銀河鉄道拾遺

SF、かふぇ及びギター

きょうは5/24

2018-05-24 18:28:38 | 日記
5/23を辛くも逃れたわたくしライブラリ、いたく感傷的な気分で Bill Evans Trio(第二期と呼ばれる)の『Since We Met』(1974、Fantasy)を購入しようと企んだのは昨晩のこと、しかし長時間的労働の結果ブツがある中古CD屋まで足を運ぶのを断念せざるを得ず(すぐ近くなのにい)、ま、いいや、あれは聴き尽くしたことだし(それはホント)初聴きの新しいアルバムさ開発しよと入手したのがこれ、『The Bill Evans Album』(1971、Columbia)。話は中坊時代だか高校の頃に遡る、JAZZファンだった父の同僚(しかしずっと若い)が少しでも裾野を拡げようとゼツボー的な気持ちで私にプレゼントしてくれたのが、オスカーピーターソンのMPS盤そしてCBSのオムニバスだった。二枚組の後者に収められた内、私の心を捉えて離さなかったのがエヴァンスのエレピだったのだ。そう、'61年録音の永遠の名盤、ラファロの天翔けるベースと共にJAZZファンの脳裏に刻まれたあの名曲 Waltz For Debby(さっき綴りを覚えたんだ)であるが、ライブラリ氏にとってはこのエレピ(勿論フェンダーローズである)ソロを含むヴァージョンこそがデフォルトなのである!ウン拾年ぶりで聞き直す本ヴァージョンは少し肩ひじ張って聞こえはするもののディティールの片りんまで嘗め尽くした、あの懐かしき7分半なのだった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« まだここまでだけど | トップ | ヴィンテージのご託宣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事