ケーキ日記

halfapersonの、東京近郊ケーキ屋さん食べ歩きとネガティブな日記

イエンセン@代々木八幡

2009年01月31日 | その他
イエンセンさんは、デンマークのパンのお店。

トスカケーエ356円→ガッシリしたパウンドケーキの上には、スライスしたアーモンドの層が。サクサクッとした食感と甘みをそこからもらいつつ、メインのパウンドをほおばる感じで食べごたえあり。
写真奥の、ドーム型のものはクレムボロ(275円)。シュー生地ではなく柔らかなデニッシュで、たっぷりの生クリームもあり、大きさよりも軽い印象。カスタードと一緒に中に隠れたラズベリージャムが、なんとなく北欧を連想させてくれ楽しい。

※お店に行ったのは1月27日。


充電式の掃除機が壊れた
電池部分を替えたいけれど、無理みたい
掃除機がゴミになっちゃったよ…なんて
うまいこと言ってる場合じゃないな



----------
shop data イエンセン

東京都渋谷区元代々木町4-3
平日6時50分~19時 土曜6時50分~16時
日祝休
小田急線「代々木八幡」徒歩3分
東京メトロ千代田線「代々木公園」徒歩4分

お店の外観
コメント (10)

ショコラティエ・ミキ@千歳烏山

2009年01月30日 | その他
全国のチョコレート屋さん、あと2週間ガンバッて!

ビター、カプチーノ、カシス、ミントレモン各200円→ミキさんのボンボン・ショコラは高さのあるキューブ状なので、ガナッシュのフレーバーが伝わりやすく、気軽にいただける印象。見た目も可愛らしく、バレンタインに贈るにはピッタリかも。もちろん味もバッチリで、個人的にはカプチーノと、お試しでいただけたノエルのスパイシーさが好み。どれもミキさんの人柄が出ているような、ニコッとしちゃう美味しさです。

※お店に行ったのは1月27日。


電車でドア際に立ち、あたりを見回すと
近くにいる男性が、みんなかっこよかった
どうもこうもないんだけど
どうしよう、降りようかな



----------
shop data ショコラティエ・ミキ

東京都世田谷区南烏山4-9-11
平日11時~19時 土曜12時~17時
日祝休
テラス席あり
京王線「千歳烏山」徒歩4分
コメント (8)

AOSAN@仙川

2009年01月29日 | その他
今日は、味の説明以外をちょっと書きました。

ぶどうパン180円→なぜこれを選んだかというと…このほかは売り切れていたから。このパンもタイミングよく焼きたてに出会えたから食べられたものの、お客さんはひっきりなしにやってくる。ホント、AOSANさんは大人気。
今年からできたイートイン席に座って考えたのだけど、パンが美味しいのがまずあるとして、それだけじゃなく、みんなお店から元気をもらうために来てるのかなって思う。ボクはそう。ネガティブな自分が、こうしたいいお店に出会うたび、少し解れていくのを感じるのです。

※お店に行ったのは1月27日。


日常生活で、何かを選ぶときって
けっこう頭を使ったりする
でも、振り返ってこれまでの人生
分岐点では流されるまま来たかも



----------
shop data AOSAN(アオサン)

東京都調布市仙川町1-3-5
10時~18時(売り切れ終了) 日・月休
店内6席と小さなテーブルあり
京王線「仙川」徒歩4分

お店の外観
コメント (6)

MAISON BRETONNE ガレット屋

2009年01月28日 | その他
こんなお店が近所にあればなぁと、しみじみ思う。

有塩バターキャラメル→テーブルに置かれるとバターの香りがフワッと漂い、口に入れてから広がるのは断然そば粉の風味。うわぁ、ガレットって、ちょっぴり大人の美味しさなんだ。生地のしっかりした香ばしさが自家製のキャラメルソースと良く合い、シンプルでも全然飽きない。
この日いただいたのはデザートセット(1490円)で、お食事系のガレットは卵、ハム、チーズに長ネギのフォンデュをトッピング。足りるか心配だったけど、お腹はちゃんと満足。少しヌルッとしたところを感じたのはソバだから、かな。

