。


ブログを更新していた夜、なぜか突然
氣志團の「One Night Carnival」が聴きたくなり
YouTubeで流しっぱなし
妙なテンションで作業を続ける



----------
data ママンカ市場

※次回は8月22日(会場は下北沢の眞龍寺
コメント (2)

カカオエット・パリ@中目黒

2010年07月25日 | その他
カカオエット・パリさんは8/1~27まで夏休みになります。

カカオエット320円→ピスタチオのブリュレなら、たまにその名前を聞くことはあるし、ヨロイヅカさんのは有名ですごく美味しいけれど、ピーナッツのプリンとなると、うん、いままで聞いたことないかも。千葉に行けばあるのかな。ピスタチオのものほどフワッとした広がりはなく、それでも伝わるピーナッツの風味は、まったりとしたコクのあるなめらかな作りのため。日本人になじみのあるピーナッツの味、それを使ったケーキがもっとあってもいいのにな。とっても美味しい。
写真奥はショコラバナーヌ(320円)。これは濃いなぁ、歴代チョコバナナでも1番かもしれない。チョコのキュッとくる酸味とバナナの甘みが、それぞれを引き立てつつ濃厚さが倍になったような。見た目シンプルでも、さすがカカオエットさんって感じ。

※お店に行ったのは7月24日。


F1レース、スタート直後の第1コーナー
ポールポジションの車が出遅れ
でもコーナーの内側は譲らず、後続の車とクラッシュ
そんな感じの、事故現場を見た



----------
shop data カカオエット・パリ

東京都目黒区東山1-9-6
10時~20時
木曜・第3水曜休 ※8/1~27まで夏休み
東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒」徒歩8分

お店の外観
コメント (2)

食べられなかった日は…

2010年07月24日 | ニヤ
なんてかっこうしてるんだろう。


女の子がバトンの練習をしていた
その横でお母さんが、腕組みをして立っていた
「巨人の星」的な特訓かな、と思ったら
技が決まるたび、2人とも笑顔で大喜び

コメント (3)

フルーツパーラー・レモン@日本橋タカシマヤ

2010年07月22日 | その他
メロン狩りに行った人の話を聞いた。うらやましいぞ。

ピーチクリーム1260円→山梨産の桃(川中島、だったかな)を1個ちょっと使ったぜいたくな一皿は、上から見るとこんな感じ。果肉はグジュッと崩れすぎず、まだ身のしまったところがあるぶん甘さもスッキリしているというか、みずみずしさがはじけるような印象。あぁ、フレッシュだなぁって、幸せだなぁって終始思いながら食べ続ける。ホイップの下に隠れたバニラアイスと合わせれば、もう無敵です。
レモンさんのカウンター席では、まるで高級なお寿司屋さんのような、職人さんのナイフさばきを見ることができます。メニューはどれもけっして安くはないですが、あの腕前と美味しさを知ってしまうともう、また食べに来ようっていつも思っちゃうのでした。

※お店に行ったのは7月18日。


大きな旗がはためく姿から連想するもの
風の強さや空模様
バサバサ鳴る音、昔の思い出
それは日常のポエトリー



----------
shop data フルーツパーラー・レモン

東京都中央区日本橋2-4-1-B1F
10時~20時(LO19時30分)
不定休
東京メトロ銀座線ほか「日本橋」徒歩1分

----------
shop data 日本橋タカシマヤ
コメント (12)

菓子工房RESSOURCES@赤羽橋

2010年07月21日 | その他
ルスルス本発売、おめでとうございます!

ライチグレープフルーツゼリー380円→ライチの甘みから始まって、グレープフルーツの苦みに繋がる味のグラデーションが◎。サッパリとして後味がよく、余韻で夏を楽しめちゃう感じ。
桃のコンポートとヨーグルトムース(400円)は、カットされた白桃の果肉にはまだちゃんと食感が残っていて、グジュッと崩れるような、でもまだしっかりしたところもあるような、そんな中から出る甘みはもう、この季節にはたまらない美味しさ。桃ってすごいな。桃のケーキ追っかけちゃおうかな。ヨーグルトムースは酸味をまといながらも、穏やかで優しく、桃をより爽やかに感じさせてくれます。

※お店に行ったのは7月17日。


毎年恒例、健康診断の結果発表
数字はまずまずなのですが
お腹周りは確実に成長しています
どうしましょう



----------
shop data 菓子工房RESSOURCES(ルスルス)

東京都港区東麻布1-28-2
12時~20時 日~水休(HP要確認)
テラス2席、お店の前に公園あり
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」徒歩1分

お店の外観
コメント (8)

埜庵@鵠沼海岸

2010年07月20日 | その他
日差しの強さ、ハンパないぞ。

すいか氷800円→今年もいよいよ登場のすいか氷は、ご主人いわく「いまいち」の出来。もちろんそれは謙遜で、甘みは少し弱くても、その美味しさは変わりません。添えられた塩を使ってみたり、ちょっとシロップかけてみたりと、味の変化をいつもより楽しめたかも。埜庵さんの氷の魅力は、旬のものを巧みに表現されていること。なので同じメニューでも、色合いや甘みにそのつど表情があるのです。それってステキじゃないですか。
この日はもう一杯、マンゴー氷も食べました。

※お店に行ったのは7月16日。


東京の鉄道って、すごく発達してて
車両も多いし、いつも混雑してるだなんて
思ってる方も多いと思いますが
実際は、クモの巣がはってたりするんですよ



----------
shop data 埜庵

神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-5-11
11時~18時(LO17時)
※9月5日まで無休
小田急線「鵠沼海岸」徒歩2分

