銀河鉄道拾遺

SF、かふぇ及びギター

順手と逆手

2018-04-17 12:53:05 | manuscript
Fのキーでトニックとドミナントに当たる、FとC7のコードを並べてみた。Fの3絃2フレットは中指、4絃3フレットは薬指を置く。これは手のかたちに沿った押さえ方になるので、自然な感じ。一方のC7は、3絃3フレット薬指、4絃2フレット中指になるが、Fの押さえより若干抵抗を感じないか?  二つのコードを繰り返し演奏すると、中指と薬指を交互にとっかえながら弾くことになる。指をなるべく持ち上げないでチェンジ出来るように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« こわれたコーヒーカップ | トップ | インタールード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

manuscript」カテゴリの最新記事