銀河鉄道拾遺

SF、かふぇ及びギター

次はこの課題

2012-08-31 08:58:55 | 日記
勘が的中して3弦Gが切れたので弦を全部取り替えて、さて今晩は my dear boy をやってみべえか。何しろ酒は切れてるし、時間もずいぶん有りそうだ。まっすぐに伸ばした親指でベースを刻むのが楽しくなって、気が付いたらバス運びが省略されてるこの曲に(そういう点がJAZZ寄りと言われる所以)いつの間にか四つ打ちのバスを加えて弾いていた。こうするとリズムがしっかりするじゃん!いつも相当気を付けて弾いてた積りでもやはりテンポに乱れがあったんだんねえ
コメント

singletone

2012-08-30 12:54:27 | 日記
ひととおり仕上がったハズの St.Louis Tickle からカウンターメロを取っ払い、バスとメロディのみのシンプルな構成にして、親指と人差し指だけで弾いてみる。当たり前だがメロディがくっきりして新鮮。これで十分音楽になるんだなあ。プリング・オフなどあまり気にしていなかった技法にもチェックを入れながら、始終ゆっくりと。しかし、練習前にビール飲んじゃうと、やっぱりダメだあ
コメント

おお、マジメ

2012-08-29 12:31:19 | 日記
先日、打田十紀夫さんのライブの帰りしなに氏の著わしたカントリー・ブルーズの教本を買って参りまして、サインなども頂いてしまったのですが、付属CDの模範演奏が艶のある絶品で、こちら只今ヘヴィローテーション。で、ふむふむと中を読みながら、ギターを弾く右手フォームを改造中です。なになに、親指は基本まっすぐ伸ばして人差し指が弾く位置よりもネック側に来ること、ですと。これまで親指は曲げて弾いていたので、その方が柔軟性があるだろうと思ってのことだったんですが、やっぱりパワー重視ということになればこの方が断然いいですよね。というか、何で今まで気づかなかった!こう、なんか、三味線のバチを持って弾くのに似てる?ヘンな言い方ですが、親指のアクションってそういうものらしい。フォームに気を付けながら、いっとう最初の準備練習をば繰り返し。コツはビール缶のプルトップを持ち上げる前にやること、ですかねえ
コメント

打田十紀夫さんのライブに行ってきました

2012-08-26 10:23:27 | 日記
我が国でその昔からフィンガーピッキング・スタイルによるブルーズ等の普及啓発(ちょっと表現が固い?)に尽くしてきたアコースティック・ギタリストの打田十紀夫(うちだときお)さんが25日、水戸・大工町の BlueMoods にてライブを行うこととなり、足を運んで参りました。2008年に通販でCDを買ったことがあり(その時、無理を聞いて貰ったりした)、それで主催者から直々にハガキが舞い込んだのです、これは行くっきゃないねー。
客は総勢8名とちょっと寂しかったですが、その分来てる客はメッケもの、プレイヤーとオーディエンスの親密度の濃い一晩になりました。氏のセンサイ且つ豪胆なプレイに目と耳が釘付け、曲のハザマのトークも得意のプロレスネタのほか、ニューオーリンズに演奏しに行った時の裏話など大変、タイムリーで貴重だったと思います。また先日亡くなったドク・ワトスンのメドレーがプログラムに入ってる辺りもアコギ・ファン(そうなのか?)としては嬉しかった。
で名前も(言っちゃったよ)もトシも、おまけに持病までほとんど一緒という世界的プレイヤー兼インストラクターを目の前にして、野次馬根性剥き出しのライブラリがそのまま引き下がるハズは無い!終演後ほとんどの客が立ち去ったのを良いことに、早速氏を捕まえてギター談義に。昨年亡くなったバート・ヤンシュから始まって、所持するYairiの品定め、手許の楽譜集2冊についての話。で、それに掲載されてる Dave Van Ronk の有名な Ragtime、St,Louis Tickle に話題を持ってった。氏はなんと Dave 自身とこの曲について話をしたことがあると言う!曰く、アレをステージに掛けるとしたら、どうします?そしたら、おお、アレをやるんなら2週間は練習しなくちゃならんね、という答えが返ってきたそうな。ほー、そうか。生みの親がそう言うんじゃ、やっぱそれなりの曲ってことなんだ。で、打田センセイ、ボクの St,Louis Tickle、ちょっと聴いて頂けます?そして氏が先ほどまでステージで使用していたギターをちゃっかり借りて、弾き出すライブラリ。ああ、無謀!なんとか弾き終わって、大変大変貴重なアドヴァイスを頂戴しました。これからもずっと弾き続ける、という約束を交わし、後ろ髪を引かれつつ BlueMoods を後にしたのでした。(いや、この後 mojohand に行ったんだ、ぢつはそっちにも関西からプロのブルーズ・ギタリストが来てたもんだから)
きょう26日はいわきでライブがあるようで、その後も3本のギターを持ったまま各地を巡られるようです。夏の暑さと持病に負けず、がんばって下さい、次にお会いできるのを楽しみに待ってます
コメント (2)

