銀河鉄道拾遺

SF、かふぇ及びギター

ピッチのはなし

2011-10-25 | 日記
レコードから音を拾ったり一緒に弾いたりするには、ギターのピッチが録音と合ってなければならない。A(ラ)=440hzで一律ことが済めばラクなんだけど。さて今回、「レディ・ナンシー」にピッチを合せたのを改めてチューナーで測定したら、A=412、3hz という辺りだった。通常使われるピッチより約半音低く、古楽畑の人たちがバロック時代の楽曲を演奏するのに用いる A=415hz とほぼ同じ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 弾きこもり | トップ | 自機への自信 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
古楽畑・・・ (KANOKO)
2011-10-26 00:39:42
という字を見て
古畑任三郎を思い出してしまった・・・
ほー (愛宕町私設ライブラリ)
2011-10-26 19:52:05
テレビなんて見るんだあ・・・

なんにしても畑なもんですから
鍬で以って深ーく耕さねばなんねっ!
その頃は (栃チュー)
2011-10-26 22:51:12
楽譜もピッチも全て後付け?
なにせ標準(ユニバーサル)ピッチが決まったのは1939年ロンドンですからねぇ。それ以降も上がり続けてるし(汗
遅レスですが (愛宕町私設ライブラリ)
2011-10-31 19:21:06
通常より半音くらい低くチューンすると
コードを押さえるのもラクだし
音も深めに鳴るような気がする、
当分これでやってみます。

ところで今週金曜日に、堀栄蔵さん作の
チェンバロを見る機会が巡って来そう。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事