ケーキ日記

halfapersonの、東京近郊ケーキ屋さん食べ歩きとネガティブな日記

福ちゃん広場@福島・郡山駅S-PAL

2011年06月23日 | 福島
福ちゃん広場は、福島乳業の商品が気軽にいただけるミルクスタンドです。

福ちゃん食べるデンマークヨーグルト100円→なんでデンマーク?と思ったら、乳酸菌をデンマークから空輸しているから。ツルンッとした軽めの口あたりなのかと思いきや、意外と手応えのあるやや重めの食感。けっして甘くないわけじゃないけれど、甘さだけが残るわけじゃなく、かといって酸味が目立つわけでもない、質感がありながらのちょうどいいバランス。最近コンビニで購入するのは、果肉の印象が強かったり、クリーミーなものが多かったから、この美味しさは新鮮。東京でも買えないかしら。
写真後ろのカップは、福ちゃんカフェオレ(100円)。500mlの紙パック(160円)でいただくもよし、こうしてカップでちょっとだけいただくのもよし。

※お店に行ったのは6月18日。


頬がテカってる女性がいた
あぶらぎってるのではなく
あえてテカらせているテカり方
お人形みたいなテカり方



----------
data 福島乳業

----------
data S-PAL郡山
コメント (6)

三浦屋@福島・田村市船引

2011年06月22日 | 福島
さて、これは何大福でしょう?

納豆大福105円→その名前から想像したのは、甘納豆を使った大福。でもね、違いました。ホントの納豆がそのまま入ってます。しょうゆは使ってないそうで、白あんの甘みを上あごの奥の方で感じながら、舌では納豆の味わいがもう全開。糸引きながら食べたのでした。
もう一つは、いのちゃん大福(110円)というコーヒー風味のホイップがたっぷり入った大福。いのしし年に作ったからこの名前なのだとか。いのちゃん、すっごく柔らかいです。
一番後ろはビスマン(105円)。ビスケット風のまんじゅうでビスマン。こちらもうっすらコーヒー味でした。

※お店に行ったのは6月18日。


三浦屋さんがある船引の体育館で
バドミントンの大会があったらしい
小さな駅に、高校生男子が6〜70人
君たちと、小さな2両の電車に乗るのかなボクは



----------
shop data 三浦屋

福島県田村市船引町船引字北町通54-2
9時~19時
ゆうゆうあぶくまライン「船引」徒歩7分

お店の外観
コメント (10)

菓司泉屋@福島・いわき

2011年06月21日 | 福島
CDのジャケ買いならぬ、お菓子のパッケージ買い!メピカリちゃん!

メピカリちゃん525円(10匹)→その名前とイラストに一目惚れ。いわき市の魚、メヒカリをモチーフにしたお菓子で、お店の窓に貼られた紹介文には、和風焼き菓子の文字が。どのあたりが和風なのかうかがうと、バターを使っていないからとおっしゃってました。なるほど。
手にするとすごく軽く、パキッと割れたあと、口溶けとともに甘さをしっかり感じます。そして広がるのは味噌の風味。原材料の欄にはしょうゆの文字もあり、それを知ると、なんとなく香ばしさも感じる気がするのでした。

※お店に行ったのは6月18日。


いわきから郡山へ向かう鉄道は
ワンマンで2両のカワイイ列車
バスのような車内放送と
ブロロンッと大きなエンジンの音



----------
shop data 菓司泉屋

福島県いわき市平字五町目17-16
JR常磐線「いわき」徒歩7分

お店の外観
コメント (8)

パティスリー・アンジェリーク@福島・いわき

2011年06月20日 | 福島
ボーッとしてたら、日曜日が終わっちゃった。

大人のキャラメルプリン380円→ユニークな形の器に入ったプリンは、なめらかプリンがキュッとしまったような、コクを感じるリッチな作り。その上に生クリームを飾るので、やや味がボケるかなと思いきや、それが大丈夫なのです。なぜならキャラメル部分がとても個性的だから。ごくごく緩い状態で優しく固められたキャラメルは、単体でいただくとほろ苦いというより、もうしっかり苦いくらい。それが舌でトロンと溶けつつ、プリン生地と絡むので、名前のとおり大人な印象になるのです。おぉ、余韻もけっこうなほろ苦さ。
写真後ろはだだ茶豆のモンブラン(360円)。ずんだあん部分はゆるすぎず、甘みは抑えつつ、こしあんを連想させるような口あたり。中に隠れたタップリの生クリームと合わせても、まったりしすぎず食べやすいです。

※お店に行ったのは6月18日。


電車の席に座り
眠そうに体を揺らす女性がいた
まるで菩薩のように
半分目をあけ、優しく微笑んで見えた



----------
shop data パティスリー・アンジェリーク

福島県いわき市平字白銀町5-11
平日10時~20時 日祝10時~19時
月曜休
JR常磐線ほか「いわき」徒歩4分

お店の外観
コメント (3)

パンとケーキ市川@福島・いわき

2011年06月19日 | 福島
東日本パスを使ったケーキ屋さん巡り。今回は福島に行きました。

レアチーズケーキ263円→クルクル巻くように削られたホワイトチョコが、スプーンを入れるたびに崩れ落ちちゃう食べにくさ。でもね、なんか愛らしいケーキなので、そんなの気にしないのです。厚めでガッシリした生地をフタのように乗せ、その下のチーズクリームを口にすると、おぉ、す、酸っぱい!レモン効かせてるなぁ、重めの作りだから、このくらいがちょうどいいのかもね。
写真後ろのプリン(126円)は、シンプルそのもの。風味がよかったり、コクがあってなめらかだったり、世の中にはいろんなプリンがあるけれど、市川さんのはたぶん昔から、そしてこれからもずっとこのまま。

※お店に行ったのは6月18日。


いわき駅のベンチでケーキを食べていると
スピーカーから、枝野官房長官の声が聞こえた
被災地の方に向けた内閣府の放送だ
それが終わると、夢のカリフォルニアが流れ始めた



----------
shop data パンとケーキ市川

福島県いわき市平田町1-6
JR常磐線ほか「いわき」徒歩2分

お店の外観
コメント (4)