※お店に行ったのは1月27日。


焼いた牛肉に、タレじゃなく
ワサビをたっぷりつけて食べてみた
鼻にツーンときて、涙流して
いっとき、呼吸困難になった



----------
shop data MAISON BRETONNE(メゾン・ブルトンヌ)ガレット屋

東京都渋谷区笹塚3-19-6
11時30分~22時30分
水曜休
京王線「笹塚」徒歩5分

お店の外観立て看板
コメント (6)

SHIBUYAスイーツコレクション2009@渋谷東急東横店

2009年01月27日 | その他
関西からの出店、とってもうれしいな。また行かなきゃ。

モンプリュさんのピュイ・ダムール(451円)は、手にしたときの軽さに驚く。シュー生地の香ばしさを背景に、フカフカでなめらかなシブーストクリーム、薄くパリッと割れるカラメリゼ、そして中にはピンクグレープフルーツ。それぞれが印象を消しあうことなく、その特長を美味しくいただけるのは、できたてだからこそかも。
ケ・モンテベロさんでは2つ購入。キャラメル・ポワール(462円)は洋酒の香りをまとったキャラメルの、キレではなくそのリッチな広がり方が◎。生地に隠れたナッツの食感もまた活きる。写真右奥のタルト・マロン(315円)が、個人的にスマッシュ・ヒット。ザクッと割れるとでも言えばいいのかな、薄いタルト台の心地よい食感と、柔らかな甘みや栗の風味…この値段を考えたら、もはや最強。


黒のニット帽を買ったのだけど
大きくて
かぶってるうち、ズリズリ下がって
気が付くと、虚無僧のよう



----------
shop data SHIBUYAスイーツコレクション2009 ※1月28日までの開催
コメント (7)

サロン・デュ・ショコラ2009@新宿伊勢丹

2009年01月26日 | その他
フランス語が話せればなって、この時期毎年そう思う。

●フランク・フレッソン「オータム」→キャラメルのような口あたりと、栗とお酒の香り。
●フランク・ケストナー「サンフラワー」→ひまわりの種やナッツのカリッとした食感と香ばしさ。
●アンリ・ルルー「シュゼット」→なめらかでビターな口溶けと、クルミの柔らかさ。
●セバスチャン・ブイエ「シトロン・エストラゴン」→スッとなくなるキレ、ハーブの香りがメインで、レモンは屋台骨
●ダニエル・レベール「ロスコ」→口溶けとともに、ジワーッと伝わるライムの風味。バランスの良さ。
●ジャック・ベランジェ「ザンジバール」→外側が厚め?チョコらしいチョコで好み。

ショコラバーへ直行して、ボンボンショコラを選んで、会場をグルッと一周して、圧倒されて…皆さん、チョコへの愛情がすごいです。今風に言えば「ハンパない」感じ。
なので今年も早々に会場をあとにして、地下のエヴァンさんでタブレットを1枚購入。アブド・レ(945円)は、写真じゃ分かりにくいかな、男性の腹筋がデザインされていて、とってもカッコイイのです。


オシャレなお兄さんがはくジーンズ
お尻のポケットにデザインされたイラストは
リアルなドクロと、そのおでこに
数字が大きく96って書いてあった



----------
data サロン・デュ・ショコラ2009 ※1月26日までの開催
コメント (13)

サロン・デュ・ショコラ2009@新宿伊勢丹

2009年01月26日 | その他
会場は熱気にあふれているので、アイスがとっても美味しく感じます。

グラス・オ・C.B.S.525円→アンリ・ルルーさんといえば必ず名前が挙がる、有塩バターを使ったキャラメル「C.B.S.」。その風味を再現したアイスクリームは、スパッとしたキレや苦みとは別の、ゆっくりジワッと染みていくような塩気とキャラメルの風味。バターといってももちろん口の中に長く残らず、ねばりがありつつ軽めの美味しさ。

※会場に行ったのは1月25日。


マヨネーズより
ソースより
もしかしたら醤油より
ケチャップが好きかもしれない



----------
data サロン・デュ・ショコラ2009 ※1月26日までの開催
コメント

フラウラ@世田谷

2009年01月25日 | その他
タルトシトロンと迷ったけど…やっぱりパフェで。

クープグラッセ・セゾン840円→バレンタインに向けた構成で、鮮やかな赤が美しい苺のラングドシャーが輪をかたどって2つ。うまく重ねてハート形ってことかな。ソフトクリームを挟んで上下に木苺を飾り、苺のメレンゲも隠して、ソフトクリームが溶けはじめると、色が重なってピンクに。バレンタインらしくチョコのソースもかかっているのだけど、単独で食べると甘い綿あめが、チョコやソフトと一緒だと美味しさがアップすることを発見。