また書いてないじゃん!と言いつつ来て下さってる方々、いづもありがとおございますう~

2012-08-22 12:34:23 | 日記
息を吹き返せたか!と思ったが、なかなかそうはさせてくれぬ。気長にいくっきゃね
この頃よく弾いとるのは、ヴァン・ロンクの St.Louis Tickle。もうかれこれ一千回に達したか?(遙かなウソ)やっぱりきちっとした構成の故なのか、ぢつは面白味というものにまったき縁のない自分にこーゆーの(ラグタイムです)が合ってる、ってのがシャクなんだけど、バカでかい手でなないと弾けないというアレンジを指使いで克服したら、これがまあスラスラ弾けるようになっちまった。鼻歌混じりで弾いてて、あんなコード、押さえたことないぞって小声で呟かれるのを耳にしたときの快感ったら!
それから高校の時分からやってる「aliceのレストラン」。アーロ・ガスリーの名曲であるが、これがようやく弾きながら歌えるように(いや、唄いながら弾けるように、か?)なりました、おーパチパチ。こうなるとあんなにイヤだった弾き語りの面白さがわかってきて(唄とギターが絡むと、全体がびみょーに変わって落ち着く処が別に見えてくるんだ)、他に候補を探して一曲ずつマスターすっか、という気にもなってくる。なってくるだけだけど。ま、候補は幾つかあんだ
それから Luke's little summer も、ほぼ通るようになったと言っていいかな。ついでに今朝、day at the seaside というレンボーン(一説にはヤンシュ)の小曲をやってみたら、あら、出来そうじゃないですか。コツはボディがちゃんとホールドできてるかどうか、なのね。左手がコードチェンジの関係で完全にネックから浮いてしまう瞬間があるのだが、これをカヴァーするという。これで、左手薬指が指板に垂直に接する、といういっつもできないやつが出来るように。むー、いい連鎖じゃんか
コメント

だぶるへっだー

2012-08-19 22:27:38 | 日記
水戸市の公園のひとつに10メーターもあろうかという木があってその根元にベンチが置かれているという素敵な場所がある。ここでギターさ弾いたらそりゃ気持ちよかっぺなー、と思っていたが、気温が30℃あろうという本日、電撃的に出掛けていって実行した。ここは実に穴場で、だーれも人がいない、おまけに今日は風があって大きな木陰に腰掛けて2時間くらい弾いてただろうか?調子は、まあ上々と言っておこう。
3時くらいに帰宅、でもまだ飲むには早い、ということでこちらもひさしくご無沙汰の笠間方面、ギター屋&かしゃま文化会館へ車を出す。ブツの方は目当てのヒストリーが少し前に売れてしまったそうだが、もう一本目を付けておいたシグマ(マーチンの提携メーカーなのだ)のD35モデルが弾き易くて、おまけにきれいなもんだからまたまた食指が動いてしまった。先日の張替えでスペアがなくなっていた弦を2セット買って、かしゃま文化会館。まのめ氏が器用にウクレレを弾いて見せてくれるので飽きない。
やー、なんだか6月からいろいろとセイカツのりずむが乱れてうずうずとしておったのだけれど、やっぱりそういう時はソトへ出てみるもんだな、というか心はつねに外をむいてなくちゃあね。そろそろ夏のメインイベント、ギターオフ会の段取りをせ・ね・ばっ
コメント