お店の外観
コメント (12)

オー・デリス・ドゥ・ケンジ@京島

2010年07月19日 | その他
疲れたときには、クロワッサン・オ・ザマンド。

クロワッサン・オ・ザマンド250円→クロワッサンを横に割って、中にもアーモンドクリームを塗ってるのかな、シットリした生地に薄い層が。お酒の香りが少しだけ広がり、染みでるようなアーモンドクリームの甘みは、口にするたびパワーをいただけるよう。あぁ、クセになりそうで怖い。でもやめられない。
ケンジさんの大きなマカロン(320円)、今回のはカシス味。カシスって言葉にするのが難しいな。酸味や甘み、渋みまであって、でもどれか一つが強いわけじゃなくて、そんな深みが大人な印象になるのかも。


京島の、さびたトタンの
低い屋根ごしにスカイツリーを眺めると
自分がなんだか
ロールプレイングゲームの中にいる気分



----------
shop data AUX DELICES DE KENJI(オー・デリス・ドゥ・ケンジ)

東京都墨田区京島3-19-4
11時~18時30分
水曜休
京成線「京成曳舟」徒歩6分

お店の外観
コメント (6)

フラウラ@世田谷

2010年07月18日 | その他
フラウラさん、7周年おめでとうございます!

7周年クープグラッセ777円→もはやどの角度から写真を撮ればいいのか分からない綿あめは、鮮やかなピンク色で、風味のつけ方もいつもよりしっかり。その下はフラウラさんらしく赤い果物を飾り、イチゴのソルベがあることで、ソフトクリームのクリーミーな甘さだけじゃなく、サッパリと口の中を引き締めるような冷たさと酸味も。やがてスプーンがグラスの底につくと、ピスタチオのメレンゲがゴロンッと顔を出し、溶けかけたソフトクリームと絡んでコクのある甘さに。なんてぜいたくなんでしょ。

※お店に行ったのは7月17日。


よく行くスタバの店員さんに
「今日はお休みですか?」と言われた
休日の顔は、仕事の日より
多少ほぐれているみたい



----------
shop data フラウラ

東京都世田谷区世田谷1-14-17
10時~20時 水曜休(※HPで要確認)
イートイン席あり
東急世田谷線「世田谷」徒歩3分

お店の外観
コメント (7)

いただきもの2つ

2010年07月17日 | その他
普段はネガティブな考え方が多いボクだけれど、こうしてプレゼントをいただく機会があると、その優しさがココロにすごく響きます。どうもありがとう。どちらも美味しくいただきますね。

パトリック・ロジェさんのタブレット(板チョコ)は、カカオの響きを感じさせながら、ビターさやミルクの風味に偏ることのないバランスと、それでいて存在感のある厚み。ひとかけらずつ口に運んで、ゆっくり溶かして、濃いブラックのコーヒーと一緒にいただく。夏にこうしたチョコを食べるのは、すごくぜいたくな気持ちになります。
包みのイラストがかわいいパンダチョコは、糖衣をカリッと割る楽しさが。こういうお菓子って、昔の方が多かったかな。マーブルチョコレートとか。いくつか口にポンッと入れて、カリカリカリッと食べてみる。


プレゼントをくださった方の
フランス旅行の写真を見せてもらった
日差し、街並み、美味しそうな料理
旅先の楽しさが伝わる、ステキなアルバムだった

コメント (5)

スターバックス・コーヒー@日本橋

2010年07月16日 | その他
駅の壁に落書き…と思ったら、違うのね。

ポテトチップス180円→このサイズでこの値段、それをどう取るかはその日の気分しだい。たしかに量は少ないけれど、ひとりで食べるにはちょうどいいし、コンビニにあるものより若干厚めで、パリッというよりバリッと例えた方がいいくらいの食感には、意外と食べごたえも感じるのです。
ケーキを食べ歩いていると、むしょうに塩気が欲しくなったりします。そんなときこれを買って、バリバリ食べながらまた歩くのでした。

※地下通路で食べたのは7月9日。


子供のころ、近所の家で飼われていた犬は
オリの中でウロウロしながら
ボクらを見ると、ずっとずっと吠えていた
キクという名前の、大きな白い犬だった



----------
shop data スターバックス・コーヒー
コメント (8)

カー・ヴァンソン@飯田橋

2010年07月14日 | その他
カー・ヴァンソンさんの生コロン、この日も食べられず。

エクレール・オ・セザム350円→ゴージャスさと無骨さを足して割ったような、カーヴァンソンさんらしいゴテゴテした姿。ステキだなぁ、愛を込めて言うのだけど、ちょっと爬虫類っぽくもある。その名前のとおりゴマのエクレアは、白ゴマ風味の広がりだけでなく、まるでピーナツバターのような丸みのあるコクと深みも。それほどマッタリとしてるわけじゃないのに、この余韻はどうしてだせるんだろう。ゴマが弾け、生地がザクッと力強く、食感も表情豊か。
写真奥は定番のタルト・ショコラ(450円)。この時期はどうしてもタルト部分が柔らかくなりがちに。でもそれ以上の美味しさが待ってます。チョコのキレのよさに、涼しさを感じるほど。

※お店に行ったのは7月12日。


カップラーメンのにおいって
なんであんなに食欲をそそるのか
漂う香りの小さな粒は
いったい何でできているのか



----------
shop data カー・ヴァンソン ※音が出ます

東京都新宿区筑土八幡町1-2
11時~19時
水・木休
JR総武線ほか「飯田橋」徒歩5分

お店の外観
コメント (5)