※お店に行ったのは1月20日。


背中じゃなくて、お腹のほうに
青いリュックを抱えたおじさん
まるでドラえもんだね
ポケットから何か出してよ



----------
shop data フラウラ

東京都世田谷区世田谷1-14-17
10時~20時 水曜休
イートイン席あり
東急世田谷線「世田谷」徒歩3分

お店の外観
コメント (7)

やきがしやSUSUCRE@三軒茶屋

2009年01月23日 | その他
桜の咲く季節に、また来ることを誓いつつ。

クラフティ・アプリコ300円→クラフティと言っても、いろんな形があるんだなぁ。生地の弾力は、とても厚く焼いたクレープのような、ブニュンとして、シットリ半生っぽい部分も。それが柔らかなアンズの果肉の、ギュウッとくる甘さにとってもよく合って、なんかニヤッとしちゃう。
奥のミルリトン・ダミアン(300円)は、いままで食べたことのあるミルリトンより大きめで、シンプルで優しい印象ながら、アーモンドの風味をたっぷり楽しめる。

※お店に行ったのは1月20日。


ひとりバスに乗って
ぼんやり外を見ていると
なんか
いろいろ考えちゃうね



----------
shop data やきがしやSUSUCRE(シュシュクル)

東京都世田谷区下馬2-2-18
10時~20時
水曜休
東急田園都市線「三軒茶屋」徒歩15分

お店に降りる入り口
コメント (7)

ラデュレ@日本橋三越本店

2009年01月22日 | その他
今年も始まったサロン・デュ・ショコラ。最終日に行けるといいな。

タルト・シトロン530円→クリームのなめらかさ、しっかりした甘さ、心地よく広がるレモンの酸味、ザクッとしたタルト…それほどたくさん食べたことはないけれど、ボクの中の、タルト・シトロンの王道を行くイメージ。
淡い緑色がキレイなエクレール・ピスタッシュ(530円)は、ん?エクレアの生地なのかな、まるでパンのような柔らかさ。ピスタチオの香りのほかに、スーッとした印象を受ける何かを感じるのだけど、それがなにかが分からない。悔しいなぁ、この味前にも食べたことあるハズなのに。
お店を出てすぐいただいた、マカロンのマングー・ジャスマン(231円)は、マンゴーの香りがわざとらしくなく、ジャスミンと合わせてあるためか、強すぎずともさわやかさが長く楽しめる。

※お店に行ったのは1月19日。


おみくじで
凶が出るのはイヤだけど
大吉だと
いまがピークみたいで落ち着かない



----------
shop data 日本橋三越本店

東京都中央区日本橋室町1-4-1
10時~20時 ※日祝は19時30分まで(連休時は最終日のみ)
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」徒歩1分
コメント (10)

tocoro cafe@三軒茶屋

2009年01月21日 | その他
この居心地の良さはなんだろう。

プレート750円→季節のデザート「粒あんこ白胡麻パウンドケーキ」は温めてから提供され、鼻を近づけなくても分かる白ごまの香り。シフォン?と思えるくらいの柔らかさで、白ごまのプチプチもありつつ、口溶けであんの存在を感じる。癒やされるなぁ。自家製のジェラート2種・ミルクと抹茶はどちらもサッパリした作りで、濃いコーヒーとの相性がよく、抹茶は香りがコクに隠れず、パッと広がる。
写真奥の小さな湯飲みはオチョコ(500円)という名前のエスプレッソ(ダブル・60㏄)で、おかわりは250円。

※お店に行ったのは1月20日。


ボクはいわゆる無党派層だけど
アメリカ大統領就任式を見てから
日本の政治家たちを振り返ると
もう、タメ息も出てこない



----------
shop data tocoro cafe(トコロカフェ)

東京都世田谷区下馬3-38-2
14時~18時・19時~22時(LO各30分前)
木・金休
東急田園都市線「三軒茶屋」徒歩15分

お店の外観
コメント (13)

