銀河鉄道拾遺

SF、かふぇ及びギター

オタルナイの陰で

2015-05-28 | 日記

そうなのだ、オタルナイ・チューニングばっかやってるとレギュラーを忘れてしまいそう。そこで第二皇子のメイン機、モーリスのトルネードをば使ってエリック・シェーンバーグ氏の名アレンジでなる『ジョージア・キャンプ・ミーティング』を再履修してる。わけだが、2009年に耳コピしたやつを昨年フィンガリング等全面書き換えて、なぜーかそれでもマスター出来なかったって、やppり結構難しい?ま、イ長ってのはちょいノーブルではあるが。でまた今回もかなーり弄りながらよーやく半分まで来た。耳コピ時にそれなりのとこまで持ってっとかないと、こーゆーハメになる

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アナクロ親父 | トップ | 5月の締め »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事