おそるおそるな日

2012-08-11 15:32:23 | 日記
おそるおそるな日が始まりました。ちなみにNHKのラジオがインターネットで聴ける仕組みはらじるらじるです。再発、怖い!寝床から起き上がるもトイレでしゃがむのも、とにかく腰をかばってですから、動作がえらく緩慢。普段だって緩慢なのに。ギターもおそるおそる抱っこして、おそるおそるチューニングして、おそるおそるぴっきんぐなう。先日でたばっかの書き下ろしSF短編集NOVA8に、時間が(ほとんど)止まってしまった世界に足を踏み込んでしまった男の恐怖を描いたホラーが掲載されたが、こっちは真ぎゃく、普通に時間が進行する世界にほとんど歩みが止まってしまった男(初老)がほんろーされる単なる悲喜劇と化しています。なんとかせなアカン、なんとか
コメント (1)

腰痛意

2012-08-10 21:32:00 | 日記
blind boy fuller を聴きながらこれお書いてます、バーボン付き。いやー、暑くて書く気起きなかったてのもあるんだけど、なにしろ突如、腰痛に襲われたもんだから。結局、おとついの午後2時間半と昨日いっぱい、ね、寝込んでしまいました~。人はこれをぎつくり腰と呼ぶ。妻がトシだねえ、ってため息混じりに繰り返してたのが印象的。さ~て、今週の原因わ?って一昨日朝、出掛けにちょっくら気がついてギターを手に取り、little martha を練習したのがそもそもらしい。MDを掛けていっしょに弾いてみようと、2カポしたのが悪かったのか、普段は7ポジで弾くべきとこを無理して9ポジでやって、おまけに夢中になってしまったらしく、そん時は既に腰に溜まってたわけスねー、地震の元。そんでその後フロでぐきって来た、てゆう寸法。いんやー、こわいっスよー、あこーすてぃっく・ぎたー。もーほんと、いい加減にしろって感じ
コメント

きょうは・・・

2012-08-05 21:12:01 | 日記
きょうはゆったりした一日だた。10時過ぎに会社へ出て仕事、思いのほか進んで四時に帰宅、17;00近所の中華料理屋で家族と酸味の効いた夕餉、六時半からは水戸芸術館中庭でnemui、もといinweuのステージを鑑賞、ギターとドラムのすずき、こぼり両君に声を掛けてから歩いて帰宅、今井美樹が'91にリリースしたアルバム‘Liuvia’を聴きつつビール2缶空け、これを書いております。あとはネットなんかで遊んでないで、とっとと練習しまほ
コメント

わほ

2012-08-03 23:25:02 | 日記
あ、やべっ。もうすぐひづけへんこーせんこすってのに、まだぶろぐこーしんしてねーよ。あわててひらくブロぐのとびら。いやー、もおきょうはかいしゃやめようってそおおもった。わかいしょくんわよくあるって?そお、おじさんもこれでにちょうかいはあるけどね、それにしてもね、まいいか。さかえちょおのおーぱでつまみみっつもたのんで、さんざんのみくいしたあげく、うちにかえってきてちゃーはんがさらによそってあったので、それもたいらげてしまった。だいじょうびか、まいあささんぽしてっから、そんくらいだいじょぶだろ。いまかかってるのは、ぴーたーぶれぐヴぁど。おりんぴくがひらかれてるくににすんでるけど、おれとおなじにそんなんどーでもいーとよ。え?ちが?
コメント

いやん、恥ずかし

2012-08-01 12:30:27 | 日記
かつてやったことない行為に及んでます。きゃっ、何やってんの!って録音だよ、録音。夏のオフ会(予定)を睨んで、little martha の1stパートを録って、聴き直してるの!で、この機材がスゴい。いわゆるカセットテープ(カラオケ用20分)とラジカセだ。これ使うのって17年ぶり、前回はバッハのBWV.1007だったけな(蔵の街音楽祭ド素人ステージ対策)
ルバートからインテンポで2パートが合流する処が最初の難関なので、当初のままテンポを変えずに弾くというのをやってみる。あとAに戻る直前にオカズのユニゾン(?)があるので、ココはキメたい。最後はハーモニクス4連発、これがニガテなんだよね。
一通り録り終わってチェックしようとしたが、つい 2ndパート を入れてしまい、反省にならない
コメント