梅むら@浅草

2009年01月20日 | その他
梅むらさんのメニューを裏返すと、ステキな絵が登場。お子さんが描いたそうです。

田舎志るこ550円→小ぶりな器にお餅が2つドーンと入ったおしるこは、今までのものとは違って澄んだ見た目。すごい、透き通ってる。食べ始めると全体が混ざっておしるこの色になったけど、煮込みすぎてないってことなのかな。甘さはあるものの、アズキは噛むごと甘さより素材の味が伝わる感じ。写真は撮り忘れたけど、添えてあるのはしその実。お手軽価格がうれしいな。
梅むらさんといえば、まず思い浮かぶのが豆かんてん(450円)。皮の食感と、中の柔らかく溶けるような豆の美味しさや、独特な寒天の風味が、黒蜜の甘みに勝る存在感。なにより豆のツヤがとってもキレイ。

※お店に行ったのは1月19日。


たしか、カナヘビのお腹をさすると
体が硬直して動かなくなったっけ、と
互いに向き合い、固まったままの
カップルを見てそう思った



----------
shop data 梅むら

東京都台東区浅草3-22-12
月~金13時~18時 土祝13時~16時
日曜休 イートイン席あり
東京メトロ銀座線ほか「浅草」徒歩9分

お店の外観
コメント (12)

アミティエ@神楽坂

2009年01月19日 | その他
会社のMくん、Kさん、女の子誕生おめでとう!

ガレット・デ・ロワ600円→厚みがあって焼き色が美しく、ひとりで気軽にいただけるサイズがとってもうれしい。クリームはシットリさが強く、生地の香ばしさやザクッとした食感にその存在が隠れない。それぞれが主張しつつボリュームがありそうなのに、口にすると軽くて、意識してゆっくりいただかないと、あっという間に食べ終わっちゃう。
別添えのフェーブはりんごのシリーズもので、ボクが選んだのはコンポートの缶詰(ガレットの中にはフェーブの代わりにアーモンドが一粒)。いままでのフェーブで、一番のお気に入り。

※お店に行ったのは1月16日。


近道なんてないのだ
いや、たぶんあるんだけど
そんな簡単に
見つけることはできないのだ



----------
shop data アミティエ

東京都新宿区築地町8-10
10時~19時 火曜休
イートイン席あり
東京メトロ東西線「神楽坂」徒歩4分

お店の外観
コメント (8)

紀の善@神楽坂

2009年01月18日 | その他
朝青龍、勝ち越すのかな。

田舎しるこ787円→抹茶や栗のババロアは別にして、紀の善さんはバランスの取れた、食べやすいイメージがある。今回のおしるこも汁っぽさとアズキの量がイイ感じで、煮崩れていない分アズキを食べてる感は強い。お餅は2個で、小腹を満たすにはピッタリ。添えてあるのは塩こんぶと、いつもの豚せんべい。

※お店に行ったのは1月16日。


思ってみても、どうしようもないこと
たとえば、背が高ければなぁとか
頭が良ければなぁとか
考えない日って来るのかな



----------
shop data 紀の善

東京都新宿区神楽坂1-12
平日11時~21時 日祝12時~18時
第3日曜休
東京メトロ有楽町線ほか「飯田橋」B3出口徒歩1分

お店の外観
コメント (10)

マルメゾン@成城学園前

2009年01月17日 | その他
白菜畑。まるでエイリアンの卵みたい。

ムース・マルメゾン400円→マルメゾンさんと聞いてまず浮かぶケーキのひとつ。キレよりもコクでまろやかなキャラメルの風味を活かしつつ、中にチョコクリームを隠す。そこから伝わるオレンジの香りが強く、それをキャラメルがお酒の広がりのように、フワッと装飾する感じ。
紙に包まれているのはシュー・マルメゾン(250円)。ツヤのあるクリームからは、こちらもオレンジの香りが。とってもさわやかな印象で、たっぷり詰まって満足度高し。また食べたいな。

※お店に行ったのは1月15日。


空気が澄んだ夕暮れどきに
小田急線の高架を走る車窓からは
遠くの山の稜線がクッキリ見える
それは、なかなか美しい景色



----------
shop data マルメゾン

東京都世田谷区成城6-25-12
9時30分~19時 月曜休
イートイン席あり
小田急線「成城学園前」徒歩6分

お店の外観
コメント (5)